壁ドン(カベドン)=イケメンが壁に手をつき

女子に顔を急接近させて女子の心をつかむ行為。

壁ドンで女子は強引な男子に心を打たれて胸キュンする。

壁ドン↑壁ドン

 

ブームのきっかけは2014年4月に渡辺あゆの少女漫画

「L♥DK」が原作となり映画化された。

漫画の萌シチュエーションの「壁ドン」が一気にブレイクした。

 

少女漫画やアニメではもともと

壁ドンのシチュエーションが多いので

SNSで拡散したと言われている。

スポンサーリンク

錦織圭の2015メンフィスオープンのトーナメント表はコチラ→

アナと雪の女王の最新情報はコチラ→

西川瑞希の二重が可愛いのはコチラ→

壁ドン、あすなろ抱きはコチラ→

EXILEタカヒロやふなっしーの年収はコチラ→

好きな女優人気ランキングはコチラ→

有名人そっくりさんはコチラ→

 

最近の男性は草食男子が多くて女子中・高生の間で

壁ドンのように迫ってきてほしいという願望があるらしい。

 

恋愛に臆病になっている男性に対して壁ドンのように

積極的に迫ってもらうことで男性に言い寄られることで

女子の快感が得られる気持ちが壁ドンで表現されてる。

 壁ドン↑韓国ドラマで多く見られる壁ドン

壁ドンは韓国ドラマでは非常に多く登場する。

壁ドンの次にブームとなってきているのが

顎クイ=女子の間では、壁ドンよりも顎クイを望む声も多いとか。

顎クイ顎クイ

この次の展開はキスのようだ。

 

床ドン(ユカドン)=本来の意味では

一人暮らしのニートが床をドンと鳴らすことで

階下に住む人がうるさいと思う表現を 床ドン というのだが

スポンサーリンク

少女漫画では 床ドンは、壁ドンを寝っ転がった状態ですることを言っている。

どちらかというと、押し倒していてのしかかり、押さえつける感じか。

床ドンというより・・・このシチュエーションは難しいですよ

床ドンは恋人同士ですね。

股ドン(マタドン)=壁ドンの状態で男子の足が女子の股の間に入っていて

股ドンは動きがさらに取りづらい状態

股ドン股ドン

女子の股の間に男子の足が入るので

壁ドンがさらにエスカレートしている。

密着度が高い。

明るいところでは周囲が気になる。

 

蝉ドン(セミドン)=蝉のように壁にしがみついた状態で

女子を壁ドンすることでこれは非常に困難な技で

漫画でできるのが蝉ドン。日常生活では難しい技。

蝉ドン↑蝉ドン

アクロバットすぎて完全に漫画です。

非現実的です。

 

いろいろ少女漫画では男子が女子にアプローチして野性味があるのだが

あくまで女子がイケメン男子、片思い男子への願望・期待である。

 

好きでもない男子やイケメンではない男子が

流行にのって片思い女子に本気でこれをしたら

少女漫画やアニメ、ドラマのようにはならない。

 

キモいとかセクハラ、犯罪の対象になるので

男性から見た場合は「この女子は、俺に気があるな」

確信があって、初めて

壁ドン、顎クイ、床ドン、股ドン、蝉ドンを実行しないといけない。

勘違いが一番危ない。

 

好きでもない男子から壁ドンをやられた女子は

恐怖で悲鳴をあげるだろう。

 

漫画やドラマではありえるシチュエーションだが現実に

顎クイや股ドン、床ドン、蝉ドンなんて、かなり確信がないと

いくら俺はイケメンだ。という自信があっても

プロセスなく実行してはいけない行為だ。

 

小学生女子が学校で遊びで壁ドンを女の子友達でやってるのは

どこか、ほほえましい感じもするが

漫画やアニメ、ドラマの影響は大きい。

スポンサーリンク


 

女子が男性にされてみたい抱かれ方ナンバーワンは何かというと「あすなろ抱き」

あすなろ抱き↑あすなろ抱き

 

1993年に柴門ふみの漫画「あすなろ白書」が

フジテレビで木村拓哉と石田ひかり主演でドラマ化された。

ドラマ中で木村拓哉が石田ひかりを後ろから抱きしめるシーン。

恥ずかしいけれど一度はやられてみたいそうだ。

 

2015年、壁ドンの影響で「あすなろ抱き」が大ブレークの予感

要チェックだ!

錦織圭の2015メンフィスオープンのトーナメント表はコチラ→

アナと雪の女王の最新情報はコチラ→

西川瑞希の二重が可愛いのはコチラ→

壁ドン、あすなろ抱きはコチラ→

EXILEタカヒロやふなっしーの年収はコチラ→

好きな女優人気ランキングはコチラ→

有名人そっくりさんはコチラ→