欧州航空大手エアバス

A320は、よく墜落する。

 

過去に墜落や激突でエアバスA320という

飛行機で死亡した人数は

今回の事故を含めて

世界中でなんと、11回の事故で1109人が死亡

エアバス出典:i.telegraph.co.uk

これって異常に多い気がしませんか?

世界中で6200機も飛んでいるのですが

日本でもかなりの数が飛んでますよ。

 

引用:ウィキペディア↓

スターフライヤーも全日空での就航実績からA320を選定

シートテレビを備えた新造機9機を導入

 

Peach Aviation、ジェットスター・ジャパン、エアアジア・ジャパン

バニラ・エアもこの機材を使用して運航開始している。

 

2015年1 月には、全日空(ANA)が

A321を7機追加発注するこ とを発表

これで2014年度発注分と合わせて

全日空グループの合計発注数は37機

スポンサーリンク


ちょっと多いでしょ。

 

国内旅行や海外へ飛行機に乗って

行く場合、機体チェックは必須な世の中に

なりそうです。

 

エアバスA320は2014年の12月に

エアアジアがジャワ海で墜落したばかりです。

162人が死亡しています。

 

この間、墜落したばかりなら

検査やチェックも万全で

当分、安心だと思うのがふつうですが

 

あれからわずか3ヶ月、フランスのアルプスに

ドイツのルフトハンザ航空

旅客機が墜落するなんて。

 

激突するという信じられない事故。

 

150人の死亡が確認されています。

この飛行機エアバスA320は

ヤバイのでは。

 

それでも世界中で6200機が飛んでいるのは

異常です。

海外旅行は行きたいですが、

このところ飛行機はよく落ちてます。

 

怖くて乗れないのが飛行機

さらにヤバくなってるのが

エアバスA320

 

飛行機の機種までチェックして

慎重に保険まで入って海外旅行する人が

これからは増えますね。

 

引用:afpbb.com

現在A320ファミリーは6200機近くが世界中の空を飛んでいる。

これまでにA320型機を襲った死亡事故は以下の通り。

■1988年6月:仏航空大手エールフランス(Air France)機が、仏東部ミュルーズアブシャイム(Mulhouse-Habsheim)の空港で開かれた航空ショーで墜落。

3人死亡

 

■1990年2月:インディアン航空(Indian Airlines)機が、インド南部バンガロール(Bangalore)で着陸に失敗。

92人死亡

 

■1992年1月:仏エールアンテール(Air Inter)機が仏東部ストラスブール(Strasbourg)に程近い場所で墜落。

87人死亡

 

■1993年9月:ルフトハンザ機が着陸時にポーランド・ワルシャワ(Warsaw)付近で出火。

2人死亡

 

■2000年8月:ガルフ航空(Gulf Air)機がバーレーン沖に墜落。

143人死亡

 

■2006年5月:アルメニアのアルマビア航空(Armavia)機が黒海(Black Sea)に墜落。

113人死亡

 

■2007年7月:ブラジルのTAM航空(TAM Airlines)機がサンパウロ(Sao Paulo Airport)への着陸時に滑走路を外れて倉庫に激突。

199人死亡

 

■2008年11月:ニュージーランド航空(Air New Zealand)機が試験飛行中にフランス沖の地中海(Mediterranean Sea)に墜落

7人死亡

 

■2010年7月:パキスタンの航空会社エアブルー(Airblue)機が視界不良によりパキスタンの首都イスラマバード(Islamabad)付近の山あいに墜落。152人死亡。

■2014年12月:エアアジア(AirAsia)機がジャワ海(Java Sea)に墜落。

162人死亡

 

■2015年3月:ジャーマンウイングス機がフランス・アルプスに墜落。乗客乗員

150人全員死亡

(c)AFP