2015年3月の世界選手権代表が決定

羽生結弦

小塚崇彦

無良崇人

宮原知子

本郷理華

村上佳菜子

 

フィギュアスケート男子の町田樹(関西大)が28日、全日本選手権(長野・ビッグハット)の世界選手権の代表発表の場で、今大会をもって現役を退くことを 発表し、世界選手権の代表を辞退した。あいさつに立った町田は、突如引退を表明。今後は早稲田大大学院に進学し、研究者を目指すと語った。※引用 yahoo!ニュース

フィギアスケート全日本選手権
男子 フリー 【リアルタイム速報】

2015年3月の世界選手権は、羽生結弦とその他、
2人は誰が選ばれるのか?

宇野昌磨を選んで欲しいが
宇野昌磨は世界選手権ジュニアに選出されるかもしれない。

世界選手権の代表は羽生以外の男女の代表は
明日28日の全競技終了後の発表だ。

 

羽生結弦

4回転サルコウは転倒したが、続く4回転トウループ、トリプルフリップはきれいな着氷。直後のスピンではバランスを崩し乱 れる。後半、トリプルルッツ+ダブルトウループをきれいに着氷。トリプルアクセル+トリプルトウループも危なげなく決め、トリプルアクセルからトリプルサ ルコウの3連続もきれいに着氷。トリプルループに続いて、最後のトリプルルッツもきれいに決めた。序盤のミスを引きずらず、その後の要素をきっちりとやり 切った。場内はスタンディングオベーションに包まれ、たくさんのバナーが振られている。

宇野昌磨(中京大中京高)

冒頭、スピードに乗って4回転トウループを着氷すると、続くトリプルアクセルもこらえる。イーグルから入る2つ目のトリプルア クセルもきれいに着氷し、ダブルトウループにつなげた。情感たっぷりのステップから、演技後半へ。ダブルアクセルからトリプルフリップの3連続をきれいに 着氷し、トリプルサルコウもこらえる。トリプルループ、トリプルルッツも慎重に降りた。終盤、トリプルフリップの着氷がつまり、コンビネーションのトリプ ルトウループが回転不足気味に乱れた。表彰台が見える位置から緊張感のある第1滑走だったが、序盤の大技を決め、ミスを最小限に抑えて滑り切った。演技後 は疲れとやり切った気持ちが入り乱れたような表情。

山本草太(邦和スポーツランド)

冒頭のトリプルアクセルは転倒。続くトリプルルッツ+トリプルトウループはきれいに着氷、トリプルフリップ+ダブルトウループ はセカンドジャンプで両手を挙げる。後半、ダブルアクセルからトリプルサルコウの3連続、トリプルループ、トリプルルッツ、トリプルフリップと立て続けに ジャンプを決め、手拍子に後押しされてステップへ。終盤のダブルアクセルでは着氷が乱れたが、シニア用の要素のコレオシークエンスではスピードに乗って イーグルなどを見せた。6分間練習の終盤では連続してトリプルアクセルを降りていたが、本番ではまたも決まらず。しかしその後は演技をまとめ、観客からは 大きな声援が送られた。

スポンサーリンク


フリーのパーソナルベスト 確認はコチラ→

1位 羽生結弦 286.86
2位 宇野昌磨 251.28
3位 小塚崇彦 245.68

4位 町田樹 242.61
5位 山本草太 206.80
6位 無良崇人 236.40
7位 村上大介 202.08
8位 田中刑事 187.43
9位 日野龍樹 181.33
10位 佐藤洸彬 174.42
11位 宮田大地 172.79
12位 中村優 170.01
13位 坪井遥司 167.10
14位 鈴木潤 166.17
15位 木村真人 162.33
16位 吉野晃平 158.60
17位 磯崎大介 158.05
18位 友野一希 151.35
19位 湯浅諒一 151.19
20位 野添紘介 150.00
21位 服部瑛貴 149.32
22位 中村智 128.40
23位 小沼祐太 127.98
24位 笹原景一朗 123.89

 

宇野昌磨は 最終グループ 19番滑走

4T/3A/3A+2T/CSSp/StSq/2A+1Lo+3F/3S/3Lo/3Lz/FCSp/3F+3T/ChSq/CCoSp

 

羽生結弦は 最終グループ 21番滑走

4S/4T/3F/StSq/CCoSp/3Lz+2T/3A+3T/3A+1Lo+3S/3Lo/3Lz/ChSq/FCSSp/CCoSp

 

【リアルタイム速報はコチラ】

↓↓↓↓↓↓↓

フィギアスケート全日本選手権 男子フリー 

※yahoo!sports


フリーのスケジュールは

12月27日 (土) 19:10 〜  男子 フリー

テレビ放送 18:30〜23:10

(最初は女子ショート・プログラムあり)

男子フリーは滑走時間から考えると

生放送かもしれません。

フリーの滑走順は抽選の結果

宇野昌磨は 19番滑走

羽生結弦は 21番滑走

 

ショート・プログラムの結果詳細はこちら→

■第1グループ 19:17~
1:服部瑛貴
2:中村智
3:野添紘介
4:笹原景一朗
5:湯浅諒一
6:友野一希

■第2グループ 20:10~
7:木村真人
8:吉野晃平
9:小沼祐太
10:鈴木潤
11:坪井遥司
12:磯崎大介

■第3グループ 21:18~
13:中村優
14:田中刑事
15:宮田大地
16:佐藤洸彬
17:日野龍樹
18:山本草太

■最終グループ 22:11~
19:宇野昌磨
20:無良崇人
21:羽生結弦
22:小塚崇彦
23:町田樹
24:村上大介

フィギアスケート全日本選手権 男子ショート・プログラムの結果が記事が

中日スポーツで大きく紹介されています。

 宇野昌磨出典:中日スポーツ

 

地元、名古屋の中京大学付属中京高校の17歳、宇野昌磨選手が

フィギアスケートを本格的に実践するようになったきっかけは、

宇野昌磨がスケートを始めたばかりの5歳の時に、

名古屋市中区大須にある名古屋スポーツセンター

 

(地元では大須スケートリンクの呼び名のほうが親しみがある)

名古屋っ子が一度は訪問してスケートを体験するお気軽スケートリンク。

 

名古屋スポーツセンターで宇野昌磨が5歳の時、

中学生だった浅田真央に「一緒に滑ろうよ」と、

言われたのが本格的にスケートを始めたきっかけ

 

名古屋市東区にある富士中学の頃に羽生結弦に続く

全国中学スケート大会に3連覇したのだが

中学時代は足は遅くて運動神経も悪くて照れ屋だと

自認していた宇野昌磨。

 

ちなみに2014年の全国中学スケートの優勝は

名古屋市立東港中学の山本草太である。

 

羽生結弦が宇野昌磨と同じ17歳で出場した

フィギアスケート全日本選手権ではショート・プログラムで4位

総合で3位だった。

 

宇野昌磨はフィギアスケート全日本選手権は昨年は総合で7位だったが

今回はショート・プログラムで17歳の羽生結弦の4位を上回る

3位スタート。それでも宇野昌磨自身は

満足出来る演技ではなかったらしいのでフリーでは一層、期待がかかる。

 

中日スポーツの記事で宇野昌磨よりも小さい扱いだったのが羽生結弦の記事

羽生結弦出典:中日スポーツ

 もはや、羽生結弦を超える選手は出たこないと思われるほど

完成された選手、羽生結弦。

 

細くて足も手も長くて顔が小さくて

男性が見ても女性フィギアスケート選手よりも女声らしく美しい滑走をする。

少しのジャンプのミスでは大きく点数が下がらない。

 

日本選手No.2の町田樹が完璧な演技、全身全霊をかけて滑走しても

羽生結弦の演技には及ばない。

羽生結弦のフィギアスケート全日本選手権の3連覇は確実で

2015年3月の世界選手権代表も決定だろう。

 

まだ20歳の羽生結弦は精神的にも技術的にも表現的にも

他の選手の追随をゆるさない圧倒的な存在感と力を持っている。

 

男子のフィギアスケートで感じる力強く滑るのではなく

美しく可憐に難なく滑走するのが羽生結弦の凄いところ。

 

フィギアスケート全日本選手権ショート・プログラムでの

羽生結弦と宇野昌磨の点差を検証すると

 

羽生結弦と宇野昌磨 差がない【演技構成】

宇野昌磨の演技構成は、48.68

羽生結弦の演技構成は、48.76

わずか0.1の差しか開いていない。

 

宇野昌磨が羽生結弦と大きく異なるのは、【芸術要素】

宇野昌磨の芸術要素は、36.85

羽生結弦の芸術要素は、45.60

8.15の差が大きい

 

トータルのショート・プログラムでの得点で

宇野昌磨が、sp 85.53

羽生結弦が、sp 94.36

 

羽生結弦が経験した震災の苦難の経験値が

芸術要素にも反映されてきていると思われるが

宇野昌磨はまだ、17歳で芸術要素を強化しろというのが

酷かもしれないけれど、

羽生結弦のことや、宇野昌磨が大好きな高橋大輔の経験した

過去の経験を理解して成長してほしいものです。

 

芸術要素を磨いていけば

難攻不落の羽生結弦を宇野昌磨はライバルとして

存在感を出すことが可能だ。