ドラマ「すべてがFになる」に登場する真賀田四季博士。

第1話の冒頭に初登場したときはコンピューターグラフィックの

画像が話をしているのではと、思った人も多いのでは?

 

私はこれはCGでしょ。っと思い込んでいました。それほど整っていた顔でした。

 真賀田四季出典:yahoo!画像

 

ところが真賀田四季は元ももクロの早見あかりという

女優で、ファッションモデルの実在人物だと知った。

そして第5話のドラマのタイトルとなっている

「すべてがFになる」に真賀田四季が、超怖い姿で登場した。

 

娘の小学生は怖くて見ていられないほど、

「パパ、怖くてお風呂に一人で入れない」っと言わせたほど。

実は私も怖くて、怖いと思うテレビ画面は何年ぶり。

 

真賀田四季が怖い、武井咲が主演の「すべてがFになる」

もう一度、見たいという方は

今なら無料で公式動画が視聴できます

 

 

ドラマ動画 見逃した方はコチラ

ドラマ・映画が見放題888円が、まさかの0円

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


無料でお試しで動画をいますぐ視聴する▶

[AD]

 
 

そして、第9話に再び怖い真賀田四季が登場したのでした。こわー!

 

テレビドラマを見逃した方はコチラ

ドラマ・映画が見放題888円が、まさかの0円

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

無料でお試しで動画をいますぐ視聴する▶

[AD]  

 

この存在感。私も娘も第5話の真賀田四季を思い出しました。

厳密に言えば真賀田四季の娘が怖かったのですが

演じたのは早見あかりなので同じです。

 

早見あかりの存在感は凄いです。

いるだけで怖い。その印象を第5話の時に視聴者に植え付けてしまった。

出ただけで、お〜、真賀田四季。怖い。

 

私も娘も目を背けました。凝視できない。

それだか早見あかりの存在感はあります。

目が怖い。早見あかりに助演女優賞をあげます。

 真賀田四季出典:yahoo!画像

 

ももクロというのはアイドルグループ。

早見あかりはまだ19歳。堂々とした演技ぶりです。

顔はコンピューターグラフィックのような

白い実際にはありえないハーフのような整形したような整った顔。

 

調べてみると私のようにハーフではないかと疑った人は多いようで

ネットでも話題になっていました。

しかし、東京都出身の19歳で小学生でスカウトされて

芸能界入りしています。生粋の江戸っ子です。

 

それでは整形であんな大きな目やハーフのように整った顔にしているのではと

思いましたが、こちらも整形の事実は確認できませんでした。

元々、綺麗な顔立ちでスカウトされたようです。

 

すべてがFになるの真賀田四季役では14歳で両親を殺害した

天才で第5・6作の原作「すべてがFになる」と

第9・10作の原作は真賀田四季シリーズの「有限と微小のパン 」「赤緑黒白」で

真賀田四季が登場する。

 

このテレビドラマシリーズは本格的トリック編と

解答編という形でストーリーが完結しているが

第9・10作は、シリーズの中でも最高にトリックが入り組んでいそうだ。

殺人を犯したのが天才の真賀田四季なのでトリックも常人ではわからない。

 

それに加えて真賀田四季の怖さでドラマの面白さが最高潮に達している。

城田優がとっても嫌らしくてマッチしているのもいい。

 

城田優もCGのような顔立ちなのでこっちも怖い。

 真賀田四季出典:yahoo!画像

 

真賀田四季の早見あかりと組んで怖さが倍増している。

早見あかりは一皮向けて今後、バラエティや他のドラマでも

恐ろしい女性役でのオファーが殺到しそうだ。

 

瞳を閉じれば真賀田四季の怖い顔が思い出される。

夢にも出てくる。強烈な存在感があるアイドル?だ。

トイレに行くのが怖くなる。

 

ドラマ動画 見逃した方はコチラ

ドラマ・映画が見放題888円が、まさかの0円

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


無料でお試しで動画をいますぐ視聴する▶

[AD]