シン・ゴジラ 映画 動画 無料【リアルな日本を舞台にしたパニック描写が良かった】

シンゴジラ 映画 無料

 

 

映画を見逃した方は

ドラマ・映画が見放題 1990円が、まさかの0

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

 

「シン・ゴジラ」映画 動画 無料で見る方法

映画『シン・ゴジラ』動画フルが見れるのはU-NEXTとFOD!!

U-NEXTでは、今なら31日間無料・お試しトライアルを実施中!

U-NEXTは、無料の見放題にプラスして

なんと600円相当のポイントが新規登録時にもらえる。

断然、オススメです。(FODプレミアムは100ポイントもらえます)

 

U-NEXTは

怒り、君の名はやシンゴジラのような新作映画はポイント課金制で540円かかってしまうのですが、U-NEXTの新規登録時に600円相当のポイントを無料でいただけるので、1映画分は無料ということは、最初の1ヶ月のトライアル・お試し中で解約すると完全無料でみえちゃうわけです。

>>タダでもらえる600ポイントで 「シン・ゴジラ」映画 動画 を見る

>お試しで31日間、ドラマ見放題、他、サービス使い放題。

 

 

そういう私も試してみました。

無料期間中に登録して、31日以内に解約して、お金は一切かかりませんでした

解約も簡単でした。

U-NEXTの動画配信数は12万種類

映画以外にも国内ドラマや韓国ドラマ、雑誌やアニメなど全部見放題です。

ただ、31日間の無料お試し、トライアルがいつ終わってしまうのかは私でもわからないので

この機会に無料登録しておくことを断然、オススメします。

 

U-NEXTで配信されている映画は、「君の名は」「パーソンインタレスト シーズン5」など他の動画配信サービスではまだ見れない新作を見ることができるので、

チェックしてみてくださいね!!

 

映画を見逃した方は

ドラマ・映画が見放題1990円が、まさかの0円

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓



 

 

「映画 動画 無料」で検索すると必ずといっていいほど出てくる

PandoraTVやFC2やYouTube、dailymotionの違法動画は海外サイトで

ウィルス感染や罪悪感があって、ちょっと嫌な感じがしますよね。

画質も音質も悪いし、広告もいっぱいで思わずクリックしちゃたりして。怖いです。

U-NEXTは、健全な優良動画配信サービスなので安全です。

 

シン・ゴジラ 映画 動画 無料 あらすじ

あらすじ
突然、東京湾の海上で海底火山のような爆発が起きる。その爆発により海底トンネルは崩れ、東京は一時的なパニックに陥る。原因を究明するとそこには謎の巨大生命体が潜んでいる可能性が浮上する。

役人はその説を信じようとしなかったが、その後海底からその生物がその巨大な姿を現す。

その巨大生物に対処するために専門家が集結するが、初めてみる巨大生物には専門家たちも対処の仕様がなかった。

そうこうしているうちに巨大生物が東京湾から陸地へと上陸してしまう。その全貌は爬虫類のような四足歩行の生物で、街を縦横無尽に破壊しながら突き進む巨大生物。巨大生物が破壊した瓦礫に巻き込まれて圧死する人々。政府はどうすることもできなかったが、突然その巨大生物は動きを止める。

死んだのかと思いきや、4足歩行から二足歩行に進化し、立ち上がり海に消えていった。

主人公である内閣官房副長官の矢口は被害を食い止めることができずに対処の仕様がなかったことを絶望していた。そこに現れるアメリカから来た謎の女カヨコ・アン・パタースン。カヨコはかつてその生物が「ゴッジィーラ」と呼ばれ崇められていたことを語る。

日本的に「ゴジラ」と名付けられたその生物に対処するため、自衛隊の軍事力を総結して再来を待ち構える。そして海から現れるゴジラ。ゴジラは以前よりもさらに進化して強くなっていた。

自衛隊は戦車の砲弾、ヘリコプターのミサイルなどで総攻撃を与えるが、一向に怯まないゴジラ。ゴジラの動きは止められず、東京都心にまでゴジラは進行してしまう。

見かねたアメリカ軍が最新鋭の空爆ミサイルをゴジラに向けて発射。見事命中して、ゴジラは血を吹き出しながら苦しむが、まるで復讐するかのように口から炎を吐き出して東京の街と大勢の人間を灰に変える。

口から出る炎はやがて一つにまとまり光線になり、光線は東京の街を木っ端微塵に爆破し、アメリカ軍の戦闘機と逃げ出そうとする日本の政治家達の乗るヘリコプターも破壊してしまう。

都心を焼き尽くしたあと、ゴジラはまたしても動きを止める。
アメリカ軍はゴジラを消滅させるために東京ごと核ミサイルで吹き飛ばすことを提案する。

しかし、放射能に耐性があるゴジラに果たして核ミサイルが効くのかどうかという問題と、東京が吹き飛ばされると日本は中核を失い、以前のような姿は取り戻せなくなるためになんとしても核攻撃は避けたい。日本の総力を掛け、ゴジラを倒すある作戦に出るのだった。

 

 

映画を見逃した方は

ドラマ・映画が見放題1990円が、まさかの0円

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

 

 

シン・ゴジラ 映画 動画 無料 感想

感想
ゴジラ映画といえば、皆さんが知っているようなゴジラはヒーローであり、他の怪獣と戦うといったお気楽な怪獣アクション映画・・・というイメージがなんとなくありますが、1954年の「ゴジラ」第一作目はゴジラ以外の怪獣は登場せず、ゴジラはただただ東京を襲って火の海にするという恐怖に満ちた映画でした。

 

もちろんこれは約10年前の戦争時代の記憶がまだ残っている時代に作られている映画なので、東京が火の海になるというイメージは東京大空襲を元にしていますし、放射能光線を吐き出して人々を焼き尽くすのは広島・長崎への原爆投下のトラウマが強く影響を与えているでしょう。

 

ゴジラはその後、先述のようにある種のヒーロー化、子供向け化していってしまいますが(とはいえそれ以降にも「ゴジラ」が人類の敵になっている映画も多くあります。

 

1984年版「ゴジラ」リメイクや「ゴジラvsメカゴジラ」や「ゴジラ・モスラ・キングギドラ 大怪獣総攻撃」、ローランド・エメリッヒが撮った方のハリウッド版「ゴジラ」など)「シン・ゴジラ」は一作目に原点回帰したような久しぶりのゴジラ単体と人類が戦う純ゴジラ映画なのです

 

(1984年版のリメイク「ゴジラ」も同じ方向性で一作目を作り直しました。この作品は1984年版「ゴジラ」にも強く影響を受けていますし、監督の庵野秀明と樋口真嗣は1984年版「ゴジラ」に特撮として関わっています)。

 

この作品が一作目をなぞっているのは一作目の戦争のトラウマを怪獣映画として戯画化したのと同じように、「シン・ゴジラ」が2011年3月11日に起きた東日本大震災のトラウマを非常にリアルに戯画化している点もあると言えます。

 

とくに4足歩行のゴジラが襲う最初のシーンはテレビでよく流れていた津波によって土砂や瓦礫が流され、人々がそれに巻き込まれていくという様子に非常に似通っています。

 

また、ゴジラの体から放出される放射能による汚染も地震による原発事故を思い起こさせます。

また、映画では中盤以降3・11の災害以上に悲惨な事態になり、東京がゴジラの放射能光線で焼き尽くされ、おそらく何万人もの人々が一瞬にして死んでいるでしょう。

 

それはまるでいずれ現実に訪れるかもしれない核戦争の光景にも見えます。ではなぜ、(おそらく意図的に)このような現実とリンクする、被災者の人や大災害にショックを受けた人が見れば拒否反応を引き起こすような展開をこの映画に入れるのでしょうか。

 

それはこの映画が「日本」に対する希望を描いているからだと思います。このまま、ゴジラが世界を焼き尽くしてしまって終わりならば「何のためにこの映画を作ったんだ」と言われてしまうかもしれませんが、この映画のラストでは日本の総力を上げてゴジラに「対処」します。

 

ミサイルで倒すとか、核爆発で消滅させるといった戦闘ではなく、まるで仕事をするようにある作戦でもって「対処」をするのです。一方アメリカはゴジラを核攻撃で吹き飛ばすことを提案するわけですが、まるでそれと対照的なように日本は軍事ではなく「技術」で勝負をするのです。

 

主人公である内閣官房副長官の矢口がそれを見てこう言います。「日本はまだまだやれる。最後まで諦めず、この国を見捨てずにやろう」東日本大震災のような大災害があったとしても、いずれ起きるかもしれない核戦争があったとしても、地道な「技術」と「団結力」さえあればどうにかなる(かもしれない)という希望が最後には誰もの胸に感動を与えることでしょう。

 

どんな軍事力よりも、政治力よりも、その地道なモノが日本の最大の力であるということを伝えている映画だと私は思います。

 

映画を見逃した方は

ドラマ・映画が見放題1990円が、まさかの0円

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

 

シン・ゴジラ 映画 動画 無料 キャスト・スタッフ

キャスト・スタッフ
主人公である内閣官房副長官である矢口に長谷川博己、アメリカから来た謎の政府関係者の女カヨコ・パタースンに石原さとみ、

 

矢口の友人であり内閣総理大臣補佐官の赤坂に竹野内豊、ゴジラ対策チーム「巨災対」のメンバーに高良健吾、津田寛治、市川実日子、塚本晋也、高橋一生・・・と

 

主要キャストも上げればキリがないほどの豪華なメンツですが、キャメオ出演として前田敦子や斎藤工、ピエール滝、KREVAなどの多数の有名人、俳優が一瞬だけでも出演していて日本映画史上でもとても豪華なキャスティングとなっています。

スタッフで言えば総監督・脚本は庵野秀明、

監督は樋口真嗣と「エヴァンゲリオン」や「ふしぎの海のナディア」を作ったアニメ製作会社ガイナックスのメンバーがこの映画を制作しています。

 

音楽も「エヴァンゲリオン」で知られる鷲巣義明が担当していて(ゴジラが襲来するシーンは伊福部昭の「ゴジラ」一作目の有名なテーマ曲などがそのまま使われています)、

「エヴァンゲリオン」で敵である使徒と呼ばれる怪獣が襲来したときに流れる音楽がそのまま「シン・ゴジラ」でも使われています(ちなみにこの音楽は「エヴァ」のファンであった本広克行が「踊る大捜査線」でもそのまま使っていました)。

 

エピソード
総監督の庵野秀明は元々はエフェクトやメカ専門のアニメーターであったので、この映画のCGエフェクトにも厳しくチェックを入れていたようです。

 

VFXは「白組」と呼ばれる日本のVFXスタジオが制作していますが、爆発のエフェクトを作った「白組」のスタッフに映像のコンマ1コマを抜くように庵野監督が言ったところ、それだけで見事な爆発の映像になったことでスタッフが驚いたと語っていました。

 

 

映画を見逃した方は

ドラマ・映画が見放題1990円が、まさかの0円

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓