1994年12月4日に名古屋のレインボーホールで開催された

伝説のボクシング、名古屋のWBCバンタム級正規チャンピオン 薬師寺保栄と

 

網膜剥離で暫定王者を返上して引退の危機だった辰吉丈一郎が

手術後にWBCバンタム級王座を倒して暫定王座に返り咲いて

薬師寺保栄と対戦することに。

 

伝説の対決 辰吉丈一郎 VS 薬師寺保栄

 

TATUYOSI 辰吉丈一郎 イラスト

 様々な要因が重なって、人気爆発していた大阪の辰吉丈一郎が

チキンハートと言われていた薬師寺保栄の名古屋に参上して

史上空前のファイトマネーで世界チャンピオンの統一戦が実現した。

 

辰吉丈一郎が受け取ったファイトマネーは1億7000万円といわれ、薬師寺保栄が受け取ったファイトマネーは4000万円くらい。

スポンサーリンク


 

この差は、名古屋で興行を行うために

薬師寺保栄陣営が落札したので差ができたうようです。

それほど、名古屋で辰吉丈一郎との興行は意味があったのです。

 

この二人の対戦は驚異的な視聴率を上げます。

現在のボクシング人気では、これほどの視聴率が上がることは不可能です。

 

関東で視聴率39.4%、辰吉丈一郎の地元、大阪では視聴率43.8%

薬師寺保栄の地元、名古屋では視聴率52.2%

 

びっくりするほどの視聴率ですが

瞬間最高視聴率は65%を超えてしまったのです。

 

薬師寺保栄 VS 辰吉丈一郎の対決は

結果は薬師寺保栄が判定勝ち

まさに、世紀の一戦でした。

 

1970年生まれの辰吉丈一郎は2008年9月に引退扱いになりますが

本人はまだまだ現役のようです。

 

ボクシング内山高志の記事はコチラ→

ボクシング井上尚弥の記事はコチラ→

ボクシング田中恒星の記事はコチラ→

 

1968年生まれの薬師寺保栄は2015年2月に18歳年下の一般女性と再婚で

話題になっていますが

 

ボクシング引退後には地元名古屋のテレビ放送の深夜番組で

よくみかけました。タレント活動を行っていますが2012年に投資詐欺にあい

1億3000万円をだまし取られました。

 

辰吉丈一郎には次男、寿以輝がいます。

辰吉寿以輝は4月16日に大阪ボディメーカーコロシアムにてプロデビュー戦を戦います。

 辰吉寿以輝出典:中日スポーツ

 

辰吉寿以輝の実力はいかがなものか?

 

「緊張感が強い。とりあえずKOで勝ちます」宣言

意気込みを語った。

 

スーパーバンタム級で対戦相手は

プロ通算1勝2敗の岩谷忠男との4回戦

 

辰吉寿以輝は2014年11月にプロテスト合格。

アマではリング経験がありません。

辰吉寿以輝は「全てを強化したので課題は防御」と話す。

 

同日のメーンイベントはWBC世界バンタム級

チャンピオンの山中慎介の8度目の防衛戦がある。

 

世界タイトルマッチの防衛戦での前座なので

注目はいっそう集まる。

 

父、辰吉丈一郎は中卒で大阪帝拳ジムに入門した。

17歳で全日本社会人選手権バンタム級で優勝した。

ソウルオリンピックでも有力候補だった。

 

辰吉丈一郎は

21歳で世界発挑戦して世界チャンピオンになった。

息子、辰吉寿以輝は果たして

父、丈一郎を超えるのか。

 

偉大な父、辰吉丈一郎の血を受け継いだ

ボクシング人気の再来と

サラブレッドの実力に期待する。

ボクシング内山高志の記事はコチラ→

ボクシング井上尚弥の記事はコチラ→

ボクシング田中恒星の記事はコチラ→