2015年6月10日に

和氣慎吾のIBF世界スーパーバンタム級【挑戦者決定戦】が

ゴング・試合開始だ。

 

リーゼントボクサーで有名な和氣慎吾

和氣慎吾出典 ウィキペディア

 

2月27日に東洋太平洋スーパーバンタム級10位

ジミー・パイパを1ラウンド2分59秒でKOで勝利している。

 

絶好調だ。

 

和氣慎吾は2014年末に

WBA・WBO世界スーパーバンタム級スーパー王者

ギレルモ・リゴンドウへの世界挑戦が一度、

内定していたのだが、ゴタゴタして消滅したいきさつがある。

 

今回のIBF世界スーパーバンタム級【挑戦者決定戦】に勝利したら

世界チャンピオンの

イギリス カール・フランプトンへの世界挑戦が決まる。

 

和氣慎吾は田中恒星や岩佐亮吾と並んで

和氣慎吾は次の世界チャンピオンに近い選手といわれている

スポンサーリンク


勝ったら挑戦できるIBF世界スーパーバンタム級王者

カール・フランプトンは、とんでもなく強い相手だ。

 

28歳で通称ジャッカル、煉瓦の拳と呼ばれ

20戦無敗 14KO

フランプトン KO率が70%を超えている強打の持ち主

和氣慎吾出典 ウィキペディア

 

2月28日の試合では挑戦者のアバロスを初回から圧倒

2ラウンドにストップ寸前まで追い詰めて

5ラウンドにアバロスが脇腹の痛みを訴えてTKO勝利している。

 

同じ階級には イギリスのWBA王者

スコット・クィッグ 26歳

32戦 30勝2分 22KO という

KO率 70%以上の怪物がいて

 

イギリスでは

カール・フランプトン VS スコット・クィッグ

対戦、王座統一戦が叫ばれている。

 

6月10日に和氣慎吾の対戦する

IBF世界スーパーバンタム級

3位 マイク・タワッチャイ(タイ)は

どんな選手か、気になるところだが

 

実は2012年に亀田大毅と対戦している。

 

マイク・タワッチャイは当時、25戦無敗 17KOという

圧倒的な強さで来日した。

亀田大毅は、あの弁慶スタイルで登場した。

 

亀田大毅は2回のダウンを奪って

大差の判定勝ち。

 

現在はマイク・タワッチャイはKO負けが過去に

一度しかないので、打てれても立ち上がる

タフの塊のような選手なので

 

和氣慎吾も油断大敵だが

次の世界チャンピオン、カール・フランプトンとの

対戦を考えると、圧倒的な強さで

KO勝利しないと世界チャンピオンへの道は厳しい。

 

まずはマイク・タワッチャイを

簡単にKO勝利して

カール・フランプトンへの挑戦権を手に入れることだ。