名古屋グランパスの西野朗監督がついに決断。

2015年9月26日 名古屋パロマ瑞穂競技場で対戦する

ヴィッセル神戸戦で

 

3バックから4バックへ変更すると同時に

闘莉王をフォワードに起用する。

 

名古屋グランパスは公式戦で過去7戦連続で勝ち星が無い

スポンサーリンク


前節、川崎フロンターレに1-6で大敗した。

不甲斐ない試合内容だった。

 

フォワード永井謙佑が右肩を脱臼して全治4週間

10月8日のW杯アジア2次予選 シリア戦は出場が絶望的。

11月の最終戦にも出られるかどうかわからない状態だ。

 

また、MFダニエルソンも左足太ももの裏が肉離れで、

全治6週間。

 

FW川又堅碁は絶不調!

FW野田隆之介も故障から復帰したばかりで

万全ではない。

 

白羽の矢が立ったのは・・・・

闘莉王のフォワード起用には否定的だった

西野朗監督はついに決断して大胆な策を打つ。

 

闘莉王を野田と組ませる2トップ起用だ。

西野監督の話

「攻守で今の状況を変えるためのチャレンジですよ。

闘莉王を前線に上げれば、クロスも3本のうち1本がチャンスになる。守備でももっと、コンパクトさを求めたい。」

 

ヴィッセル神戸戦で4バックで臨めば6月7日以来の新潟戦以来

14試合ぶり。

 

闘莉王のFWは2012年8月5日

同じく名古屋グランパス vs ヴィッセル神戸で実現

この試合は名古屋グランパスが 5-1 で勝利している。

 

そして、驚いたことに

闘莉王はハットトリック以上の4得点、ポーカー

闘莉王出典 スポニチ

 

2012年は闘莉王は3試合連続の1トップで先発出場

当時、フォワードだったケネディが故障離脱で

センターバックから急遽、フォワード起用。

 

2015年9月、同じヴィッセル神戸戦で

フォワード永井謙佑の故障離脱で急遽フォワード起用。

 

低迷する名古屋グランパスへの起爆剤だ。

 

西野監督は

「簡単に機能するとは思わないけど、停滞を何とか打破したい」

 

爆発力のある男。決定力のある熱い男

闘莉王のFW起用に期待がかかる。

 

試合結果は 2-1 名古屋グランパス 勝利

闘莉王は 1得点を上げた。

ホー ムの名古屋は、閉塞した状況を打開するべく闘莉王をFWとして起用。前線で確かな起点となり、神戸の脅威に。前半35分にセットプレーからこぼれ球を 押し込んで先制点をチームにもたらした。後半8分には、闘莉王の守備から小川にも得点が生まれてリードを2点に広げることに成功。その後は、遅延行為など によるイエローカードが目立ったが、最後までゴールは割らせない。積極策が功を奏した名古屋が、5試合ぶりの勝利を完封で飾った。

闘莉王