錦織圭

錦織圭のグランドスラム 

全仏オープン2015 ローランギャロス

4回戦 試合時間 20時

 

WOWOWは全試合生中継

全仏オープンを生放送で見たい方はコチラ→WOWOW

WOWOWにて、全仏オープン4回戦 錦織圭 vs ガバシュビリ は生放送

地上波テレビ放送は20時ですが、少しだけ遅れた録画放送です

 

どうやら、雨で試合がかなり遅れています

まもなく錦織圭の試合です

 

錦織圭

4回戦 試合時間 5月31日 20時 速報


錦織圭 VS テイムラス・ガバシュビリ

錦織圭

4回戦 【速報】全仏オープン2015 

ファーストサービス 錦織圭 66% ガバシュビリ 59%

サービスエース 錦織圭  5本 ガバシュビリ 2本

ダブルフォルト 錦織圭  5本 ガバシュビリ 5本

錦織圭のファースト 200km  ガバジュビリのファースト 198km

スポンサーリンク


第1セット 第1ゲームは錦織圭のサーブです

第1ゲーム キープ

第2ゲーム

ガバジュビリのファーストは187kma

錦織圭ブレイク成功!

 

第3ゲーム

錦織圭のファーストは190km

このゲーム ファーストが入りません

ジュースです

エース炸裂!

キープ

第9ゲームは

ファーストを全ていれました

 

雨と風でいつ、中断してもおかしくない状態です

 

決まった!凄いバックハンドの動画



 

第2セット 第3ゲーム

錦織圭ブレイク成功!

 

第2セットはブレイクを2本取りましたが

第8ゲーム 油断 ダブルフォルト2本

ブレイクバックされました

 

第3セット 第1ゲーム

錦織圭ブレイク成功!

 

試合直後のインタビュー



 

テイムラス・ガバシュビリ ロシア 30歳

世界ランキング 74位

身長 188cm 体重 83kg

 

バルセロナオープン 錦織圭 vs ガバシュビリはコチラ→

 

 

全仏オープン 4回戦 直前インタビュー


ガバジュビリ

錦織圭

ガバシュビリなら、バルセロナオープン2回戦で対戦

ストレートで軽く錦織圭が勝利しています。

強打の伝統的スタイルのロシアンフラット

声を一球、一球出しながら強打します。

 

闘志あふれるプレースタイルです。

ツアーの優勝経験はありません。

錦織圭にとってはロソルよりも組みやすい相手です。

バルセロナオープンでもストレート勝利していますが

油断大敵です。

 

いつのもプレーで退けて

準々決勝の世界ランキング4位

ベルディヒに力を温存です。

 

引用 thetennisdaily.jp

テイムラス・ガバシュビリ

いわゆる「ロシアン・フラット」の伝統 を受け継ぐ強打タイプ。ただし、正面からのスローな打ち合いでは強いのだが、打った後の対処がやや雑で、機動力と反 応の早さにやや難があり、テンポの早いプレーを仕掛けられると脆さが出てしまう面も。本人の自己申告ではリターンにもっとも自信があるという。特に苦手な サーフェスはないと本人は話しているようだが、クレーでの戦績がややいいのは豪打タイプのプレーを身上とするためだろう。さほど器用なタイプではないもの の、彼に気持ち良く打たせる展開にしてしまうと、上位勢でも危険な状態になりかねない潜在能力の持ち主。

 

ブックメーカーのウイリアムヒルでのオッズは

錦織圭 1.8倍 ガバジュビリ 7.5倍

錦織圭

スポーツブックメーカーに興味のある方、詳細はコチラ→

 

気になるのは

フェデラー  1.33倍 モンフィス 3.4倍です

この二人の対決は直近のモンテカルロ1000の3回戦で

フェデラーがストレートで敗退しています。

 

モンテカルロ1000はコチラ→

フェデラー vs モンフィス

 

モンフィス、はアクロバチックなプレーで

クレーコートが得意な地元フランス人

声援もスゴイと思います。

フェデラーが、敗戦する可能性も十分にあります。

 

全仏オープン4回戦

フェデラー VS モンフィス 

試合時間 23時

 

最近では2014年の

デビスカップ クレーコートで

1-6 4-6 3-6の

5セットのうち

1セットもとれずに

ストレートでフェデラーは敗退

クレーコートでモンフィスに現在は2連敗中です

 

 

 

錦織圭 VS ルカシュ・ロソル

錦織圭

 


ルカシュ・ロソル チェコ 29歳

世界ランキング 43位

身長 196cm 体重 80.9kg

 

ノーシードですが2回戦では第19シード

スペインのランキング20位 ロベルト バウティスタ アグトを

ストレートで勝利して勝ち上がってきました。

絶好調で、爆発力があります。


引用 thetennisdaily.jp

2012 年最大の番狂わせと呼ばれたのが、彼がナダルを破ったウィンブルドンの2回戦。捨て身の猛攻撃を終始貫徹することで、ナダルを押し切ってしまった あの試合だ。元々、長身でパワフルなプレースタイルに秘めた彼の爆発力と、ナダルが苦手とする屋根が閉まったセンターコートという環境、ナダルのトップス ピンが湿った芝でキック力を減衰させられ、さらに長身の彼にはさほど威力を発揮しなかったことなどに加え、トドメは「ミスはエースで帳消し」というロソル の精神的な開き直りの生んだ勝利だったが、あの一戦で彼は多くのファンに記憶される存在となった。だが、その後、あの勝利を飛躍のキッカケ、というわけに は行かなかったようで、やや伸び悩んでいる。あの手の勝利を経験してしまうと、どうしても再現したくなる誘惑が強くなる。潜在能力は見せつけた。あとはそ れをコンスタントに表現できるかどうかが問われている。

錦織圭と全仏オープン4回戦を対戦するのは

チェコのロソルとロシアのガバシュビリの勝者

錦織圭

ロソル

 順当にいけばロソルで、ビッグサーバー

爆発力があります。

過去に全英オープンであの、全盛期のナダルに勝利しています。

 

また、準々決勝で対戦するベルディヒもチェコなので

ベルディヒの前哨戦で錦織圭を疲れさす、作戦にでるでしょう。

 

3回戦 ロソル 対 ガバシュビリは

大番狂わせで、ガバシュビリがストレート勝利です。

 錦織圭出典:ヤフースポーツ

 

ガバシュビリなら錦織圭は油断せず

軽くストレートで準々決勝進出でしょう。

 

準々決勝は世界ランキング4位のベルディヒです。