リアルタイム速報

なんと!優勝は 宮原知子  195.60

宮原は世界選手権出場が確定です。

残りの2人は 本郷理華と3位に入った永井優香でしょうか?

樋口新葉は年齢が13歳で世界選手権には出れません。

世界選手権ジュニアがあります。

フィギュアスケート:全日本選手権・女子FS

12月28日(日) 滑走 15:50〜

テレビ放送 19:00〜21:09


宮原知子

曲は「ミス・サイゴン」。まずはトリプルルッツ+ダブルトウループ+ダブルループの3連続ジャンプから。トリプルフリップ、トリプルループと続けて 着氷。後半、単独のトリプルルッツを降り、ダブルアクセル+トリプルトウループも着氷。トリプルサルコウも落ち着いて着氷する。残り20秒から、ダブルア クセル+トリプルトウループもしっかりと降りた。グランプリシリーズから、後半にセカンドジャンプの3回転を2つ配置する構成に難度を上げ、乱れることな く滑り切った。場内はスタンディングオベーション。※引用:yahoo!スポーツ

 

樋口新葉

曲はガーシュインの「ピアノ協奏曲へ調」。はじめのルッツがシングルに抜けたが、続くトリプルループ、トリプルサルコウはきれいな着氷。演技後半、 ダブルアクセル+トリプルトウループは高さと飛距離を出して着氷。2つ目のルッツは着氷でこらえてオーバーターンになったが、そこからトリプルトウループ になんとかつなげる。終盤のトリプルフリップ、ダブルアクセルからの3連続はきっちりと着氷。大会最年少ながら初めての全日本出場、表彰台が狙える位置か らの演技にやや硬さがあったか。コンビネーションを後半にリカバリーする強気の姿勢も見せたが、演技後は悔しそうな表情を見せた。※引用:yahoo!スポーツ

 

本郷理華

曲は「カルメン」。トリプルフリップ+トリプルトウループはややこらえ気味だが着氷、続くトリプルルッツ、トリプルループもしっかりと着氷。中盤の ステップでは観客が手拍子で後押しする。後半、トリプルサルコウ、ダブルアクセルからトリプルサルコウの3連続も落ち着いて降りた。トリプルフリップ、ダ ブルアクセルと両手を挙げたダブルトウループのコンビネーションも着氷。緊張からか、やや慎重にも見えたが、落ち着いて力強く最後まで滑り切り、両手で ガッツポーズ。場内はスタンディングオベーションに包まれた。※引用:yahoo!スポーツ

 

村上佳菜子

曲は「オペラ座の怪人」。冒頭、トウループの3回転+3回転は飛距離のあるジャンプで着氷。続くダブルアクセルもしっかりと降りる。中盤のステップ では力強い演技。後半、トリプルループは着氷でこらえられず手をつく。トリプルフリップはこらえたが、ダブルトウループにつなげた。続く単独のフリップは タイミングが合わずシングルに。終盤のトリプルサルコウ+ダブルトウループ+ダブルループの3連続は着氷し、最後のダブルアクセルも決めた。思わぬ出遅れ からの巻き返しを狙ったフリーだったが、クリーンに滑り切れず、フィニッシュでは険しい表情を浮かべた。※引用:yahoo!スポーツ

スポンサーリンク

樋口新葉は逆転優勝の可能性大です。

最終グループ 18時42分〜

19番滑走  本郷理華(愛知みずほ大瑞穂高)

パーソナルベスト 178.00

 

20番滑走 樋口新葉(日本橋女学館)

パーソナルベスト 178.09

 

なんと!優勝は

1位 宮原知子  195.60
2位 本郷理華 188.63
3位 樋口新葉 181.82

4位 永井優香 168.55
5位 村上佳菜子 168.29
6位 坂本花織 167.46
7位 加藤利緒菜 165.53
8位 木原万莉子 163.58
9位 三原舞依 158.81
10位 中塩美悠 158.43
11位 今井遥 158.03
12位 大庭雅 156.35
13位 新田谷凛 150.59
14位 西野友毬 147.48
15位 松田悠良 145.05
16位 上野沙耶 140.69
17位 細田采花 139.74
18位 鈴木春奈 137.66
19位 石川翔子 134.99
20位 松嶋那奈 130.61
21位 森衣吹 129.78
22位 河野有香 121.89
23位 小槙香穂 116.35
24位 友滝佳子 110.84

 

■第1グループ 15:57~

1:河野有香(中京大)
2:小槙香穂(就実学園)
3:森衣吹(中京大中京高)
4:友滝佳子(倉敷芸術科学大)
5:細田采花(関西大)
6:石川翔子(ムサシノFSクラブ)

■第2グループ 16:47~

7:松田悠良(中京大中京高)
8:松嶋那奈(早稲田大)
9:大庭雅(中京大)
10:三原舞依(神戸PFSC)
11:鈴木春奈(日体荏原高スケート部)
12:上野沙耶(関西大)

■第3グループ 17:52~

13:西野友毬(明治大)
14:坂本花織(神戸FSC)
15:今井遥(新潟県連)
16:村上佳菜子(中京大)
17:木原万莉子(京都醍醐FSC)
18:新田谷凛(愛知みずほ大瑞穂高)

■最終グループ 18:42~

19:本郷理華(愛知みずほ大瑞穂高)
20:樋口新葉(日本橋女学館)
21:永井優香(駒場学園高)
22:中塩美悠(広島スケートクラブ)
23:加藤利緒菜(長尾谷高)
24:宮原知子(関西大中・高スケート部)

 

【リアルタイム速報はコチラ】

↓↓↓↓↓↓↓

フィギアスケート全日本選手権 女子フリー

※yahoo!sports 


本郷理華

曲は「海賊」。トウループの3回転+3回転をしっかりと着氷。後半のトリプルフリップもスピードに乗って着氷し、続くダブルアクセルも決めた。ステッ プでは場内が大きな手拍子で後押し。今季安定しているSPを今回もミスなくまとめ、フィニッシュでは両手でガッツポーズ。最終滑走で場内を盛り上げた。

SP得点は66.60点。参考記録ながら自己ベストを大幅に上回る得点でトップに立った。

宮原知子

冒頭、トリプルルッツ+トリプルトウループを落ち着いて着氷。後半、単独のトリプルフリップはやや踏ん張ったが着氷し、ダブルアクセルも降りた。すべての要素をきっちりとこなし、軽やかな表現でクリーンに滑り切った。

樋口新葉

曲は「愛しみのチャルダッシュ」。冒頭、ダブルアクセルを余裕を持って決め、
続くトリプルルッツ+トリプルトウループも着氷する。後半、ステップからのトリプルフリップをきれいに降りると場内から歓声が上がり、手拍子で後押し。速いテンポに合わせて軽快な演技を見せ、フィニッシュと同時に両手でガッツポーズ。きょう一番のスタンディングオベーションが起こった。

 

樋口新葉の得点は、ファイナルジュニアの60.37を上回る得点

ロシアのラジオノワがグランプリ・ファイナルで出した

ショート・プログラム 63.89 よりも良い得点だ。

樋口新葉は、フリーで十分、本郷理華を捉えることのできる
得点だ。

以下、フリー進出選手

1位 本郷理華 66.60
2位 宮原知子 64.48
3位 樋口新葉 64.35

4位 中塩美悠 60.07
5位 加藤利緒菜 58.10
6位 永井優香 58.00
7位 坂本花織 57.81
8位 木原万莉子 57.57
9位 村上佳菜子 57.55
10位 今井遥 56.95
11位 西野友毬 55.65
12位 新田谷凛 54.69
13位 三原舞依 53.23
14位 鈴木春奈 52.83
15位 松田悠良 52.07
16位 上野沙耶 51.81
17位 松嶋那奈 51.47
18位 大庭雅 51.21
19位 小槙香穂 46.73
20位 細田采花 46.17
21位 森衣吹 46.05
22位 石川翔子 44.98
23位 友滝佳子 43.27
24位 河野有香 43.23

 

日程

12月27日(土) 15:00〜 女子 ショート・プログラム

テレビ放送 18:30〜23:10(男子フリーも放送)

12月28日(日)  15:50〜 女子 フリー

テレビ放送 19:00〜21:09

 

放送時間が実際の滑走時間とズレているので

生放送ではなく録画放送部分も多いと思われます。

 

18:樋口新葉(日本橋女学館)

2A/3F+3T/FCSp/CCoSp/3Lz/LSp/StSq

 

23:村上佳菜子(中京大)

3T+3T/3F/FSSp/CCoSp/2A/StSq/LSp

 

25:宮原知子(関西大中・高スケート部)

3Lz+3T/CCoSp/FCSp/3F/2A/StSq/LSp

 

30:本郷理華(愛知みずほ大瑞穂高)

3T+3T/LSp/FCSp/3F/2A/StSq/CCoSp

 

ショート・プログラム 滑走順 抽選結果

樋口新葉は、第3グループ18番滑走、

本郷理華は第5グループ 最終、30番滑走

1 上  野  沙  耶 関西大学
2 永  井  優  香 駒場学園高校
3 細  田  采  花 関西大学
4 松  嶋  那  奈 早稲田大学
5 河  野  有  香 中京大学
6 十  倉  日  和 京都アクアリーナSC
7 友  滝  佳  子 倉敷芸術科学大学
8 小  槙  香  穂 就実学園
9 中  塩  美  悠 広島スケートクラブ
10 磯  邉  ひな乃 立命館宇治高校
11 松  田  悠  良 中京大中京高校
12 三  原  舞  依 神戸PFSC
13 坂  本  花  織 神戸FSC
14 新田谷      凛 愛知みずほ大瑞穂高校
15 森      衣  吹 中京大中京高校
16 武  井  美由季 関西学院大学
17 山  田  さくら アクアピアスケーティングC
18 樋  口  新  葉 日本橋女学館
19 今  井      遥 新潟県連
20 大  庭      雅 中京大学
21 加  藤  利緒菜 長尾谷高校
22 渡  辺  真  央 中京大学
23 村  上  佳菜子 中京大学
24 木  原  万莉子 京都醍醐FSC
25 宮  原  知  子 関西大学中・高スケート部
26 石  川  翔  子 ムサシノFSクラブ
27 高  橋  美  葉 札幌大学
28 西  野  友  毬 明治大学
29 鈴  木  春  奈 日体荏原高スケート部
30 本  郷  理  華 愛知みずほ大瑞穂高校
jsfresults.com/National/2014-2015公式サイトより引用

 

フィギアスケートスケート全日本選手権・女子では

優勝候補筆頭はグランプリ・ファイナルに出場した本郷理華?

 本郷理華出典:yahoo!画像

 

本郷理華も伸び盛りで経験も積んで、ファイナル前の

名古屋での大会で村上佳菜子に勝利して優勝しているので

誰もが優勝候補に押すでしょう。

 

しかし、本郷理華の場合、完璧に演技できたとしても

村上佳菜子が完璧に演技できた時には

負けてしまうかもしれません。

 

村上佳菜子は期待されながら精神的に弱いのか

デジャブ状態なのか

 

村上佳菜子は本番になるとミスを連発してしまいます。

ジャンプ力等、総合的に本郷理華よりも上でしょう。

 

パーソナルベストでは

村上佳菜子は世界15位の196.91pです

本郷理華は世界34位の178p

 

村上佳菜子がミスしなければ本郷理華には勝利します。

 

それではグランプリ・ファイナル ジュニア女子で

第4位になった樋口新葉はどうでしょうか?

 

浅田真央に続く期待の新星で話題になり

テレビでも取り上げられています。

 

樋口新葉のパーソナルベストは

グランプリ・ファイナルジュニアで

演技した世界33位の178.09pです。

 

そうなんです。本郷理華のパーソナルベストよりも

樋口新葉のパーソナルベストの方がポイントが高い。

 

本郷理華も伸び盛りで安定もしていますが

もっと安定感があり伸びているのが13歳の樋口新葉なのです。

樋口新葉出典:yahoo!画像

 

樋口新葉のグランプリ・ファイナル ジュニアの

ショート・プログラムの点数が伸びずに

3位に終わってしまいましたが

それ以上のポイントを獲得できる余力があります。

 

本人もショート・プログラムのできに不満があったようです。

 

フィギアスケート全日本選手権

女子の優勝を予想するなら

 

本命は村上佳菜子

昨年も出場して安定感で本郷理華と宮原知子

やってくれちゃいそなのが、

初出場の樋口新葉でしょうか。

 

浅田真央が全日本選手に14歳で初出場して

準優勝・銀メダルを獲得して世間は大騒ぎ。

 

グランプリ・ファイナルジュニア

世界ジュニア、全日本ジュニアの

すべてのジュニア選手権に優勝して

シニアの全日本選手権で準優勝。

 

樋口新葉も14歳になったばかりなので十分期待できます。

 

浅田真央は全日本選手権では15歳でも準優勝

3回めの出場の16歳で優勝して4連覇します。

偉大でした。

 

◇世界選手権男子、女子代表選考方法

▽1人目=日本選手権大会 優勝者を選出

▽2人目=日本選手権大会 2~3位、日本選手権大会

優勝者以外のGPファイナル上位2人から選考

▽3人目=2人目から漏れた選手、日本選手権大会4~6位、

日本選手権大会終了時の世界ランキングや今季最高得点の上位3人から選考