僕たちがやりました【僕やり2話】2017年7月25フジTV

僕たちがやりました

僕たちがやりました 1話観たけど
わかってても臨場感やばい
娯楽と恐怖の対比が半端じゃない

高校生の命に対する価値観が違和感なくてすごい
日常会話がすっげーナチュラルで観やすい

エンディングがDISH//さん
なにが言いたいかっていうと窪田正孝がすごいから観てくれ



スポンサーリンク

僕たちがやりました【僕やり2話】 公式予告動画 Facebook版

最近のドラマまったくわからないけどあれはどう考えても異質な感じがする、、、
臨場感?やばすぎ、、、すごいどきどきしながら観てた

あのすぐ感動とかを誘う感じがしない、、、
原作と役者さんがすごいんだろうな、、、まじでありそうな話だよね

 

ドラマ・映画が見放題888円が、まさかの0円

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


無料でお試しで動画をいますぐ視聴する▶

[AD]


僕たちがやりました【僕やり2話】2017年7月25フジTV あらすじ

トビオ(窪田正孝)、伊佐美(間宮祥太朗)、マル(葉山奨之)、パイセン(今野浩喜)がイタズラ半分くらいで矢波(やば)高に仕組んた爆弾がとんでもなく大爆発をもたらし、10名の命を失っう大惨事になった。

不良たちの中心的人物・市橋(新田真剣佑)も命を落としたと、蓮子(永野芽郁)から聞かされたトビオはおろおろ。

逮捕実行されると恐れるが、パイセンは仕組んだ爆弾にはあのような大爆発をもたらすような破壊力はないだろう、その他の何者かの行為に間違いないと申し立てる。

 

警察官はテロの可能性も盛り込んだ爆破事件として捜査を起動。ああいったなか、矢波高の教師・熊野直矢(森田甘路)が犯人を目にしたと名乗りかかって…。

 

次の日、矢波高生とマルのいざこざを把握した刑事の飯室(三浦翔平)らが凡下(ぼけ)高に表れ、担任の菜摘(水川あさみ)に事実関係を問う。
菜摘は凡下高生の参入を拒否するが、出来事の前日の夜に矢波高から飛び出すトビオらを目にしていただけに、納得しかねる。

 

それに対して、捜査の手が自分達を対象にした状況に恐で一杯になるトビオは「俺らが仕掛けた爆弾とあの大爆発が、無関係のはずがない」とパイセンに論評。
ようやくのこととんでもない現状を察知したパイセンは、トビオ、伊佐美、マルに集まりをかけ、各々に300万円を譲り、事件について一切口をつぐむように言い含める。

真実を知るのは4名のものだけで、何一つ存在していなかったことにすると今までの日常が取り戻すことができる――。

パイセンの発案をのんで金を手にして、「何も無かったぁ!!!」と熱気を帯びるトビオらだったんですが、そんな折、信じられないくらいのニュースが舞い込んで…?




 

ドラマ・映画が見放題888円が、まさかの0円

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


無料でお試しで動画をいますぐ視聴する▶

[AD]







スポンサーリンク

僕たちがやりました【僕やり2話】2017年7月25フジTV 放送前ツイート



スポンサーリンク