パッキャオ対メイウェザー

WBA・WBC・WBO世界ウェルター級王座統一戦が発表された。

2015年5月2日 ラスベガス決戦

対戦するのはマニー・パッキャオ(フィリピン)とフロイド・メイウェザー・ジュニア(アメリカ)の対戦だ

パッキャオ対メイウェザー!ボクシング史上最高の対戦だ!ファイトマネーが気になる

パッキャオ対メイウェザーファイトマネー現在の二人の世界王座とは?

ボクシング出典:ウィキペディア

バッキャオ 36歳

  • 史上2人目の6階級制覇王者(海外では8階級制覇と紹介されることが多い)
  • 第31代WBC世界フライ級王者
  • 第11代IBF世界スーパーバンタム級王者
  • 第28代WBC世界スーパーフェザー級王者
  • 第33代WBC世界ライト級王者
  • 第14代・第16代WBO世界ウェルター級王者
  • 第42代WBC世界スーパーウェルター級王者
  • 現WBO世界ウェルター級スーパー王者

メイウェザー 38歳

  • 世界5階級制覇王者
  • 第22代WBC世界スーパーフェザー級王者
  • 第27代WBC世界ライト級王者
  • 第28代WBC世界スーパーライト級王者
  • 第10代IBF世界ウェルター級王者
  • 第33代・第36代WBC世界ウェルター級王者
  • 第37代・第44代WBC世界スーパーウェルター級王者
  • 現WBA世界ウェルター級スーパー王者
  • 現WBA世界スーパーウェルター級スーパー王者

正規の対戦は、以前から実現が期待されていたが正式に決定した。

パッキャオ対メイウェザー!ファイトマネーはなんと、二人で2億ドル約244億円

それまでのボクシング史上最高のファイトマネーは2007年のスーパウエルター級タイトルマッチ。

オスカー・デラポーヤ対フロイド・メイウェザー ファイトマネーは4500万ドル

オスカー・デラポーヤ対フロイド・メイウェザーはメイウェザーが2対1の判定で勝利して5階級制覇した。

2007年の史上最高ファイトマネーから8年後にメイウェザーは史上最高額を塗り替える2億ドル・244億円という途方も無いファイトマネーの試合を開催することになった。

47戦全勝のメイウェザーは「バッキャオ戦はボクシングの歴史で最大の試合になる。5月2日はこの試合のために世界がストップする日だ。」と、闘士を燃やしている。

バッキャオは「5年前から待ち望んでいた、2人共この試合のために厳しい練習を積んできた」と、試合を歓迎している。

メイウェザーは叔父が元世界チャンピオンでアトランタオリンピックで、銅メダルを獲得している。

主要4団体で5階級制覇47戦無敗。

驚異的なスピードを誇り

防御能力は歴代最高とされている。

鋭いカウンターも得意だ。

バッキャオは貧しい農家出身で6階級でチャンピオンとなりフィリピンの国民的英雄破壊力抜群のサウスポー常にKOを狙う姿勢で人気が高い。

メイウェザー 対 バッキャオ戦の英国政府公認ブックメーカーでは既に優勝オッズが発表されている。

 

ボクシング

メイウェザー 1.44倍 対 バッキャオ 2.87

若干、メイウェザーの評価が高いようだ。

二人の対戦チケット代は1500ドル〜7500ドル約18万3000円〜91万5000円と高額となってりる

テレビ観戦は必見の価値ある世紀の対戦だ。