内山高志はとにかく強すぎる。

WBA世界スーパーフェザー級王座の防衛戦9回の内、

7回がKOという勝ちという強さ。

 

それに加えて2015年5月6日に

10回目の防衛戦をまたしてもKOで決めた。

 

タイのムエタイ出身

ムエタイとはキックボクシングのことだ。

それも本場タイで3階級制覇しているジョムトーン・チューワタナ

 

15歳で初王座を獲得してムエタイではMVPも頂戴している国民的英雄

内山高志
キックボクシングが本職で片手間でボクシングをしていて

東洋世界チャンピオンになった

世界ランキングでは7位のジョムトーン・チューワタナ

 

ムエタイのキックよりも内山高志の顔面ストレートは強烈だった。

 

1ラウンドから内山高志のワンツーが圧倒していて

2ラウンド、突然、顔面にストレートがクリーンヒット


内山高志vsジョムトーン【強すぎて相手がいない】ムエタイ3階級制覇を2回KO

当たった直後は、ファイティングポーズをとったが

ジョムトーン・チューワタナのひざが、ガクンと落ちた。そのまま、ノックアウトだ。

スポンサーリンク


内山高志のボクシングは面白い。スカッとする

気持ちがいい。サイコーなのだ。

初防衛戦の一発KO 破壊王が降臨した

この試合から内山高志の防衛ロードが始まった

このような圧倒的に強い勝ち方をすると、

負けちゃうのが怖くて内山高志と誰もやりたがらない。

内山高志は2014年は年末の1試合のみ。

2015年は既に1試合で年末にもう1試合できそうだが

内山高志の勝ち方は強烈過ぎて対戦相手が逃げてしまい

いないのが現状。

 

もう、年末は同じ階級のWBC世界チャンピオン 三浦隆司しか

対戦相手はいないし、世の中も統一戦を望んでいる。

 

今回の内山高志 vs ジョムトーン・チューワタナ との対戦後の

内山高志と 三浦隆司のインタビューを聞くと

統一戦の実現が有力。

 

内山高志VS三浦隆司│ボクシング世界チャンピオン統一戦は実現!?

内山高志│KOダイナマイト炸裂!大晦日恒例放送。海外の反応【速報・動画】

内山高志│ムエタイ3階級制覇を2回KO【強すぎて相手がいない】

 

壮絶な戦いだった

【破壊王】内山高志 vs 三浦隆司【神の左】


【流血の死闘】内山高志VS三浦隆司

 

ボクシングファン、内山高志ファン、 三浦隆司ファンは

一番に待ち望んでいる。

 

引用 イーファイト

GWボクシングスペシャル トリプルタイトルマッチ」(5月6日 東京・大田区総合体育館)

▼WBA世界スーパーフェザー級タイトルマッチ 3分12R
○内山高志(ワタナベジム/WBA世界スーパーフェザー級王者)
TKO 2R1分15秒 ※レフェリーストップ
●ジョムトーン・チューワッタナ(タイ/WBA世界スーパーフェザー級10位・挑戦者)
※内山が10度目の防衛に成功。

“KOダイナマイト”こと内山が10度目の防衛戦を迎えた。2010年1月の王座奪取から5年3カ月、国内歴代世界王者としては最長政権を築いている。

挑戦者ジョムトーンは元ラジャダムナンスタジアム認定スーパーフェザー級王者などの実績を持つムエタイの強豪で、わずか10戦目にして世界王座へ挑戦。現役WBCムエタイ世界王者が、ボクシングWBA世界王者に挑戦したのは史上初だ。

1R、ジャブの突き合いから内山が強力な右ストレートをヒットさせ、場内がドッと沸く。内山はロープを背負うジョムトーンに連打を放つが、ジョムトーンも左ストレートを返す。

2R、内山のワンツー、アッパーにジョムトーンも強気に左ストレートを打ち返す。内山が繰り出したワンツーの右ストレートがクリーンヒットすると、ジョ ムトーンはバッタリと大の字になって倒れる。レフェリーはカウントを途中でストップし、内山が衝撃的なTKOで10度目の防衛に成功。場内は総立ちとなっ て大歓声で内山の勝利を称えた。