2014年の全豪オープンは観客席が42度を超える日もあり

コート上は70度近くにもなる時があった。

 

湿度は少なく乾燥しているのでカラッとしているが

灼熱地獄で倒れる観客や棄権するプレーヤーも多かった。

全豪オープンは真夏!灼熱地獄。疲労との戦い

錦織圭出典:atpworldtour.com

 

3回戦の試合速報はコチラ→

全豪オープン 準々決勝 ワウリンカ戦 展望はコチラ→

全豪オープン 4回戦 フェレール戦はコチラ→

全豪オープンのトーナメント表はコチラ→

全豪オープンの2回戦までの試合経過はコチラ→

全豪オープン トーナメント表はコチラ→

 

 

全豪オープンの前哨戦のブリスベン国際でも

オーストラリア現地時間の昼間1時開始のラオニッチで

錦織圭はかなり汗をかき、暑そうだった。

タオルをしきりに要求していた。

 

錦織圭は2014年の灼熱地獄の全豪オープンを体験している。

そのために早くからブリスベン国際にエントリーして

さらにはダブルスまで決勝に残るほど試合を重ねた。

 

これは全豪オープンへの暑さ対策、暑さへの慣れで

対策をおこなったのだろう。

シード選手の1回戦の対戦表です。

32シードまであります。

クリックで拡大します

↓↓↓↓↓↓ 錦織圭出典:ausopen.com


【トーナメント表】本戦は128人での対戦です

スポンサーリンク


錦織圭は順調に勝ち上がれば

ベスト16で、2014年、ツアーファイナルで対戦したフェレール

準々決勝で2014年、全豪オープン優勝のワウリンカ、

準決勝でジョコビッチと対戦します。

 

※クリックで最新情報に更新 出典:WOWOW

↓↓↓↓↓

錦織圭

 

全豪オープンの、もう一つ大きな違いは

ブリスベン国際は3セットマッチだったが全豪オープンは5セットマッチ

 

3セットマッチはフルセットで長くても

錦織圭 vs ラオニッチ戦のように

2時間30分の試合時間だ。

 

ところが5セットでフルセット対戦すると

4時間を超える戦いになる。

 

真夏の灼熱地獄の全豪オープンをフルセットで

勝ち上がるのは疲労度はブリスベン国際のフルセットの

2倍以上だろう。

 

また、2014年は乾燥して水分不足、熱中症で倒れる人が

続出したが2015年は雨が多くて湿度が高そうだ。

 

全豪オープンのエキジビションのクーヨンクラシックは

雨天順延が1日あり、雨で中断することも多い。

暑くて雨が多いということは湿度が高い。

 

名古屋の7月の気候を想像する。

じっとしていても汗がダラダラと流れる感じだ。

 

錦織圭はそんな真夏のオーストラリアに早くから入って

体を馴らし、ブリスベン国際でシングルスとダブルスの

両方に出場してニューラケットの手応えと

全豪オープンでの疲れ対策をおこなった。

 

128人による予選トーナメント表はこちらです

16人が本戦へ出場できます。

※クリックで拡大します 出典:ausopen.com

↓↓↓↓↓↓↓

錦織圭錦織圭

 

一日でダブルスとシングルス計2試合、合計フルセットの6セットを経験

錦織圭

2015年1月19日から2月1日の決勝まで

全豪オープンの全試合を生中継してくれるのは

WOWOW

 

ラオニッチと錦織圭が全豪オープンで対戦したら

フルセットにもつれ込むと4時間以上となり

常に強打のサービスを打ち続けるラオニッチは

 

ブリスベン国際とは違う結果が待っていることだろう。

2014年ツアーファイナルは3セットマッチだった。

錦織圭はインドアで連勝記録をつくっている

 

ジョコビッチと対戦したがフルセットでも疲れることなく

ジョコビッチは錦織圭に勝利した。

しかし、全豪オープンならアウトドアで

 

オーストラリアの暑さに順応していないジョコビッチが

全豪オープンに乗り込んで錦織圭と対戦したら・・・

2014年はジョコビッチが3対0で錦織圭に勝利しているが

 

2015年は万全の暑さ対策で挑む錦織圭の勝利が見えてくる。

全豪オープンは4大大会・グランドスラムの中で

錦織圭が一番、優勝できる可能性が高いといわれている。

 

全米オープンと同じハードコートで

暑さは比べ物にならないくらい熱い全豪オープン。

オーストラリアに早くに入国して体を慣らしている

錦織圭には優勝のチャンスが見えている。

 

2015年1月19日から2月1日の決勝まで

全豪オープンの全試合を生中継してくれるのは

コチラ→WOWOW

 

3回戦の試合速報はコチラ→

全豪オープン 準々決勝 ワウリンカ戦 展望はコチラ→

全豪オープン 4回戦 フェレール戦はコチラ→

全豪オープンのトーナメント表はコチラ→

全豪オープンの2回戦までの試合経過はコチラ→

全豪オープン トーナメント表はコチラ→