僕たちがやりました 見逃し動画 必見!激ヤバ青春物語



 

『僕たちがやりました』についてです。

「俺の人生そこそこで良い」そう思っていた高校生のトビオ、その友達のマル・伊佐美・パイセンを主に取り巻く物語です。

「僕たちがやりました」見逃した方は「FOD」で、全て見れます。

↓↓↓↓↓↓

無料お試しで動画をいますぐ視聴する▶

[AD]

 

僕たちがやりました 見逃し動画 序盤のあらすじ

トビオが通うボケ高とそのお向かいにあるヤバ高。ヤバ高は柄の悪い人が多く、ボケ高の中にも暴力を奮われたりカツアゲされてお金を盗まれたりと、いっぱい被害にあった生徒がいます。

トビオはそれを横目で見ながら、「あんな奴は放っとくのが1番。神様僕の人生はこのまま邪魔しないでください」と特に助ることもなくいつも通り過ぎていました。

しかし、いつものように伊佐美達と遊んでいたところ、途中からマルがいなくなっていることに気付きます。そこまで気にとめていなかったトビオたちはそのまま遊び、ようやく帰ろうとしたところ、パイセンの車の前に大きいダンボールが置かれていました。

「さてはお前ら俺にサプライズやろ」パイセンはそんなことを明るく言いながらダンボールを開けます。すると、そこには身体中傷や痣だらけになっているマルが入っていました。

「お届け物でーす!」後ろから茶化す声が。マルをボコボコにしたのは、まさにヤバ高の奴等だったのです。これには流石にトビオ達も腹を立て、仲間をこんなことにした仇をとろうと、復讐を決意するのでした。それは小さい爆弾をヤバ高に何個か仕掛けることでした。

トビオたちは勿論殺意等ありません、奴等を困らせてやろうという、ほんの遊び心だったのです。爆弾を設置した翌日、パイセン自前の爆発スイッチをトビオたちが押していきます。順番に、一つずつ、窓が割れてビビる彼等を見てトビオたちは笑います。

パイセンが最後の1個を押した時、一瞬にしてヤバ高が炎に包まれました。よく見ると焼け死ぬ生徒もいました。ボケ高でもすぐに全校生徒の呼びかけが放送されますが、トビオたちは屋上で突っ立ったまま炎が広がるヤバ高を唖然と見ることしか出来ませんでした。

この事件がきっかけで、トビオたちのこれまでのそこそこだった人生は一変しました。放火&殺人ですから、まともにいられる訳もありません。ですが、彼等には「自首する」という選択肢は全くありません。

パイセンが彼等に300万円ずつ口止め料として渡し、「あの事件はなかったことにしよう」と彼等の中で片付けられるのです。ですが、パイセンだけは爆弾設置した夜に、ヤバ高の教師に見られていました。

なので、すぐに全国中にパイセンの似顔絵が公表されました。

パイセンが捕まるのも時間の問題で、あっという間に逮捕されてしまいました。トビオたちはそのニュースを受けて、このまま学校には行けないし、家にも戻れない、と逃亡生活が始まりました。

パイセンが捕まっても、トビオたちに自首するなど選択はありません。逃げれるだけ逃げる、それが彼等の決めたことでした。あらすじは主にこんな感じで、逃亡生活が始まった後もトビオたち(特にトビオ)を多くの悲劇が待ち構えています。

見逃した方はコチラ

ドラマ「僕たちがやりました」が見放題888円が、まさかの0円

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

無料でお試しで僕たちがやりました・動画をいますぐ視聴する▶

[AD]