書店で帯封に史上初!ミステリ大賞6冠達成をみて

「その女アレックス」の文庫本を購入した。

 

フランスのミステリーのようだが

全く予備知識がなく帯封の文句だけに興味を惹かれて

ミステリ大賞を総ナメしているのなら、面白いだろう。そんな気持ちだった。

その女アレックスAmazonで購入する方はコチラ





2014年のミステリー大賞を総ナメ

このミステリーがすごい!2015 海外部門第1位

週刊文春ミステリーベスト10 海外部門第1位

ハヤカワ ミステリマガジン ミステリが読みたい! 海外編第1位

IN☆POCKET文庫翻訳ミステリー・ベスト10 第1位

英国推理作家協会 インターナショナル・ダガー賞

フランス リーヴル・ド・ポッシュ読書賞

 

読み始めて最初は女性を誘拐して監禁して

身代金目的の刑事と誘拐犯との対決

誘拐された女性アレックスとの対決か?

などと思いながら読み進めたが

 

ストーリーは第2部からガラッと変わっていく。

第1部でも女性アレックスの強さに

スーパーウーマン、可愛くないなどと思いつつ・・・

 

アレックスはスーパーウーマン

スポンサーリンク


海外ものでは、少女虐待とか近親相姦とか多くあり

表現もグロくて想像すると気持ち悪くて眠れなくなるほど。

アレックスにもそんな過去があったりして

強い女性に成長したのだと思うのだが。

 

数年前、読んだスウェーデンのミステリー

ミレニアムの主人公リスペッド・サランデルとダブってきた。

ミレニアムはとても面白くて興奮した。

 

ミレニアムは映画も2種類制作されたが両方視聴した。

その期待を「その女アレックス」にもと。

強いアレックスの少女時代も

なんとなくリスペッド・サランデルにダブっているし。

 

意外性のストーリーは読む方も全く、予想外の展開で

寝る暇も惜しむがごとく読み進めるが

ちょっとグロすぎと、話に無理があるところがある。

 

殺害方法はなんで?こんなにというほど

想像しただけで、もどしそうだ。

 

その女アレックスは映画化されたらR15指定だろう。

R15 成人指定

残酷表現で、もしかすると成人指定になるかも。

 

書籍もR15指定があったらいいと思う。

中学生でも読んでほしくない。

高校生でもギリギリラインだ。

 

その女アレックスの映画で殺人のグロさは、やはり外せない。

映像での表現が難しいところは多いが

映画化されて話題になるのは殺害の方法だろう。

 

女性にしてはありえない非常な殺害方法だからだ。

主演女優も小説のままならアイドルは向かない。

美人だが痩せていて小柄。

一見、人懐こいが残虐性を秘めた女性。

 

日本でアレックスを演じるなら誰がいいか?

安達祐実 なんてどうでしょう。

年齢的にもアレックスに近いし。

 

小説の第1部では全裸にならないといけないので

人選は難しいところだ。

 

シリアスで常に緊張感のある映画で

刑事役は身長140センチになるので

こちらも日本で人選を探すと難しい。

爆笑問題の田中がひょとしたらいけるかも。

 

想像もつかない意外なストーリー展開は

映画化を意識して書かれたところもあると思う。

 

ストーリーは休むまもなく読み続けるが

かなりグロな表現が多いので覚悟が必要。

 

第1部に比べると、その後は走りすぎてか

不自然な無理な話の進み具合もある。

 

王道ではないので評価しない方も多いかと思うが

起承転結がめまぐるしく変わるので

飽きない。新鮮。現代的。

一読の価値はある。