宝塚歌劇団の月組トップ男役の龍真咲が

名古屋の中日劇場の舞台「風と共に去りぬ」で

なんと女役、主人公の女性スカーレット・オハラを演じている。

 

龍真咲が名古屋中日劇場に登場するのは初めて。

そして宝塚歌劇団101年目の新たなスタートの時を

龍真咲は名古屋で宝塚歌劇団代表作「風と共に去りぬ」を演じている。

 龍真咲出典:中日スポーツ

 

「風と共に去りぬ」はマーガレット・ミッチェルの名作を

ミュージカル化した作品です。

アメリカの南北戦争を背景に、無頼漢のレットバトラーと

南部女性スカーレット・オハラの情熱的な恋を描いています。

 

宝塚歌劇団の関連記事はコチラ→

龍真咲の記事はコチラ→

 

アメリカでは映画「風と共に去りぬ」は

好きな映画ベストの常にランキングする名作。

小説でも有名な作品なので、ストーリーを知っている方は多いはずです。

 

1977年の初演以来、宝塚歌劇団での代表作の一つとして

再演を重ねて公演回数1341回、

観客動員数300万人(2014年10月現在)のお化け作品。

 

龍真咲が子供の頃、母親と妹と3人で初めて宝塚歌劇を観劇した作品が

トップスター天海祐希が主演していた「風と共に去りぬ」

 

龍真咲はストーリーは子供だったのでわからなかったそうだが

豪華な衣装、セット、生演奏とオーケストラ、華麗なフィナーレに

一瞬にして魅了されたそうだ。

 

観劇を観た帰りの電車の中で「宝塚に入りたい」と夢心地の中で考えていたそうだ。

スポンサーリンク


そう、「風と共に去りぬ」は龍真咲にとって

宝塚歌劇団に入団するきっかけになった思い出の作品なのです。

 

2014年1月に大阪・梅田芸術劇場で演じた「風と共に去りぬ」の

スカーレット・オハラ。

 

トップ男役スターが女役を演じるのは

20年前の雪組トップだった一路真輝 以来の珍事といっていいほど。

 

龍真咲は「初めて観た時からレットバトラーよりも

スカーレット・オハラの偉大さに

感銘を受け、本当にやりたかった。夢が一つかないました」

 

龍真咲はずっと男役を演じてきたが、女役を演じるのにはまったく抵抗はないとのこと。

 龍真咲出典:日刊スポーツ

 

「スカーレット・オハラは生命力あふれる女性。

男役が演じることで、そんな力強い彼女の魅力を

引き出すことができます」

 

「だからといって、ただ勝ち気な人物をつくるだけではありません」

と、龍真咲がつくるスカーレット・オハラに思いを巡らせたそうだ。

 

男役は轟悠。安心感と包容力がある轟悠に

龍真咲は絶対の信頼感をおいている。

 

宝塚歌劇団公演は3月2日まであるが、この時期の名古屋はとっても寒い。

一年の中で一番、寒い。

情熱的な公演で寒さを吹き飛ばしてもらいたい。

 

月組トップ男役の龍真咲は男から見てもハンサムでカッコイイ。

綺麗な顔つきは女役を演じても、美しい。

 

宝塚歌劇団の団員を見て、

男役も女役もできてしまうと複雑な気分になってしまう。

 

男から見ても不思議な魅力でなんて表現したらいいのだろう。

名古屋人にとって、中日劇場の宝塚歌劇団公演は最大のチャンス!

 

中日劇場で観劇するのはチケット入手が難しいので

入り待ちか出待ちで、中日ビルの西口エレベーター前に

一緒にならんでチェックするのもいいかもしれない。

中日ビルでは想像いているよりも並んでいるひとは少ない。

 

龍真咲以降は、トップ男役が女役を演じる珍事は今後の実現は

また、20年先かもしれない。

宝塚歌劇団の関連記事はコチラ→

龍真咲の記事はコチラ→