マイアミオープン・マスターズ1000

2015年3月23〜4月5

錦織圭のマスターズ1000の初優勝は、

2015マイアミオープンで

達成されるだろう。と、予測する

 

マイアミオープン2015は、

世界ランキング2位のフェデラーが欠場する。

 

通常、世界ランキング30位以内の選手は

強制的にマスターズ1000の大会には

モンテカルロ大会の他は出場しないといけないルールがある。

 

だから、3月から4月にかけての

パリバオープン1000とマイアミオープン1000は

日程が立てこんで、選手には負担が大きい。

 

このシリーズを別名、春の祭典と呼んで

重要な大会と位置づけられているのだが

フェデラーが欠場する。

 

まさかのフェデラー欠場で衝撃が走った。

錦織圭
また、ケガ?なの、

フェデラーファンには衝撃が走ったことだろう。

 

しかし、安心してください。そうではありません。

 

フェデラーはある一定の条件を満たしていて

フェデラーは自分が出場する大会を選ぶことができる

 錦織圭マイアミオープン本命【地の利】12年400キロがキーワード

錦織圭│BNPパリバOP4回戦の相手ロペスの試合はコチラ

パリバオープンで惨劇!世界7位ワウリンカが無名の104位に敗戦

 錦織圭の4回戦もスペインのサウスポーが有力

パリバオープンで惨劇。世界7位ワウリンカが無名104位に敗退

パリバオープン再び惨劇。フェレールの敗戦はコチラ

パリバオープン2回戦 錦織圭vsハリソン戦はコチラ→

パリバオープンのハリソンVSフュッシュ戦はコチラ→

BNPパリバオープントーナメント表はコチラ→

BNPパリバオープンとマイアミオープンの関連記事はコチラ→

BNPパリバオープンのテレビ生放送日程はコチラ→

2015年 錦織圭の関連記事はコチラ→

2014年 錦織圭の関連記事はコチラ→

条件とは・・・・

通算600勝以上

プロテニス生活12年以上

31歳以上

 

上記、3つの条件を満たすフェデラーは

マスターズ1000を出場しないといけないという

世界ランキング30位以内の義務を

回避できる。

 

フェデラー自信で出場する大会を選ぶことができる待遇

スポンサーリンク


このルールのおかげで、

フェデラーはパリバオープンに専念できたといくことだ。

年齢のこともあって、若い人と同じように

過酷な試合日程をこなすのは、無理があるのは確かだ。

 

atpツアーの年齢と偉大な功績を残す現役選手に対する

敬意の表れだろう。

年配になっても選手生活が延びるメリットもある。

 

世界ランキング2位のフェデラーが欠場すると

第1シードがジョコビッチ

第2シードがラファエル・ナダル

第3シードがマレー

第4シードが錦織圭

 

【トーナメント表はコチラ】

錦織圭錦織圭

出典:atpworldtour.com

 

順当なら、錦織圭は

1回戦は不戦勝

2回戦は、おそらく元ランキング8位 ユージニー

ランキング89位 ゴルベフ(カザフスタン)27歳

vs

ランキング64位 ユージニー(ロシア)32歳

 

勝者と対戦します。

おそらくユージニーです。

過去最高ランキング8位のときがあります。

ゴルベフは、国籍はロシアなので

ロシア対決ですね。

 

3回戦でランキング32位

ビクトル・トロイツキ(セビリア)29歳

 

4回戦でランキング15位

ロベルト・バウティスタ アグート(スペイン)28歳

 

準々決勝のベスト8で

ミロシュ・ラオニッチ(カナダ)24歳

と対戦します。

 

パリバオープンよりも対戦カードに恵まれています。

 

錦織圭はマイアミオープンでは強い

未だ、マスターズ1000での優勝経験のない錦織圭

優勝するならマイアミオープンが最初だ。

 

それも、この2015年マイアミオープンで

達成される条件が揃っている。

それには絶対の理由がある。

 

その前に、過去のマイアミオープンでの

優勝者確認です。

ジョコビッチが、圧倒的に強いです。

錦織圭出典:ウィキペディア

 

錦織圭のマイアミオープンでの対戦成績

2014年はマスターズ1000で初のベスト4進出

ケガのため、ジョコビッチとは対戦していない

2014年 マイアミオープン
1回戦 不戦勝
2回戦 ◯マリンコ(オーストラリア)  6-4 6-1
3回戦 ◯グリゴール·ディミトロフ  16 位(ブルガリア)  7-6 7-5
4回戦 ◯ダビド·フェレール  4位(スペイン) 7-6(7) 2-6 7-6
準々決勝 ◯ロジャー·フェデラー  5位(スイス)  3-6 7-5 6-4
準決勝  ●ジョコビッチ  2位(セルビア) ケガで棄権

2013年 マイアミオープン

1回戦  不戦勝
2回戦 ◯ビクトル·ハネスク 57位(ロシア)  6-3 6-3
3回戦 ◯グザビエ·マリス  53位(ベルギー) 6-2 7-5
4回戦 ●ダビド·フェレール  5位(スペイン) 4-6 2-6

2012年 マイアミオープン

1回戦 不戦勝
2回戦 ◯ルカシュ·ラツコ  66位(スロバキア) 6-3 6-3
3回戦 ◯ルカシュ·ロソル  83位(チェコ) 6-4 6-2
4回戦 ●ラファエル·ナダル  2位(スペイン) 4-6 4-6

 

マイアミオープンには強い

そう、マイアミは特別だ。

その訳は・・・錦織圭マイアミオープン本命【地の利】12年400キロがキーワード

 

錦織圭│BNPパリバOP4回戦の相手ロペスの試合はコチラ

パリバオープンで惨劇!世界7位ワウリンカが無名の104位に敗戦

 錦織圭の4回戦もスペインのサウスポーが有力

パリバオープンで惨劇。世界7位ワウリンカが無名104位に敗退

パリバオープン再び惨劇。フェレールの敗戦はコチラ

パリバオープン2回戦 錦織圭vsハリソン戦はコチラ→

パリバオープンのハリソンVSフュッシュ戦はコチラ→

BNPパリバオープントーナメント表はコチラ→

BNPパリバオープンとマイアミオープンの関連記事はコチラ→

BNPパリバオープンのテレビ生放送日程はコチラ→

2015年 錦織圭の関連記事はコチラ→

2014年 錦織圭の関連記事はコチラ→