吉報です。錦織圭│テニス・バークレイズ・ATPワールドツアー・ファイナル

テレビ放送は地上波ではないスカパーのGAORAが独占放送の予定でしたが、

BS朝日で、準決勝と決勝を放映。また錦織圭が予選リーグを突破したら

地上波テレビで放送される。

 

錦織圭VSラオニッチ戦はコチラで要チェック

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 錦織圭 ラオニッチ

 

錦織圭が予選グループを突破しないと見れないので

他のプレーヤーの試合は放映されません。

 

地上波の朝日系列で錦織圭の準決勝、決勝を生中継することが決定

スポンサーリンク


 

他のプレイヤーでの決勝戦

おそらくジョコビッチ対◯◯になったら

地上波テレビでは見れないのでテニスファンはスカパーが必須です。

 

 

また、予選はGAORAが専属で放映するので

地上波では錦織圭の予選の対戦や注目のフェデラー対マレー、ジョコビッチ対チリッチは

見ることが出来ません。

 

テレビ地上波の場合はCMが気になります。

おそらく高額でGAORAから放映権料を購入したと思うので

スポンサーのテレビCMの多く挿入されると思われます。

ですから、ゲーム終了事かセットの途中で、CMに切り替わる場合も考えられます。

 

テニス・バークレイズ・ATPワールドツアー・ファイナルの日程・TVスケジュールを確認

錦織圭 マレー コーチ出典:yahoo!画像


Bゾーン 日程
錦織圭 対 マレー
日本時間 11月9日 22時55分  GAORAテレビ生放送

Bゾーンのもう一試合 日程
フェデラー 対 ラオニッチ
日本時間 11月10日 朝5時  GAORAテレビ生放送

Аゾーン 日程
日本時間 11月10日 深夜22時55分  GAORAテレビ生放送
ワウリンカ 対 ベルディハ

Аゾーンのもう一試合 日程
日本時間 11月11日 朝5時  GAORAテレビ生放送
ジョコビッチ 対 チリッチ

 

TV生放送で錦織圭の試合が見れる。CS放送の GAORA 

ATPワールドツアー・ファイナル テレビ生放送のスケジュール

ラウンドロビン第1日 11月9日(日) 22:55 ~ 26:30
ラウンドロビン第2日 11月10日(月) 22:57 ~ 26:30
ラウンドロビン第3日 11月11日(火) 22:57 ~ 26:30
ラウンドロビン第4日 11月12日(水) 22:57 ~ 26:30
ラウンドロビン第5日 11月13日(木) 22:57 ~ 26:30
ラウンドロビン第6日 11月14日(金) 22:57 ~ 26:30

準決勝1 11月15日(土) 22:57 ~ 26:30
準決勝2 11月15日(土) 28:57 ~ 8:30

決勝 11月16日(日) 26:45 ~ 7:00

錦織圭のBゾーン 過去の対戦成績確認※()内は今シーズン

フェデラー マレー ラオニッチ
錦織圭 2勝2敗(1勝1敗) 0勝3敗(対戦なし) 4勝1敗(3勝1敗)
 

テニス・バークレイズ・ATPワールドツアー・ファイナルは1年の最期を飾る試合

そして高額は賞金が獲得でき、VIP待遇で試合できる史上最大のテニス大会です。

 

選手は決勝トーナメントへ向けて全力で1年間の力を出してきます。

選手だけではなく、コーチの対戦でもあります。

 

Bグループの各選手のコーチについて確認

錦織圭はマイケル・チャンコーチ

アンディ・マレーのコーチはアメリ・モレスモコーチ(女性)

ロジャー・フェデラーはステファン・エドベリコーチ

ラオニッチはルビチッチコーチとなります。

 

錦織圭のBグループ初戦で対戦するマレーは今シーズンの序盤は不調でした。

錦織圭 マレー コーチ出典:yahoo!画像

 

しかし、最近はパリ大会でジョコビッチに負ける前までは

2大会連続で優勝しています。絶好調といっていいでしょう。

 

マレーは過去、全米オープンとウインブルドンで

ジョコビッチに決勝で勝利して優勝しています。

 

しかし、バークレイズ・ATPワールドツアー・ファイナルでは最高が予選突破で

決勝には進んでいません。

 

今年の前半、不調だったせいか、いままでのコーチ、イワン・レンドルから

現コーチのモレスモコーチに変更しました。

マレーにとっては博打だと、世間からいわれましたが、最近の成績から

コーチを女性コーチにしたのは成功だったのでしょう。

 

モレスモコーチは35歳 全豪オープン、ウインブルドンで優勝しています。

 moresumo顔は男のようだが女です 出典:yahoo!画像

 

ランキングでは2004年に1位となっています。

2013年からはフェドカップのフランス代表監督に就任しています。

 

女性ですが世界ランキング1位のときもあり

マレーにとってはメンタル面での強い味方だと思われます。

 

マレーは小さい頃から母親(イギリスのフェドカップ監督)から

指導を受けてテニスを始めている。

女性コーチには慣れているようだ。

 

マレーの大会には常に母親が付き添っていた。

マレー自身も女性コーチのほうが安心出来るようだ。

 

モレスモコーチは女性ですが世界ランキング1位のときもあり

マレーにとってはメンタル面での強い味方だと思われます。

 

錦織圭のツアーファイナルテレビ放送、対戦スケジュールはコチラ→