Grand Prix of Figure Skating Final junior

樋口新葉

樋口新葉の動画はISU公式YouTubeで順次UPされますコチラ→



ISU 2014 Jr Grand Prix Dresden Ladies Short Program Wakaba HIGUCHI JPN

 

ISU公式ライブ動画はコチラ 


アクセスしたら左のメニュー Playlists から選んでね。

樋口新葉

 

 

フリー 12月12日(金)22時30分〜

フリー滑走順

第1滑走 中塩 美悠 日本 144.44p

第2滑走 樋口新葉  日本 178.09p

第3滑走 マリア・ソツコワ ロシア 175.99p

第4滑走 永井 優香 日本 172.34p

第5滑走 セラフィマ・サハノヴィッチ ロシア 186.01p

第6滑走 エフゲニア・メドベデワ  ロシア 190.89p

※滑走時間は ISU Grand Prix of Figure Skating Final 2014公式サイト参照→

女子ショート・プログラム 結果

クリックで拡大表示

樋口新葉

第1滑走 中塩 美悠 日本 51.74

第2滑走 永井 優香 日本 62.99

第3滑走 マリア・ソツコワ ロシア 62.28

第4滑走 樋口新葉  日本 60.37

第5滑走 エフゲニア・メドベデワ  ロシア 67.09

第6滑走 セラフィマ・サハノヴィッチ ロシア 66.05

 

フィギアスケートグランプリ・ファイナル ジュニア 日程

種目 開催 日本時間
女子JR ショート 12/11 14:00〜 12/11(木) 22:00〜
男子JR ショート 16:20〜 12/12(金) 00:20〜
女子JR フリー 12/12 14:30〜 22:30〜
男子JR フリー 17:00〜 12/13(土) 01:00〜

 

フィギアスケートグランプリ・ファイナルジュニア

女子の出場選手をチェック

 

セラフィマ・サハノヴィッチ 14歳 ロシア

エフゲニア・メドベデワ 15歳 ロシア

マリア・ソツコワ 14歳 ロシア

樋口新葉 13歳 日本

中塩 美悠 18歳 日本

永井 優香 16歳 日本

フィギアスケートグランプリ・ファイナルの滑走順ですが

シニアはグランプリシリーズでの獲得ポイント順の

低い選手から滑走しますが

 

ジュニアのショート・プログラムは、ドロー(抽選)で決まります。

 

フィギアスケートグランプリ・ファイナルジュニア

女子は日本 vs ロシア となっています。

それにしてもロシアの層の強いこと。

 

シニアもロシアの勢いに圧倒されていますがジュニアまでロシアが圧倒的に強いです。

クリックで拡大表示

樋口新葉出典:ウィキペディア

 

グランプリ・ファイナル ジュニアの成績では

日本女子は2009年の村上佳菜子の優勝から

メダルの獲得はありません。

 

シニアが苦戦しているのは、ジュニアの成長がなかったからです。

しかし、今年、2014年はグランプリファイナルジュニア女子には

なんと、3人も日本人女子が出場を決めています。

 

これは今までにない快挙です。

ここで、ロシア選手に勝利て、優勝を勝ち取って欲しいですね。

 

その優勝候補の一番手が樋口新葉です。

調子も絶好調だと思われます。

 

残念ながら地上波テレビ放送、BS朝日のテレビ放送の予定はありません。

スポンサーリンク


 

グランプリ・ファイナル ジュニア女子 バルセロナ大会終了後

12月26日からの全日本選手権には年齢的に出場できないのが残念です。

 

樋口新葉は11月23、24で開催された

全日本ジュニア選手権でも優勝していて

日本国内のジュニアでは負け知らず

全日本ジュニア選手権でも

2位に20点差以上の差でぶっちぎりで優勝しています。

 樋口新葉出典:yahoo!画像

 

グランプリ・ファイナル ジュニア女子 バルセロナ大会で優勝して

1015年の世界ジュニア選手権で優勝して

浅田真央に続く道を歩んで欲しい逸材です。

 

昨年、全日本ジュニアで優勝したのが

グランプリ・ファイナルでの出場が決まった本郷理華です。

全日本ジュニアで優勝した選手は翌年には

大きく飛躍します。

 

グランプリ・ファイナル ジュニア女子のロシア勢

セラフィマ・サハノヴィッチ 14歳 と エフゲニア・メドベデワ 15歳

両名ともにグランプリシリーズは2回の優勝で30ポイント

マリア・ソツコワ 14歳 と 樋口新葉 13歳 は

1度の優勝と2位が1回で 両名ともに 28ポイント。

 

セラフィマ・サハノヴィッチは可愛のに強くて2回の優勝スコアの合計が365.65と、安定しています。

樋口新葉セラフィマ・サハノヴィッチ 出典:yahoo!画像

 

出場選手 パーソナルベスト
ショート フリー トータル
サハノヴィッチ 66.58 125.38 191.96
メドベデワ 63.72 118.43 179.96
樋口新葉 58.99 117.15 176.14
ソツコワ 61.29 115.46 176.75
中塩 美悠 58.92 108.7 164.42
永井 優香 52.51 108.83 160.64
サハノヴィッチは、頭一個分、他の選手よりも抜け出していますが

樋口新葉とサハノヴィッチは1歳しか年齢差がありません。

 

樋口新葉の今後、将来にわたってライバルになることでしょう。

サハノヴィッチはヤバイくらい可愛いです。人気も爆発しそうです。

 

グランプリ・ファイナルジュニアで負けたとしても

2015年の世界ジュニア選手権で優勝してもらいたいものです。