「怒り」映画 動画 無料で見る方法

怒り 映画 動画


怒り 映画 動画

「怒り」映画 動画 無料で見る方法

映画『怒り』動画フルが見れるのはU-NEXTとFOD!!

U-NEXTでは、今なら31日間無料・お試しトライアルを実施中!

U-NEXTは、無料の見放題にプラスして

なんと600円相当のポイントが新規登録時にもらえる。

断然、オススメです。(FODプレミアムは100ポイントもらえます)

 

映画を見逃した方は

ドラマ・映画が見放題1990円が、まさかの0円

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

U-NEXTは

怒り、君の名はやシンゴジラのような新作映画はポイント課金制で540円かかってしまうのですが、U-NEXTの新規登録時に600円相当のポイントを無料でいただけるので、1映画分は無料ということは、最初の1ヶ月のトライアル・お試し中で解約すると完全無料でみえちゃうわけです。

>>タダでもらえる600ポイントで 怒り 映画 動画 を見る

>お試しで31日間、ドラマ見放題、他、サービス使い放題。

[aside]もし、U-NEXTとFODプレミアムで迷っていたら、両方に登録しても大丈夫です。両方登録でも無料です。2倍得します。[/aside]

 

そういう私も試してみました。

無料期間中に登録して、31日以内に解約して、お金は一切かかりませんでした

解約も簡単でした。

U-NEXTの動画配信数は12万種類

映画以外にも国内ドラマや韓国ドラマ、雑誌やアニメなど全部見放題です。

ただ、31日間の無料お試し、トライアルがいつ終わってしまうのかは私でもわからないので、この機会に無料登録しておくことを断然、オススメします。

U-NEXTで配信されている映画は、「君の名は」「パーソンインタレスト シーズン5」「シンゴジラ」など他の動画配信サービスではまだ見れない新作を見ることができるので、チェックしてみてくださいね!!

 

映画を見逃した方は

ドラマ・映画が見放題1990円が、まさかの0円

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

 

「映画 動画 無料」で検索すると必ずといっていいほど出てくる

PandoraTVやFC2やYouTube、dailymotionの違法動画は海外サイトで

ウィルス感染や罪悪感があって、ちょっと嫌な感じがしますよね。

画質も音質も悪いし、広告もいっぱいで思わずクリックしちゃたりして。怖いです。

U-NEXTは、健全な優良動画配信サービスなので安全です。

 

 

「怒り」映画 動画 概要

映画「怒り」

キャスト

槙 洋平 – 渡辺謙

槙 愛子 – 宮崎あおい

田代 哲也 – 松山ケンイチ

藤田 優馬 – 妻夫木聡

大西 直人 – 綾野剛

田中 信吾 – 森山未來

小宮山 泉 – 広瀬すず

知念 辰哉 – 佐久本宝

南條 邦久 – ピエール瀧

スタッフ

原作 – 吉田修一

監督・脚本 – 李相日

音楽 – 坂本龍一


「怒り」映画 動画 あらすじ

東京の八王子で起きた夫婦惨殺事件から物語は始まる。

殺害現場には「怒」という被害者の血で書かれた文字が残されていた。

警察の捜査で犯人は「山神一也」という男と判明、ただし山神は整形をして顔を変えて逃亡している。

 

事件から一年が経ち、千葉、東京、沖縄でそれぞれ犯人とよく似た正体不明の三人の男を中心に物語は展開していく。

 

・千葉(田代哲也ー松山ケンイチ)

田代は、千葉の漁港で働く槙洋平(渡辺謙)のもとで働いている。

田代は、洋平の娘の槙愛子(宮崎あおい)と少しずつ仲良くなりやがて恋仲となり一緒に暮らすようになる。

どこか正体のつかめない田代に多少の不信感を抱きながら、東京の歌舞伎町で風俗嬢として働いていた過去を持つ娘の「自分のような女を愛してくれる」などといった説得などもあり、娘との関係を容認している。

そういう日々の中、ある日洋平はTVで警察が公開した八王子夫婦惨殺事件の容疑者の整形後の写真があまりに田代に似ていることから、田代の過去をさぐりに履歴書に書いてあったあ以前の勤務先に行く。

そこで、田代が以前の勤務先では高橋と名乗っていたことを知り、その事を愛子に話す。

愛子はそれは、借金から逃れるためだと説明するが、結局愛子も信じ切ることができずに警察に連絡してしまう。

そして、それを機に田代は姿を消してしまう。

 

・東京(大西 直人ー綾野剛)

同性愛者の藤田優馬(妻夫木聡)は東京の大手通信会社で働いている。

ある日同性愛者の集まるパーティーで、大西直人と出会う。

藤田は大西が「行く当てがない」と言うのを聞き、自分の家に住まわせることにする。

 

藤田は大西と同棲生活を送っていたが、自分の身の回りで窃盗事件が多発し、また警察が公開した八王子夫婦惨殺事件の容疑者の似顔絵が大西にそっくりなことから大西のことを疑い始める。

そして、ある日大西が自分の知らない女とカフェであっているところを偶然見てしまい、疑いを増した藤田は大西に「お前が山神じゃないよな?」と聞く。

それを機に、大西は藤田の前から姿を消す。

 

・沖縄(田中 信吾ー森山未來)

田中は沖縄の無人島(星島)に住んでいる。

ある日、転校で福岡から沖縄に転校してきた高校生、小宮山泉(広瀬すず)と小宮山にほのかな思いを寄せる同じ高校の知念 辰哉(佐久本宝)がやってくる。

どこか自由な雰囲気のある田中に興味を持った小宮山泉は、知念辰哉に頼んでボートを出してもらい時々星島を訪れるようになる。


「怒り」映画 動画 無料で見る方法

そんなある日知念は、小宮山を那覇にデートに誘う。

2人で那覇をぶらついていると、小宮山は偶然田中を見つけ声をかけるが、田中は少し驚いた表情を見せる。

その後、田中がアルバイトをしているという居酒屋に三人で飲みに行くが、知念は酔いつぶれてしまい、用事があった小宮山は一人那覇の街へ出る。

1人で那覇の街を歩いていた小宮山は偶然立ち寄った公園で米兵に乱暴をされてしまう。

誰かが大声を出して何とか難を逃れるが、小宮山は傷つき引きこもってしまう。

 

その後、大声を出したのは自分だという田中の話を聞き、仲良くなった田中と知念はもともと知念が働いていたバイト先で一緒に働き始める。

なんとなく、親しみやすく頼りになる兄貴的な存在のように感じていた知念だったがある日、バイト先の客の荷物を乱雑に扱う田中を見て不信感を抱く。

さらに、乱暴を働く田中はバイト先から逃亡し、もといた星島に戻っていく。

知念は、田中の事が気になって星島を訪れると田中の住んでいた小屋の壁に「怒」や

「米兵にやられている女 知っている女だった ウケる」

「女気絶 ウケる」

などと書いているのを見つける。

田中を信じていた、知念はこの落書きと問いただした時の田中の反応に怒りを覚え刺してしまい、結果田中は死んでしまう。

 

その後、知念は田中が八王子夫婦惨殺事件の犯人であることを知る。

 

・千葉(田代哲也)の結末

愛子が呼んだ警察は、部屋に残っている指紋から田代が「山神」でないことを調べ愛子たちに知らせる。

最後まで信じてやることができなかったことを悔いた愛子は号泣。

田代が偽名を使っていた理由は本当に借金から逃れるためであり、本名は柳本康平であった。

愛子と洋平は田代が戻ってくることを電話で説得し、田代が戻って来るように匂わせて物語は終わる。

 

・東京(大西直人)の結末

大西が去った後、藤田のもとに警察から電話があり、大西の事を聞かれるが藤田は大西がもしかしたら「山神」かもしれないと疑っていたため知らないと答える。

その後、大西が山神でないことも窃盗事件の犯人でないこともわかり疑いは晴れるのだが、相変わらず大西との連絡はとれない。

そんなある日、以前大西が一緒にいるところを見た女を偶然見かけ声をかける。

その女から、大西が幼いころに両親を亡くし施設で育ったこと、彼女がその施設で大西と一緒に育った幼馴染であること、心臓疾患を患っていてちょうど大西が藤田の元から消えた日公園で亡くなっていたことを聞く。

藤田も愛子や洋平と同じように大西を信じてやれなかったことを強く公開する。


「怒り」映画 動画 感想

この映画は日本アカデミー賞、作品賞をはじめ様々な賞を取っており、また、ヒットメーカーの吉田修一と李相日のコンビとしても話題を集めた作品です。

また、キャストも誰をとっても一人で主役を張れるような一線級の役者がそろっており、また音楽も坂本龍一が担当していたりと非常に豪華です。

もともとの原作があり、原作自体が完成度の高いエンターテイメント性と人間ドラマを兼ねそろえた作品だけに、作品の出来、不出来が役者の演技力に頼るところが非常に大きい作品だと思います。

その点で、この作品に出ている役者陣の演技力は非常に高く、特に個人的には犯人役だった山本未来の演技は抜群だったように思います。

そのおかげで途中でだいたい誰が犯人かはわかってしまうのですが・・・。

ただ、監督がそのカットを選んだということはこの作品の中で犯人探しがメインテーマではないという事ですし、別に犯人が分かったからと言ってこの作品の面白みが減るというものでもなかったので問題はないと思います。

この作品のテーマは「人を信じることの難しさ」であり、別々に展開する3つのストーリーに登場する人物は人を信じたこと、信じられなかったことによりそれぞれ深く傷ついていきます。

その過程が前途の役者の演技などのおかげで映画という限られた時間の中で見事に表現されていますし、最後に絶叫する小宮山泉、槙愛子、藤田優馬の感情にもちゃんと納得できるようになっています。

この作品を見て改めて感じたことなのですが、吉田修一という作家は芥川賞を獲った作家としては珍しいほど映画の原作に向いた作家であり、また李相日監督は現在の日本の監督の中で最も優れた原作を(少なくとも)原作のクォリティー通りに作り上げることのできる監督だと思います。

今後も是非このコンビで新しい作品を見てみたいですし、またこの二人のコンビの新しい作品には注目していきたいと思います。

 

映画を見逃した方は

ドラマ・映画が見放題1990円が、まさかの0円

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓