「何者」映画・動画を無料で見るには?pandoraはダメよ

何者 映画 動画

「何者」映画 動画 予告

何者
何者

 

 

 

映画を見逃した方は

ドラマ・映画が見放題1990円が、まさかの0円

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

 

 

「何者」映画・動画を無料で見るには?pandoraはダメよ

映画『何者』動画フルが見れるのはU-NEXTとFODプレミアム

U-NEXTでは、今なら31日間無料・お試しトライアルを実施中!

U-NEXTは、無料の見放題にプラスして

なんと600円相当のポイントが新規登録時にもらえる。

断然、オススメです。

 

U-NEXTは

何者、君の名はやシンゴジラのような新作映画はポイント課金制で540円かかってしまうのですが、U-NEXTの新規登録時に600円相当のポイントを無料でいただけるので、1映画分は無料ということは、最初の1ヶ月のトライアル・お試し中で解約すると完全無料でみえちゃうわけです。

>>タダでもらえる600ポイントで映画「何者」を見る。

>>お試しで31日間、ドラマ見放題、他、サービス使い放題。

[aside]もし、U-NEXTとFODプレミアムで迷っていたら、両方に登録しても大丈夫です。両方登録でも無料です。2倍得します。[/aside]

そういう私も試してみました。

無料期間中に登録して、31日以内に解約して、お金は一切かかりませんでした

解約も簡単でした。

U-NEXTの動画配信数は12万種類!!

映画以外にも国内ドラマや韓国ドラマ、雑誌やアニメなど全部見放題です。

ただ、31日間の無料お試し、トライアルがいつ終わってしまうのかは私でもわからないので、この機会に無料登録しておくことを断然、オススメします。

U-NEXTで配信されている映画は、「君の名は」「パーソンインタレスト シーズン5」「シンゴジラ」など他の動画配信サービスではまだ見れない新作を見ることができるので、チェックしてみてくださいね!!

 

 

映画を見逃した方は

ドラマ・映画が見放題1990円が、まさかの0円

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

 

「映画 動画 無料」で検索すると必ずといっていいほど出てくる

PandoraTVやFC2やYouTube、dailymotionの違法動画は海外サイトで

ウィルス感染や罪悪感があって、ちょっと嫌な感じがしますよね。

画質も音質も悪いし、広告もいっぱいで思わずクリックしちゃたりして。怖いです。

U-NEXTは、健全な優良動画配信サービスなので安全です。

 

「何者」映画・動画 概要

朝井リョウが直木賞を受賞し、大きな話題を呼んだ原作の映画化作品。ひとつの部屋に集まった5人の男女。大学の演劇サークルに全力投球していた拓人。拓人がずっと前から片想いをしている瑞月。瑞月の元カレで、拓人とルームシェアをしている光太郎。拓人たちの部屋の上に住んでいる、瑞月の友達の理香。就活はしないと宣言する、理香と同棲中の隆良。理香の部屋を「就活対策本部」として定期的に集まる5人。それぞれが抱く思いが複雑に交錯し、徐々に人間関係が変化していく。「私、内定もらった・・・。」やがて「裏切り者」が現れたとき、これまで抑えられていた妬み、本音が露になっていく。人として誰が一番価値があるのか?そして自分はいったい「何者」なのか?

原作 朝井リョウ

キャスト

佐藤健/有村架純/二階堂ふみ/菅田将暉/岡田将生/山田孝之

監督/脚本:三浦大輔

 

初の平成生まれ直木賞作家、朝井リョウ。

「桐島、部活やめるってよ」で知られる小説家だが、彼が現代の就活生のリアルを描いた「何者」。

新卒至上主義と言われる日本の就職。新卒で良い会社に入ることが良い生活を得るためには必要なことであると言われている。

そのため大学生は、毎年その時期になると学業もそこそこに就職活動に邁進。

着慣れないリクルートスーツに身を包み、髪を黒くし、マナー講座に通う。

まだ社会に出たことのない彼らにとって、就職は「なんとなく不安になり、焦る」もの。

そして、よーいドンでスタートを切る分、周りの動向が非常に気になってお互いに牽制し合う複雑な人間関係になっていく。

そんな彼らをリアルに描いた作品だ。

インターネット経由での就職が一般的になった世代、20代〜30代前半までであれば、とても共感できる内容になっている。

就活に夢中になっている、いわゆる「イタい」大学生の現状も包み隠さず表現した作品。

これから就活をすることになる世代にはぜひ見てもらいたい映画。

就活とはどんなものなのかを知れるのと同時に、主人公はじめ登場人物たちを反面教師にできる部分もあると思う。


「何者」映画・動画を無料」あらすじ

主人公は就職生・二宮拓人(にのみやたくと)/佐藤健。

大学では演劇サークル「劇団プラネット」に所属し、脚本を書いていた。

自己主張はあまりしないが、人のことを斜めから見て評価する人物。

就活を通して仲間になった同じ大学の4人と一緒に、内定をもらうため活動している。

拓人とともに就職活動をしている人物は以下。

 

・田名部瑞月(たなべみづき)/有村架純

アメリカ留学から帰国し、就職活動。拓人が片想いをしている相手。真面目で女性らしい性格。

・神谷光太郎(かみやこうたろう)/菅田将暉

拓人とルームシェアをしている。大学時代はバンド活動をしていたが、就職活動のため金髪から黒髪へ。

瑞月の元カレ。

・小早川理香(こはやかわりか)/二階堂ふみ

瑞月の友達。拓人と光太郎と同じアパートに住む。

いわゆる「意識高い系」の就活生。自身の名刺を作ってOB訪問で配るなど、就職活動にとても積極的。

・宮本隆良(みやもとたかよし)/岡田将生

理香と同棲している彼氏。就活にはあまり興味を持っていない。

サラリーマンではなく、クリエイティブな活動で生計を立てていきたいと思っている。

 

5人は表面上は仲良く情報交換をしているが、本音はそれぞれ。

特に人を観察し、評価したがる拓人はメンバーのSNSをいつもチェック。他のメンバーのことを馬鹿にしている節があった。

しかし拓人の就活も上手くいかない。

早々に内定が出るメンバーも出る中、焦りが募っていく。

光太郎に先に内定が出てしまい、その内定先である会社の評判を会社でチェック。

「総合書院 2ちゃんねる 評判」この気持ちの悪い検索を理香に見られてしまう。

 

「……私、拓人くんに内定出ない理由、わかるよ」、「みんなやさしいから、あんまり触れてこなかったけど、心のどこかではそう思ってるんじゃないかな。観察者ぶってる拓人くんのこと、痛いって」

 

拓人の中で、何かが崩れていく。

 

さらに、理香は、「私、ずっと読んでたよ、あんたのもうひとつのツイッターのアカウント」と言われる。「拓人くんはいつも、少し距離を置いたところで私たちの戦いを眺めている。自分はあんなカッコ悪いことをしなくたっていいはずだって、心のどこかで思ってる」、「カッコ悪い姿のままあがくことができないあんたの本当の姿は、誰にだって伝わってるよ。そんな人、どの会社だって欲しいと思うわけないじゃん」、そして、「拓人くんのもうひとつのアカウント名、私、悲しくなっちゃたよ」。拓人は、裏アカウントで、「今年も、内定が出ない。理由がわからない」とつぶやいていた。

 

ラストシーン。拓人は面接に臨んでいる。

「短所は、カッコ悪いところです」

「長所は、自分はカッコ悪いということを、認めることができたところです」

周りを見下してきた拓人だったが、就活を通して少し成長ができた。

見ないふりをしてきた本当の自分と向き合い、将来へと進んでいく。

 

「何者か」になる時が来たのだ。


何者ミュージック動画 中田ヤスタカ 「NANIMONO 」


 

「何者」映画・動画を無料 見た感想

小説は読んでいなかったのだが、朝井リョウの世界観に引き込まれた。20代の私にとってリアルで、とても考えさせられる内容だった。

私が経験した就職活動はまさにこの映画に描かれた内容そのものだったと思う。

 

「きちんと勉強して、良い大学に行って、良い企業に行く」

周りの大人たちから刷り込まれてきた価値観。

人生が一本道のように感じられて、そこから外れてしまうことに強い恐怖心を抱く。

 

就活の時期になると一気にメディアが騒ぎ出し、今年の求人倍率の傾向や、人気企業ランキングなどでにぎわう。

大学にもたくさんの企業がやってきて、合同説明会が開始される。

急に大きな波に飲み込まれたような感覚になるが、ここで遅れてしまうと人生の一本道から外れてしまうような気がして必死でついていこうとする。

 

自分は今まで何を頑張ってきて、どんなことに喜びを感じ、これから何をしていきたいのか。

就活期間、何度も問われ続ける。そのために自分を振り返るが、自分しか持っていないものなんてあるはずもなく、急に自分が「何者でもないのだ」という事実に直面する。

「これがやりたい」という強い意志は持っていない。今までの自分も、「できるだけ偏差値の高い学校」を目指し、「できるだけ単位の取りやすい授業」を取り、上手くこなしてきただけだ。だから今回も、「できるだけ有名な企業」に行きたい。

 

これが大半の就活生の気持ちではないだろうか。

私はずばり、そうだった。

やりたいことなんて何も思い浮かばなかった。ただ、就活の時期が来れば就活サイトに登録し、リクルートスーツを買い、大混雑の説明会に足を運び、手あたり次第エントリーし、まあいいか、と思える企業に内定をもらった。

 

しかし大学には、就活に興味を持たない人種というのも稀に存在する。

私の友人にも、舞台俳優を目指して就職活動をしていない子がいた。皆にばかにされていた。私もばかにしていた。

だけど、本当はすごく羨ましかった。当時まだ22歳。まだ人生の希望に満ち溢れていて許される年齢だ。

私が社会から要求された通りに就職してサラリーマンになっていく中、その子はまだ自分の夢を追っていた。彼女は言っていた、「30歳までは自分の好きなことをやりたい。それまでに叶わなかったら諦めようと思う。」

周りから求められる「普通の生き方」に真っ当に反抗していた。そして、とても生き生きしていた。

 

就職活動は、それまで好き勝手に生きていた大学生が、「何者か」になることを選択させられる時期だ。

今まで一本道だった世界に、急にいろいろな選択肢が出現する。

それでも一本道を真っすぐ歩いてきた私たちは、周りに自慢できる場所を選ぼうとする。

 

だけど、社会人になった今考えると、就職活動はゴールでは絶対にない。

それに、いざ社会人になってみると自分の職場を自慢する機会なんてほとんどないのだ。大学4年生の時の虚栄心なんて無駄でしかない。

だからこそ、就職活動で大切なことはただ一つ、深く自分と向き合うこと。些細なことでも、自分がどんなことが好きで何なら頑張れそうなのかをきちんと考え抜くこと。

そして、きちんと自分の意志で進む道を選択していくことなのだと思う。

周りのことは気になってしまうけれど。

 

映画を見逃した方は

ドラマ・映画が見放題1990円が、まさかの0円

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓