2001年に男子のシンクロナイズドスイミングの話を

映画化したのがウォーターボーイズ。

その映画のモデルは埼玉県立川越高校の

水泳部の実際にあった話。

 

映画の主演は妻夫木聡、玉木宏の

若手俳優が見事なパファーマンスを見せて

シンクロナイズドスイミングの日本女子が強かった頃に

男子もやってる。面白いということで大ヒットした映画。

 

妻夫木聡らと一緒になって映画に

安藤役で登場していたのが安部篤史だ。

安部篤史は、映画ウォーターボーイズがきっかけで

シンクロナイズドスイミングを始めた。

 

3歳から水泳を始めて

埼玉栄高等学校で200メートル平泳ぎと

400メートル個人メドレーの競泳選手だった。

 

国際水連主催ではないけれど

2009年、2011年と男子シンクロ世界選手権大会

「メンズ・カップ」ソロで連覇している。

 

安部篤史の現在は「トゥリトネス」というシンクロショーの看板パファーマー

安部篤史出典:中日スポーツ

水泳やシンクロの教室を展開している。

 

2015年7月の世界水泳選手権(ロシア)にて

初の正式種目として、男女が組むシンクロナイズドスイミングの

混合デュエット競技が採用される。

 

最初の日本代表として男子は安部篤史に決定した。

スポンサーリンク


安部篤史は身長171センチ 1982生まれ 東京都出身 32歳

手先、足先まで神経を行き届かせ、

水面で演技する足さばきは女子以上に美しいかもしれないほど。

 

代表選考会では8人のジャッジ全員が1位と圧勝だった。

 

混合デュエットなのでもうひとり、女子でペアを組むのが

国士舘大学シンクロナイズドスイミング部監督の足立夢実

安部篤史

出典:中日スポーツ

 

足立夢実は 1989年生まれの26歳、浦和市出身 身長159センチ

2009年の日本選手権 シンクロナイズドスイミング ソロで優勝

2009年 世界水泳でのシンクロでは5位

 

2012年 ロンドンオリンピックでのシンクロ団体で5位

デュエットで5位の実力者

2013年の世界水泳後には引退して2014年に国士舘大学監督に就任した。

 

監督就任後の2014年11月に世界水泳で

男女混合デュエットが新種目として実施されることが決まり

監督を続けながら現役復帰を決断して練習を再開。

 

見事、2015年2月15日の世界水泳ロシア選手権大会

シンクロ混合デュエット代表選考会にて

女子で優勝して代表確定だ。

 

本格的に練習してわずか1ヶ月あまりで女子代表を

足立夢実は決定させた。

 

スポーツコメンテーターで元シンクロナイズドスイミング選手

小谷実可子によると、二人が混合デュエットで組んだ世界での実力

2015年7月の世界水泳で、メダルを獲得する可能性は極めて高いそうだ。

 

世界水泳シンクロナイズドスイミングで期待できるペアの誕生だ。

新種目の混合デュエットで日本へメダルを持ってきてほしい。