メキシコオープン【アカプルコ】500

準々決勝  錦織 VS ドルゴポロフ

試合開始 2月27日(金) 午前8時以降


アレクサンダー・ドルゴポロフとの対戦は、3度めの対戦

錦織圭

 

アレクサンダー・ドルゴポロフ(ウクライナ)26歳

世界ランキング33位 過去最高 13位

身長180センチ

 

マレーがドバイで18歳の無名選手に負けたことで

錦織圭はメキシコオープンで優勝すると

世界ランキング3位に!頑張れ錦織

【試合速報】

スクリーンショット 2015-02-27 09.58.21

錦織圭の調子のバロメーターはファーストサービス

ファーストサービス 錦織圭 65% ドルゴポロフ 58%

サービスエースの数 錦織圭 2本 ドルゴポロフ 3本

ダブルフォルト 錦織圭 0本 ドルゴポロフ 3本

スポンサーリンク


【第2セット】

第1ゲーム ドルゴポロフはサービスキープ

第2ゲーム 錦織圭はファーストが入らない。ジュースに

かろうじてキープ

第4ゲーム 錦織圭のファーストは入らないですね。

ラリー戦です

 

第5ゲーム 錦織圭にブレイクチャンス

ドルゴポロフに痛恨のダブルフォルト

ブレイク成功!

 

第6ゲーム 錦織圭の調子がでてきました

ファーストが少し入るようになりました

 

第7ゲーム ジュースに

第8ゲーム ファーストが安定すると、錦織圭は強いです

第9ゲーム ジュースに。一気にマッチポイントか?

ジュース2回 ドルゴポロフ粘る

第10ゲーム 40-30 からジュース 2回

ドルゴポロフ粘り腰

錦織圭の勝利

試合時間 1時間40分56秒

次は準決勝
メンフィスの決勝で勝った
アンダーソンです

【第1セット】

錦織圭の調子のバロメーターはファーストサービス

ファーストサービス 錦織圭 66% ドルゴポロフ 48%

サービスエースの数 錦織圭 0本 ドルゴポロフ 1本

ダブルフォルト 錦織圭 1本 ドルゴポロフ 0本

第1ゲーム

ドルゴポロフのサーブから開始です

錦織圭はジュースに持ち込む ブレイクチャンス

ジュース6回 第1ゲームから接戦です

長い試合になりそうです

第1ゲームからビッグゲーム

錦織圭、ブレイク成功。第1ゲームに10分!

 

錦織圭もドルゴポロフもファーストが入りません。

ストローク合戦です

 

第5ゲーム

ドルゴポロフの調子が上がってきました

初のエース!

 

第6ゲーム

錦織圭、ダブルフォルト

 

第7ゲーム

ドルゴポロフはファーストが入らない

リターンが決まって 2度のブレイクチャンス→

ジュース3回 →ブレイク失敗

 

第8ゲーム

前のゲームをブレイクできなかった影響がでた

錦織圭、0-40 3回のブレイクバックの危機!

→こらえてジュースに

ああ、ブレイクバックされる。

 

第9ゲーム

またまた、ジュース。ブレイク成功!

第1セットに 52分

 

マレーが18歳に敗退錦織の世界ランキング3位が現実化はコチラ→

メキシコオープン2回戦はコチラ→

メキシコオープン1回戦はコチラ→

ドバイ大会フェデラー、ジョコビッチ、マレーはコチラ→

BNPバリパオープンとマイアミオープンの関連記事はコチラ→

BNPバリパオープンのテレビ生放送日程はコチラ→

錦織圭のメキシコオープン1回戦はコチラ→

錦織圭のメキシコオープンのドロー表はコチラ→

2015年 錦織圭の関連記事はコチラ→

2014年 錦織圭の関連記事はコチラ→

 

メキシコオープン・アカプルコ500の

準々決勝・ベスト8の顔ぶれは

Aゾーン

第1シード 錦織圭

第5シード ドルゴポロフ(危険最大級 理由は後述)

第4シード アンダーソン(錦織がメンフィス決勝で勝利)

ノーシード ビクトル(世界ランキング43位)

 

Bゾーン

第2シード フェレール(錦織が全豪オープン4回戦で勝利)

第6シード カルロビッチ(身長211センチ 世界最速サーブ)

ノーシード バーナード(世界ランキング42位)

ノーシード ハリソン(錦織がメンフィス2回戦で勝利 第3シードのディミトロフに勝つ)

 錦織圭のメキシコオープンのドロー表はコチラ→

ベスト8に残った錦織圭と対戦する7人の中で

一番ヤバイと思っていたのが

アレクサンダー・ドルゴポロフだ。

 

アレクサンダー・ドルゴポロフは恐い相手だ。

メキシコオープンで危険度最大級の男だと思う。

 

錦織圭のことを知り尽くしている。

2015年、オーストリアのブリスベン国際ダブルス

錦織圭とドルゴポロフはペアを組んだ。

 

なんと、優勝候補を破って

決勝まで進んで準優勝してしまった。

 

そう、ドルゴポロフは錦織圭のことを

同じペアとして性格まで

わかっちゃっているかもしれないのだ。

 

錦織圭は仲間に弱いところがある。

前回のメンフィス大会では、格下のIMGアカデミーの仲間

ハリソンとクライチェクにファイナルセットで

やっと勝利した。

 

錦織圭 VS ドルゴポロフ 過去の対戦 2勝0敗

2013年 ブリスベン国際 準々決勝 6-4 6-3

2011年 上海マスターズ 準々決勝 6-4 6-3

ジュニア世代で 2-6 7-5 6-2

 

2013年から2年間、二人は対戦していない。

 

イギリス政府公認ブックメーカーのオッズを確認

錦織圭 1.25倍 VS ドルゴポロフ 3.75倍

やはり、評価には差があまりありません。

参考までに、ドバイ大会の準々決勝、

ジョコビッチ 1.01倍 VS バーロック 21倍

ジョコビッチへの評価は抜群です。

錦織圭
 

ドルゴポロフが輝いたのは

2014年3月のBNPバリパ・オープン3回戦で

ラファエル・ナダルに6-3 3-6 7-6 で勝利している。

ドルゴポロフは、まだ、錦織圭が勝ったことのない

全盛期、世界ランキング1位のナダルに勝っている。

 

ドルゴポロフには力があるのだ。

 

マレーが18歳に敗退錦織の世界ランキング3位が現実化はコチラ→

メキシコオープン2回戦はコチラ→

メキシコオープン1回戦はコチラ→

ドバイ大会フェデラー、ジョコビッチ、マレーはコチラ→

BNPバリパオープンとマイアミオープンの関連記事はコチラ→

BNPバリパオープンのテレビ生放送日程はコチラ→

錦織圭のメキシコオープン1回戦はコチラ→

錦織圭のメキシコオープンのドロー表はコチラ→

2015年 錦織圭の関連記事はコチラ→

2014年 錦織圭の関連記事はコチラ→