錦織圭は2014年「ATPワールドツアー・ファイナル」の出場資格獲得は?

錦織圭 ファイナル ロンドン

錦織圭 ファイナル

出典:barclaysatpworldtourfinals

第5位 錦織圭

 

錦織圭の2014年の最終戦になるかもしれない

ATPワールドツアー・ファイナル。

まだ、ツアー終盤に大会がまだ残されているので

錦織圭の日本人の史上初の出場資格はまだ、決定してはいない。

 

2014年の正式名称は、バークレイズ・ATPワールドツアー・ファイナルが

ATPワールドツアーの年間最終戦となる。

 

ATPワールドツアー・ファイナルはテニス世界ランキングの

ポイント上位、ベスト8位までが基本的に出場可能。

 

最終戦への出場資格はプロテニスプレイヤーにとっては

出場するだけでもたいへん名誉なことで

松岡修造はもとより、日本人は誰も出場経験がない。

錦織圭 ジョコビッチ出典:barclaysatpworldtourfinals

 ランキング1位 ジョコビッチ

 

ATPワールドツアーにのテニス世界ランキングについて調べてみました。

スポンサーリンク


 

11月9日から開催されるATPワールドツアー・ファイナルまでに

10月13日現在、残す大会は下記、6試合である。

 

ATPポイントの獲得ポイントで世界ランキングが決まる。

ATPワールドツアーは大会規模によってポイントが異なる

 

錦織圭 フェデラー出典:barclaysatpworldtourfinals

 第2位 フェデラー

 

グランドスラム(4大大会の、全豪、全仏、全英、全米) 優勝ポイント 2000p

マスターズ 年間9大会 優勝ポイント 1000p

500シリーズ 年間11大会 優勝ポイント 500p

250シリーズ 年間40大会 優勝ポイント 250p

チャレンジャツアー 年間178大会 優勝ポイント 80p〜125p

フューチャーズ 年間534大会 優勝ポイント 18p〜35p

 

錦織圭 ナダル出典:barclaysatpworldtourfinals

第3位 ナダル

 

錦織圭が優勝したマレーシア・オープンは 250p

楽天オープンは 500pで

初戦で敗退した上海マスターズオープンは 1000pである。

 

そして、ATPワールドツアー・ファイナルまでに残された大会は下記、

錦織圭のエントリーしているバレンシア・オープンは 500p

最終戦のバリパ・マスターズは 1000pだ

下記参照



10/13-10/19 イフ・ストックホルム・オープン

(スウェーデン) 250p

 

10/13-10/19 バンク・オーストリア・テニス杯

(オーストリア) 250p

 

10/13-10/19  クレムリン・カップ

(ロシア) 250p

 

10/20-10/26 バレンシア・オープン

(スペイン) 500p 錦織圭エントリー

 

10/20-10/26 スイス・インドア

(スイス) 500p

 

10/27-11/2  BNPパリバ・マスターズ

(フランス) 1000p 全選手エントリー

 

錦織圭 ワウリンカ出典:barclaysatpworldtourfinals

第4位 ワウリンカ

ATPワールドツアー 公式サイトより

獲得ポイント ベスト16位まで

錦織圭 ランキング

出典:barclaysatpworldtourfinals

 

錦織圭 ランキング出典:barclaysatpworldtourfinals

 

上記の表を見ると、現在、4位までの ジョコビッチ、フェデラー、ナダル、ワウリンカまでは

ATPワールドツアー・ファイナルへの出場は確定した。

 

錦織圭は、5位にランクングされているので

ほぼ、出場を確定しているが、他の選手、チリッチ、ベルディフ、ラオニッチ、フェレール、マレー、ディミトロフ

までは、残りの試合で優勝されて、錦織圭がノーポイントに終わった場合、

ATPワールドツアー・ファイナルへの出場は断念される。

錦織圭

出典:barclaysatpworldtourfinals

第6位 チリッチ

 

6位のチリッチはグランドスラム優勝特別規定があるので、

出場はほぼ確定と言っていい。

8枠うち、5枠が決定しているので、残り枠は 3枠のみとなる。

現在、11位のフェレールが最終戦のバリパマスターズで優勝したら1000ポイント獲得敵る。

 

錦織圭は現在、4255ポイント。フェレールの3535ポイントに1000ポイントをプラスしたら

4335ポイントとなり、錦織圭を逆転してしまうのだ。

 

錦織圭 ベルディハ出典:barclaysatpworldtourfinals

第7位 ベルディフ

 

ですから 錦織圭より下位の6位から11位の選手までは

優勝したらATPワールドツアー・ファイナルへ十分参加する出場資格はあるのだ。

 

また、500ポイントを獲得できるバレンシアやスイスの大会に優勝したら

7位のベルディフは錦織圭のポイントを上回る。

 

よほどの事がないかぎりは、錦織圭のATPワールドツアー・ファイナルは

出場資格は確定だと思われる。

 

錦織圭 ラオニッチ出典:barclaysatpworldtourfinals

第8位 ラオニッチ