錦織圭 テニス

ブリスベン国際 ダブルス決勝【試合速報】錦織圭はダブルス準優勝です

錦織圭・ドルゴポロフ VS マレー・ピアース

錦織圭

錦織圭の決勝の相手は第1シードです。

第1セット ブレイクされる。ピンチです!

第2セットは 6-6 のタイブレーク!

錦織圭のテニス ワールドツアーランキングのシングルスでの世界ランキングは5位だがダブルスの成績は果たしてどうなのか?

錦織圭のatpテニスツアー ダブルスでの最高ランキング順位は2012年3月19日の 167位 このときシングルスの順位は16位でした。

2015年1月5日での ダブルス順位は 547位かなり低いランキングです。

錦織圭の過去のダブルスでの成績はどうなっているのか?

2010年 1勝3敗 500位以下
2011年 5勝6敗 190位〜400位
2012年 4勝8敗 180位くらい
2013年 4勝4敗 280位くらい ブリスベン国際 ベスト4
2014年 2勝3敗 538位くらい
2015年 2勝0敗 547位 ブリスベン国際 ベスト4位上確定

(混合ダブルス含む)

決していい成績ではありません。

しかし、ダブルスの場合は少しの勝利で順位の変動が激しいです。

2014年のダブルスはおそらく、シングルスのウォーミングアップと考えていたと思われます。

2015年のブリスベン国際はノーシードで1回戦の対戦相手が第2シードだったのでウォーミングアップのつもりだったと思われましたが勝っちゃいました。番狂わせです。

錦織圭のダブルスの成績は良くないのですがブリスベン国際でペア・パートナーを組んでいる

ウクライナのアレクサンドル・ドルゴポロフはどうでしょうか?

 ドルゴポロフは26歳 180センチの長身です。

世界ランキングは

シングルス 2015年1月8日現在 23位 最高13位

ダブルス 2015年1月8日現在 337位 最高42位

シングルスで 優勝 2回

ダブルスで 優勝 1回

ダブルスでは錦織圭よりも優秀な成績を残していますが決して強いわけではありません。

 

ドルゴポロフはシングルスでは2011年の全豪オープンでベスト8進出。

2014年3月にはパリバオープンでナダルと対戦して勝利しています。

錦織圭はいまだにナダルには勝ったことがありません。

ダブルスでは2011年にフェデラーとワウリンカのスペインペアに決勝で勝利して優勝しています。

 

錦織圭とドルゴポロフは、今回のブリスベン国際で初めてペアを組みました。

相性が良かったのか1回戦で第2シードのブリスベン国際で2度の優勝し、3度めの優勝を狙っていたカナダのダニエル・ネスター組に接戦の末に勝ちました。

6-4 3-6 10-6

ネスターのダブルスランキングは2015年現在で4位 最高1位

ネスターの成績

4大大会ダブルス優勝 通算8勝(混合ダブルス含む)

全豪オープン 男子ダブルス:1勝(2002年)/混合ダブルス:1勝(2007年)

全仏オープン 男子ダブルス:2勝(2007年・2010年)

ウィンブルドン 男子ダブルス:2勝(2008年・2009年)/混合ダブルス:1勝(2013年)

全米オープン 男子ダブルス:1勝(2004年)

 

2010年 2011年 の ツアーファイナルでは、なんと2連覇しているのがネスターです。

ダブルスではとんでもなく強いネスター、勝てるはずのない相手に錦織圭は勝ってしまったのです。

錦織圭のダブルスでの初優勝を考えてしまいます。

2回戦は地元オーストラリアペアのシングルス元世界チャンピオンヒューイット組にストレートで勝利しました。

ヒューイットはダブルスランキングは110位 最高で18位です。

ヒューイット組もあきらかに錦織圭・ドルゴポロフ組よりも上です。

この調子ていくと決勝まで、もしかすると優勝してしまうのでは。

錦織圭・ドルゴポロフ組がブリスベン国際のダブルスで優勝してしまったら・・・・日本中が松岡修造が大騒ぎになります。

でも、こんなチャンスはほとんどないのでダブルスやシングルスの両方で優勝したらと、そこまで考えてしまう錦織圭は本当に凄い人です。

残念ですが錦織圭のダブルス決勝のテレビ放送は、ありません。

試合が長引けば、スカパーで生放送すると思われます。

錦織圭がダブルスで決勝へ進んだがシングルスでも決勝となるとフェデラーとの対戦だろう。

1月11日はシングルスの決勝後、直ぐにダブルスの決勝となる。

錦織圭の疲れが心配です。

錦織圭の2015年、初戦のブリスベン国際はダブルスでもエントリーしていたが

なんと、第2シードに勝利する番狂わせ。

ダブルスでファイナル二度制覇のネスターを倒しての戦いだ。

【試合速報】ダブルス準決勝 対 ディミトロフ・コッキナキス

第1セット ブレイク 幸先良いスタート

錦織圭 第1セット 先取

第2セットも あっさりと勝利

ダブルスでのツアー初の決勝進出が決定

錦織圭

錦織圭は準々決勝で地元オーストラリアペアのヒューイット組を

6-2 7-5 の ストレートでまたしても撃破。

ノーシードの錦織圭組は準決勝進出。

錦織圭

なんという男でしょう。午前中はシングルスで勝利して午後はダブルスでも勝利。

疲れが心配です。

2015ブリスベン国際 ダブルス トーナメント表 ※クリックで拡大表示

↓↓↓↓↓↓↓錦織圭

出典:atpworldtour.com

おそらく、シングルスのためのウォーミングアップと思われていたが、第2シードのロハン ボナ・ダニエル ネスター組をアレクサンダー ドロゴポロフと初めてペアを組んで勝ってしまったのだ。

スコアは 6-4,3-6,10-6 とフルセットで僅差での勝利。

シングルスでの錦織圭の勝利パターンと同じだ。

錦織圭はシングルスは世界ランキング5位を維持しているが

錦織圭のダブルスランキングは2014年は95ポイントの553位

2014年はブリスベン国際、ドイツのハレ ジャパンオープンでの棄権した試合と3つの大会のダブルスに参戦した。

全試合の成績は2勝1敗 1棄権負けである。

2014年ブリスベン国際では1回戦でフルセットの末に負けている。

ダブルスは得意ではないのだろうが、今回のブリスベン国際では第2シードを倒した。

第2シードで錦織圭に敗退したネスターは2012年と2014年のブリスベン国際で優勝している。

今回は3度めの優勝を狙ったが、なんと、1回戦敗退である。

錦織圭の2回戦の対戦相手は地元、オーストラリアペアのヒューイット・グチオーニ組元シングルスで世界チャンピオンのヒューイットは2014年のブリスベン国際シングルスで決勝でフェデラーに勝利して優勝している。

準決勝でが錦織圭にも勝利している。

2014ブリスベン国際 錦織圭 対 ヒューイット 準決

そして2015年ブリスベン国際でもシングルスでノーシードのヒューイットが勝ち進めば

昨年と同様に準決勝で錦織圭 対 ヒューイットの対戦となる。

ダブルスは錦織圭 対 ヒューイットの前哨戦となるのだ。

因縁の対決と言ってもいい。

ブリスベン国際のダブルスのエントリーは16組

4試合勝てば優勝できる。

錦織圭・ドロゴポロフ組は、あと3試合に勝利したらなんと、ダブルスでも優勝しちゃうのだ。

2回戦のヒューイット・グチオーニ組は地元選手なので簡単ではないが1回戦の第2シードのボナ・ネスター組よりも強くはない。

シングルスだけではなくてダブルスでも錦織圭の勝利を期待するのは欲張りだろうか。

錦織圭の自宅は日本?住まいはフロリダ!マイアミオープンは地の利?