錦織圭の2015年から使用する最新ラケットがウイルソンから誕生した。

ボールスピードを従来よりも108%スピードUPさせた秘密兵器だ。

 

錦織圭のラケットはフェデラーにあこがれていたので

当初は市販のフェデラーと同じウイルソンラケットを使用していた。

 

ジュニア 全てウイルソンのラケット→

2001年 HYPER HAMMER 63

2002年 HYPER HAMMER 52

2003年 H Tour

2005年 n Tour

2006年 n Tour Pro

2008年 K TOUR

2010年 TOUR BLX

2012年 STeam PRO

2015年 BORN

 

それ以来、錦織圭はウイルソンのラケットを使用しているが

錦織圭が全米オープン後に発注したモデルで

通常、シーズン中には開発にとりかからないそうで

急遽、錦織圭のウイルソンラケット開発協力者の道場滋に依頼

 

錦織圭の秘密兵器が完成 2015年モデル「BURN95」が誕生した。

錦織圭 出典:スマッシュ

 

ウイルソンラケット開発にたずさわった

道場滋によるとフレームの内側のカーボンを

「ハイパフォーマンス・カーボン」という

従来よりも硬いカーボンを採用することで

シナリの少ない、硬いラケットが誕生したとのこと。

 

シナリの少ない硬いラケットは、即、ボールが反発して

今までより早い反応で弾き返すので錦織圭のプレースタイルに

合っている。

 

錦織圭│2015年メンフィスオープンで3連覇を狙う コチラ→

 

ストロークスピードが120キロから130キロへ加速

スポンサーリンク


 

完成した秘密兵器は、今までよりも108%スピードアップして

120キロのストロークスピードが130キロへと加速した。

錦織圭の、よりスピードを求めるラケットに進化したようだ。

 

全米オープンの結果で錦織圭が要求したのは

ラリーが続くと体力的に不利なのでラケットのボールの

反発力を従来より速くすることで

ボールがより速いスピードで飛んでいく事。

 

錦織圭のファーストサービスは最高で198キロくらいで

200キロを超えることはないが

最新秘密兵器「BURN」なら108%スピードアップしたら

213キロへと加速する。

 

錦織圭から要望を受けたウイルソン開発者

道場滋は成し遂げた。

 

ラケットを従来より硬くすることで瞬時に反応する

ラケットに錦織圭に進化させた。

 

欧米のテニス選手が身長180センチ〜185センチと大柄で

パワーがありスピードのあるストロークに対して

錦織圭は身長178センチなので体力差をカバーするために

瞬発力のあるフットワークで対応して

ウイークポイントを感じさせない試合をしてきた。

 

今回、完成した2015年 ウイルソン ラケット BURN95は

錦織圭の神的瞬発力に加えて、108%UPしてスピードボールを弾き返す。

錦織圭全豪オープンロッド・レーバー・アリーナ 出典:yahoo!画像

 

120キロのストロークスピードが130キロに加速したことは

2015年年、4大大会 グランドスラム初戦、全豪オープンへ

グランドスラム初優勝への期待がより高まった。

 

進化する錦織圭がまた見られる。

強力な秘密兵器がウイルソンラケット開発 道場滋からもたらされた。

 

錦織圭│2015年メンフィスオープンで3連覇を狙う コチラ→