田中恒星・ボクシングWBO世界ミニマム級王者

初防衛戦は2015年12月31日 大晦日が予定されている。

 

初防衛戦の相手は?

 

IBF世界ミニマム級王者・高山勝成は

田中恒星と同じ名古屋に拠点を置いて練習中で

田中恒星と高山勝成の両者は統一戦を望んでいたが

実現は難しかった。

 

9月27日にIBF世界ミニマム級の2度めの防衛戦で

勝利した際に会場にいた田中恒星を

リング上に招いて、その場で田中恒星と高山勝成の

両者が統一戦を希望した。

 

田中恒星の畑中会長はその試合の実現に向けて

調整を続けていたが時間切れとなった。

 

田中恒星のWBO世界ミニマム級・初防衛戦の対戦相手は

 

高山勝成ではなくミニマム級のランキング上位選手で指名試合

 

テレビドラマを見逃した方はコチラ

ドラマ・映画が見放題888円が、まさかの0円

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

無料でお試しで動画をいますぐ視聴する▶

[AD]  

WBOの年次総会が10月26日〜5日間にわたり

アメリカ・オーランドで開催されそこで田中恒星の対戦相手が

決定する予定。

 

WBOランキング上位選手の外国人選手でで11月初旬には

対戦相手が決定する予定だ。

 

指名試合とは世界チャンピオンに対して一定期間の間に義務付けされる

世界タイトルマッチでWBOが挑戦相手を指名するので

指名試合と呼ばれて挑戦者のことを

指名挑戦者という。

 

世界チャンピオンがタイトル維持のために

弱い選手とばかり防衛戦を行うのを防いで

王者の権威を守るために出来た制度。

 

指名挑戦者のほとんどはランキング上位選手 1位の選手となる。

世界チャンピオンは指名挑戦者を拒否できない。

もし、拒否した場合はタイトルを剥奪される時もある。

 

名古屋の中京大経済学部2年の田中恒星と

同じく名古屋の菊華高校の高山勝成の対戦が

実現すれば名古屋の大学生 vs 高校生という

話題独占の対戦だったが実現は難しかった。

 

田中恒星│最短世界チャンピオン【ボクシング世界戦】

田中恒星│4団体制覇の高山勝成に勝利して狙うは国内最速世界王者

 

田中恒星のWBO世界ミニマム級 初防衛戦の日程と会場は既に決まっている

田中恒星出典 summary-news.com

 

2015年12月31日 愛知県体育館で開催だ。

 

誰が対戦相手になるのかわからないが

田中恒星の準備は万端だ。

 

ちょっと気になるのは大晦日対戦。

 

2014年の大晦日には

ボクシングファン待望の

メインイベント内山高志の世界戦と

井岡一翔の世界戦がテレビ放送で被ってしまった。

 

2015年も大晦日決戦だと

内山高志がきっと大晦日に防衛戦を予定していると思われるので

田中恒星の初防衛戦と被る可能性がある。

 

井上尚弥の世界初防衛戦と八重樫東の

世界3階級制覇挑戦は12月29日に決定した。

 

2014年の年末のボクシング世界戦



2014 12/31 WBA世界スーパーフェザー級タイトルマッチ
内山高志〇   VS ● ペレス(8位)

2014 12/31 WBA・WBO世界スーパーバンタム級タイトルマッチ
リゴンドー(王者)〇 VS   ●天笠尚

2014 12/31 WBA世界スーパーフライ級タイトルマッチ
河野公平△  VS  △ ヒメネス(5位)

2014 12/31 IBF・WBO世界ミニマム級王座決定戦
高山勝成〇 VS   ● 大平剛(IBF6位・WBO2位)

2014 12/31 WBA世界ライトフライ級タイトルマッチ
ロセル(王者)●  VS  〇 田口良一(9位)

2014 12/30 WBO世界スーパーフライ級タイトルマッチ
ナルバエス(王者)●  VS  〇 井上尚弥(8位)

2014 12/30 WBC世界ライトフライ級王座決定戦
ゲバラ(1位)〇   VS  ● 八重樫東(3位)

 

田中恒星│最短世界チャンピオン【ボクシング世界戦】

田中恒星│4団体制覇の高山勝成に勝利して狙うは国内最速世界王者