Grand Prix of Figure Skating Final junior

スクリーンショット 2014-12-13 1.58.23出典:ISU Grand Prix of Figure Skating Final 2014公式サイト

 

宇野昌磨はぶっちぎりの優勝。

238.27はジュニアの世界最高得点を記録。

無良崇人と町田樹のグランプリ・ファイナルの得点より上である。

 

宇野昌磨

ISU公式サイトで動画は順次UPされますコチラ→宇野昌磨 ISU公式YouTube動画



ISU 2014 Jr Grand Prix Zagreb Men Free Skate Shoma UNO JPN

 

ISU公式ライブ動画はコチラ 画像をクリック 


アクセスしたら左のメニュー Playlists から選んでね。

宇野昌磨

 

宇野昌磨についてもっと知りたい人はコチラ→

宇野昌磨のコーチについて知りたい人はコチラ→

 

グランプリファイナル ジュニア 男子フリーは

12月13(土)深夜1時〜

フリー滑走順

第1滑走 サドフスキー カナダ 185.47p

第2滑走 イ・ジュンヒョン 韓国 180.39p

第3滑走 サンクトペテルブルク ロシア 207.14p

第4滑走 宇野昌磨 日本 238.27p

第5滑走 金 博洋 中国 201.02p

第6滑走 山本草太 日本 213.12p

 

男子ショート・プログラム 速報結果

 

第1滑走 サドフスキー カナダ 56.98

第2滑走 山本草太 日本 76.14

第3滑走 イ・ジュンヒョン 韓国 57.42

第4滑走 サンクトペテルブルク ロシア 70.07

第5滑走 宇野昌磨 日本 75.21

第6滑走 金 博洋 中国 75.30

 

フィギアスケートグランプリ・ファイナル ジュニアの

男子と女子のスケジュールです。
種目 開催 日本時間
女子JR ショート 12/11 14:00〜 12/11(木) 22:00〜
男子JR ショート 16:20〜 12/12(金) 00:20〜
女子JR フリー 12/12 14:30〜 22:30〜
男子JR フリー 17:00〜 12/13(土) 01:00〜
 

宇野 junior ジュニア

シニアのテレビ放送は朝日系列で放送されます。

今回、生放送はありません。

BS朝日でも生放送はありません。

 

地上波で録画で見るしか方法はないですね。

また、ジュニアのグランプリ・ファイナルのテレビ放送予定は

現在のところありません。

 

出場選手を確認します。

 

男子フィギアスケートグランプリ・ファイナル ジュニア 出場選手

スポンサーリンク

金 博洋 17歳(中国)

宇野昌磨 16歳(日本)

サンクトペテルブルク 15歳(ロシア)

イ・ジュンヒョン 18歳(韓国)

山本草太 14歳(日本)

ローマン・サドフスキー 15歳(カナダ)

フィギアスケートグランプリ・ファイナルの滑走順ですが

シニアはグランプリシリーズでの獲得ポイント順の

低い選手から滑走しますが

 

ジュニアのショート・プログラムは、ドロー(抽選)で決まります。

ジュニア世代はアジア勢が頑張っています。

 

ファイナル出場選手 パーソナルベスト
ショート フリー トータル
金 博洋 72.21 151.04 221.92
宇野昌磨 74.82 152.69 227.51
サンクトペテルブルク 75.74 155.79 231.53
イ・ジュンヒョン 68.52 135.93 203.92
山本草太 66.42 136.28 202.7
ローマン・サドフスキー 67.51 132.54 192.44
 

中国の金 博洋は昨年のグランプリ・ファイナル ジュニアでは優勝しています。

金 博洋は、4回転を3回飛びます。

対する日本の宇野は4回転は2回飛びます。

基礎点が高い金 博洋は強敵です。

 

日本人では羽生結弦が2009年に優勝してからは、目立った成績がないので

宇野昌磨と山本草太には是非、優勝してもらいたいですね。

期待できますが、テレビ放送がないのが残念です。

 宇野宇野昌磨 出典:yahoo!画像

 

宇野昌磨は12月26日から開催される

2014フィギアスケート全日本選手権への出場が

確定しているので

その前哨戦としてグランプリ・ファイナル・ジュニアで優勝して

注目を集めたいところだ。

 

また、グランプリ・ファイナル・ジュニアと

2014フィギアスケート全日本選手権の成績で

世界ジュニア選手権への出場も決まるので

飛躍の大勝負が続く。

 宇野 昌磨出典:ウィキペディア

 

かつて羽生結弦は14歳の若さでグランプリ・ファイナル・ジュニアで優勝して

その後の全日本選手権ではショート・プログラム13位のあとに

フリーで追い上げて総合6位に入賞した。

 

翌年の世界ジュニアでも羽生結弦は優勝を飾った。

現在、宇野昌磨は羽生結弦に負けない成績を残している。

 

グランプリ・ファイナル・ジュニアで優勝して

シニアの全日本選手権でも好成績を残して

世界ジュニアで羽生結弦のように優勝したら

日本のフィギアスケート男子の将来は明るい。

 

山本草太は鈴木明子の所属している邦和スポーツランドで練習。

シニア女子の本郷理華も邦和スポーツランドで練習している。

コーチは鈴木明子のコーチだった長久保祐コーチ。

 

山本草太も良い環境の中で鍛えられているので

4回転はまだ飛べていないが精度の高いトリプルアクセルで

グランプリファイナル ジュニアで勝負だ。