オマール・ナルバエスはアルゼンチンの英雄だった。

通算で27回も防衛している

43勝1敗で試合巧者で

ダウンを未だかつて体験したことのない絶対王者

井上尚弥

 出典:yahoo画像

 

最近の試合、2013年8月に日本人、高山貴之と対戦し

10回TKOで勝利。

 

2014年5月は若い世界バンタム級ユース王者アントニオ・ガルシアを

ボディ一撃で4回3分にKO勝ち

 

2014年9月はWBOスーパーフライ級1位のフェリペ・オルクタに

苦戦しながらも判定勝ちして11度目の防衛に成功していた。

 

オマール・ナルバエスは井上尚弥とは12度めの防衛戦となったが、

2年前に日本人、高山貴之にTKO勝ちしている実績もあった。

 

また、井上尚弥の試合経験がわずか7試合というところ、

5月に同じように若くて経験の浅い生きのいいアントニオ・ガルシアに

4回KO勝ちもしていることから、

 

オマール・ナルバエスは地元アルゼンチンではなく

わざわざ日本に来たことで、油断があったのかもしれない。

 

対する井上尚弥はライトフライ級の王者を返上して2階級もウエイトを上げての世界挑戦

スポンサーリンク


井上尚弥は試合経験が7試合と浅いし、初のスーパーフライ級なので

誰が評価しても、この対戦は無謀という見方が強かった。

 

オマール・ナルバエスは一度も倒されたことが無いということから

防御は完璧。テレビのアナウンサーも

いかに完璧な防御を崩すかが課題のようなことをしきりに話していた。

井上尚弥本人も、12回判定を覚悟していたのではと思う。

 

観戦する視聴者もその知識があるので

みかんの皮をむきながらコタツでどっしりと

構えてゴングが鳴った。
体つきはチャンピオンは小さく感じた。

序盤から井上尚弥の動きが良くてジャブが当たる。

そして開始27秒で、井上尚弥の右フックがガードが堅いといわれた

チャンピオン、ナルバエスの顔面にモロに入る。

 

あっという間の出来事。

私は思わず立ち上がってテレビ画面に近づき

「すげー!」と、寄生を上げた。

 

子供がパパうるさい!

 

ちょっと、凄いよ。このパンチ!。

 

ナルバエスは直ぐに立ち上がった。

いけいけ!アナウンサーも、解説も大興奮です。

井上尚弥出典:井上尚弥のブログ

 

そして1分。井上尚弥の左フックが空を切ったと思った瞬間

ナルバエスが倒れる。

 

かすっただけで倒れちゃった。

 

その後、ナルバエスも立ち直り、1ラウンド終了。

後日談で、井上尚弥は最初のパンチで拳を痛めたそうだ。

 

第2ラウンドになるとオマール・ナルバエスも

パンチを素早く放つ。

ただし、オマール・ナルバエスがパンチした後には

井上尚弥の強烈な返しのパンチがきて

パンチのスピードや重さが井上尚弥のほうが

はるかに勝って見える。



2ラウンド開始1分19秒、井上尚弥の目にも止まらぬ早さの

左ショートフックがオマール・ナルバエスの顔面をコスったようだ。

ナルバエスはひざからガクンと腰を落とす。ダウンだ。

 

今まで3回ダウンしているが、すべて一発のパンチ。

こんなの見たことないです。

打ち合いじゃない。大人と子供の差があるような感じ。

 

アナウンサーも解説もまたまた大興奮です。

効いていない感じでオマール・ナルバエスは直ぐに立ち上がる。

そして2分48秒に強烈な左ボディが決まる。

 

スローで見たらサイドのお腹の部分に拳がめり込んでいく。

 

またまた一発のパンチでオマール・ナルバエスが完全に沈んだ。

 

解説が圧倒的強さ!35年間で1番凄いパンチ。

ボクシング史上、もっとも偉大な勝利。

このボディの音は忘れられない。

世界を切り裂くような音。

カウンターじゃない!

地球の地軸がズレる凄いパンチ。

 

絶賛の嵐でこちらも大興奮!

本当に凄いパンチで

だらだら打ち合う、クリンチは一度もない

パンチがクリーンヒットして

こんなボクシングは初めて見ました。

 

凄かった。

 

印象的だったのは

オマール・ナルバエスの9歳の可愛い息子が

リング上で泣いている映像だった。

 

田中恒星は国内最速世界王者を目指す【動画】

内山高志のKOダイナマイト炸裂した動画