内山高志VS三浦隆司│ボクシング世界チャンピオン統一戦は実現!?




2015年2月現在の日本の

ボクシング世界チャンピオンは8人いる。

多いと思いませんか?

 

全員の名前を知ってますか?

スポーツライブ動画が
見放題1750円が、まさかの0円1ヶ月・税別)
↓↓↓↓↓↓↓

以下、日本人のボクシング世界チャンピオンです。

引用:ウィキペディア

内山高志

 

ボクシングでは重い階級ほど

強いので、体重に関係なく対戦したら

スーパーフェザー級の内山高志が一番強いでしょう。

同じ階級の三浦隆司がいるじゃない?

と、思う方もいるかもしれませんが

2014年12月の内山高志の世界タイトルマッチを観た方は

やはり内山高志のほうが強い、というハズです。

 

内山高志が強い記事はコチラ→

内山高志VS三浦隆司│ボクシング世界チャンピオン統一戦は実現!?

内山高志│KOダイナマイト炸裂!大晦日恒例放送。海外の反応【速報・動画】

内山高志│ムエタイ3階級制覇を2回KO【強すぎて相手がいない】

 

同じ階級なのに世界チャンピオンが多数いるのは

わかりにくくないでしょうか?

同じ階級に4人もいて、誰が本当は一番強いんだろう?

 

日本選手も同じ階級に多数いて、俺が世界チャンピオンだ!

と、いっても実際は4人もいて、日本人も2人いたら

やっぱりおかしい。

 

昔はWBAとWBCの2つの団体で

たまに、世界統一戦といって両組織が対戦して

勝利したら真の世界チャンピオンだった。

 

わかりやすかったのですが、

今は、4つの団体があるので統一戦でも

まだ世界チャンピオンは3人いたりする。

 

ボクシング人気が下がっているのも、

このあたりにあるのではと思う。

だったらせめて日本人だけでも同じ階級で勝負して

 

一人だけにしたら、、日本では

No.1の世界チャンピオンではなかろうか。

 

みなさん、そう思っているはず。選手も、

俺が世界チャンピオンだ!っと

思っているはず。

 

そこで、浮上しているのが、




日本人世界チャンピオンで一番、階級の重い内山高志と三浦隆司の世界統一戦だ。

内山高志出典:BUSHIDO BOXING

 

内山高志は現在、9回の防衛に成功している。

具志堅用高の13回、長谷川穂積の10回の防衛に次ぐ記録。

 

しかし、内山高志は2014年は年末に行った1試合だけの世界戦。

一年に一度しか戦わなかった。

 

拳を痛めたせいもあるが一年に一試合は少なすぎる。

35歳という年齢を考えると、先がわからない。

 

半年に一度は試合をしたいところだが

内山高志は強すぎて相手が見つからない状態なのだ。

 

そこで白羽の矢が立ったのが、

同じ階級のもうひとりの世界チャンピオン

三浦隆司だ。

 

スポーツライブ動画が
見放題1750円が、まさかの0円1ヶ月・税別)
↓↓↓↓↓↓↓

三浦隆司と内山高志は2011年1月31日に内山高志の3回目の防衛戦で対戦

この時は8ラウンドTKO勝ちで内山高志が勝利している。

 

この対戦は本来は三浦隆司ではなくて、

1月10日に暫定王者のヘリス(メキシコ)との王座統一戦だったのが

ヘリスが気管支炎で棄権して、

世界チャンピオン4位だった三浦隆司との対戦が決まったのだ。

 

この試合、内山高志は右手を骨折しながらも

左ジャブの連打で三浦隆司に勝利したが

3回には三浦隆司にダウンをうばわれている。

 

【破壊王】内山高志 vs 三浦隆司【神の左】


【流血の死闘】内山高志VS三浦隆司

 

三浦隆司も急遽決まった試合だったので

準備不足もあったのでは。

三浦隆司は2013年4月にTKOで世界チャンピオンになる。

 

2014年11月にはKO勝ちで3回めの防衛に成功している。

三浦隆司の3回の防衛は全てメキシコ人なのが気になる。

 

三浦隆司は30歳。内山高志との年齢差は5歳もある。

内山高志は5月に10度目の世界防衛戦が決まっている。

 

内山高志は三浦隆司との世界統一戦を熱望している。

2015年、年末に、三浦隆司との世界統一戦をかなえてほしい。

 

三浦隆司もリベンジで内山高志と対戦して実現してもらいたい。

 

内山高志のダイナマイト記事はコチラ→

井上尚弥の記事はコチラ→




田中恒星の記事はコチラ→

辰吉寿以輝の記事はコチラ→