羽生結弦【2015スケートカナダ】

オータムクラシック

フリースケーティング

2015年10月16(金)日本時間 朝9時25分〜

羽生結弦のショートプログラムは

2015スケートカナダの記録は

断トツで1位 格の違いを魅せつけた。

 

1 羽生結弦    JPN 93.14

2 ナム・グエン    CAN 86.53

3 ベネットトマン    CAN 64.95

4 ラビット    米国 64.75

5 ジョンソン    米国 63.27

 

羽生結弦の2015スケートカナダ SPの動画はコチラ→

宇野昌磨【脅威の4回転2回】フィギアスケートグランプリ・アメリカ

 

2015スケートカナダのフリースケーティングは

さらに気になるところだ。

 

フリースケーティングの滑走時間は

日本時間 10月16(金)朝9次25分からになる

 

羽生結弦の最後の決めのポーズが変わった。動画でチェックしてみよう

 

テレビドラマを見逃した方はコチラ

ドラマ・映画が見放題888円が、まさかの0円

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

無料でお試しで動画をいますぐ視聴する▶

[AD]  

 

演技結果

1 羽生結弦  JPN 277.19
2 ナム・グエン CAN 241.10
3 ラビット  米国 201.70
4 ジョンソン 米国 196.32

 

ショートプログラムで2015年シーズンも

上々のスタートダッシュの羽生結弦。

 

ライバル不在の独走の予感がするが

完璧なフリースケーティングにも期待だ。

 

そして2015年シーズンは

世界最高得点にも期待がかかる。

羽生結弦 オータムクラシック 2015 ショートプログラム 動画


 

 

羽生結弦フリースケーティング演技 動画


 

 

これまでの世界最高得点

パトリック・チャン

トータルスコア 295.27

ショートプログラム 98.52

フリースケーティング 196.75

 

 

羽生結弦選手やフィギアスケートの記事は

新しいサイトにて変わりました。

コチラ→フィギュアスケート動画&ライブ速報

 

 

宇野昌磨【脅威の4回転2回】フィギアスケートグランプリ・アメリカ