2015メンフィスオープン

準決勝 


WOWOWでテレビ放送

錦織圭のテニス中継 視聴には契約が必要→WOWOW

 

決勝の速報はコチラ→

 

【試合速報】

スクリーンショット 2015-02-15 12.52.45
 

錦織圭の調子のバロメーターはファーストサービス

【トータル】

ファーストサービス 錦織圭 55% クエリー 59%

サービスエースの数 錦織圭  5本 クエリー 27本

ダブルフォルト 錦織圭 2本 クエリー 9本

スポンサーリンク


【第3セット】

ファーストサービス 錦織圭 53% クエリー 57

サービスエースの数 錦織圭  1本 クエリー 6本

ダブルフォルト 錦織圭 2本 クエリー 3本

錦織圭のメキシコ大会のトーナメント表はコチラ→

錦織圭メンフィスオープン3回戦 準々決勝は実況中→

メンフィスオープン トーナメント表はコチラ→

錦織圭のメンフィスオープン関連記事はコチラ→

メンフィスオープンの海外の評価はコチラ→

錦織圭関連の記事はコチラ→

 

第3ゲーム、ブレイクされる。

錦織圭は危機。

ブレイクされたのは2回目

錦織圭は、一度もブレイクなし。

 

錦織圭、第6ゲーム、ブレイクバックに成功!

タフな試合になった。ファイナルのタイブレイクに

なりそうな予感

第11ゲーム 錦織圭はダブルフォルト

サービスが入らない

錦織圭は3回のマッチポイントをいかせなかった。

タイブレイクも接戦。

ドキドキ、ハラハラ 錦織圭勝利

【第2セット】

ファーストサービス 錦織圭  63% クエリー 67

サービスエースの数 錦織圭 2本 クエリー 12本

ダブルフォルト   錦織圭 0本 クエリー 1本

錦織圭のファーストサービスの調子が良くなった。

クエリーのサービスは相変わらず波が激しい。

錦織圭はまた、第6ゲーム。

ファーストサービスが入らなくなる

ノーシードのクエリーは快進撃

ヤバイなあ。

タイブレイクに突入

 

錦織圭、ギリギリでタイブレイクを制覇

心臓に悪いです。

 

【第1セット】

ファーストサービス 錦織圭 51% クエリー 53

サービスエースの数 錦織圭 2本 クエリー 9本

ダブルフォルト   錦織圭 0本 クエリー 5本

 

サービスキープで始まった序盤です。

錦織圭はまずまずの調子です。

第6ゲームは試練のゲームになりました。

ジュースの連続です。かろうじてキープ。

このままキープし続ければ

タイ・ブレークまでもつれそう。

 

クエリーはファーストサービスも多いが

ダブルフォルトも非常に多い。

第1セットはブレイク失敗。

 

ファーストサービスが入らない。

ブレイクされそう。

クエリーは第1セットを奪取

 

2015年のメンフィスオープンはシード選手が

次々に敗れる波乱の大会になった。

 

当初、錦織圭が対戦予定だった、準々決勝の相手は

第5シード、

世界最速サーブ・世界一の巨人

2011センチのイボ・カルロビッチが

錦織圭のテニススクールの仲間

ノーシード、無名のクライチェックに敗れた。

織圭のメキシコ大会のトーナメント表はコチラ→

 メンフィスオープン決勝はコチラ→

錦織圭メンフィスオープン3回戦 準々決勝は実況中→

メンフィスオープン トーナメント表はコチラ→

錦織圭のメンフィスオープン関連記事はコチラ→

メンフィスオープンの海外の評価はコチラ→

錦織圭関連の記事はコチラ→

 

準決勝の相手は第3シードのジョン・イズナーの予定だったが

準決勝の相手はノーシード、サム・クエリー(アメリカ)と対戦

錦織圭出典:ウイキペディア

 

サム・クエリーは1回戦で第7シードのドイツ

ベッカーにフルセットで勝利して波に乗った。

ベッカーは2014年に錦織圭が対戦して負けている選手だ。

 

サム・クエリーは地元アメリカ 

27歳 身長198センチの長身

世界ランキング41位 最高17位

 

過去の対戦では 2勝3敗とサム・クエリーがリードしている。

2014年 錦織圭 6-4 5-7 6-4 サム・クエリー

2012年 錦織圭 6-2 1-6 4-6 サム・クエリー

2012年 錦織圭 2-6 3-6 サム・クエリー

2011年 錦織圭 3-6 4-6 サム・クエリー

2008年 錦織圭 4-6 6-2 7-6 サム・クエリー

 

錦織圭が勝利するときは常にフルセット。

毎度のことだが、メンフィスオープン 準決勝では

勢いにのるサム・クエリーを スパッと、

ストレートで勝利してほしいものだ。

 

毎回、緊張の連続でハラハラさせてくれてます。

 

サム・クエリーは第3シードの

ジョン・イズナーに勝ったのだが

7-6 7-6 の ストレートで勝利している。

 

サービスエースは13回も決めている反面

ダブルフォルトが5回もある。

ファーストサービスは 55%と入る確率は低い。

サービスにムラがあるタイプだろう。

 

ジョン・イズナーはビッグサーバーで

ファーストサービスを73%も決めたのに、

サム・クエリーに敗退。

 

サム・クエリーはリターンの調子が良かったのだ。

錦織圭は、このメンフィスオープンはサービスがボロボロ、

ファーストサービスを決めているときは

簡単にキープしているが

 

クライチェック戦ではファーストサービスが決まらずに

2回のブレイクを与えて、危ないジュースの場面も多かった。

 

クライチェック戦のような戦い方をしたら

サム・クエリーに錦織圭は敗退するだろう。

 

それだけ、メンフィスオープンはラケットが合わないのか

メンタル面が悪いのか

危ない試合をしている。

 

ストレート勝ちして試合時間を短縮して

翌日の決勝に。体力を温存したい。

フルセットでの連日連戦では

疲れる。試合時間も考えて戦いたい。

 

メンフィスオープン 3連覇

世界ランキング5位のキープには

本来の調子を取り戻さないと赤信号だ。

織圭のメキシコ大会のトーナメント表はコチラ→

 メンフィスオープン決勝はコチラ→

錦織圭メンフィスオープン3回戦 準々決勝は実況中→

メンフィスオープン トーナメント表はコチラ→

錦織圭のメンフィスオープン関連記事はコチラ→

メンフィスオープンの海外の評価はコチラ→

錦織圭関連の記事はコチラ→