フィギュアスケート女子

女子フィギアスケートはジュニアが凄い!ロシアを倒せ

シニアの宮原知子が16歳、本郷理華が18歳に、ジュニアの樋口新葉が13歳、永井 優香が15歳、中塩 美悠が18歳と平昌オリンピックに向けて有望なジュニアがたくさん登場したころの記事になります。

ジュニアグランプリでも成績優秀でした。

女子フィギアスケートはジュニアが凄い!浅田真央やキム・ヨナは?

浅田真央やキム・ヨナは韓国・平昌オリンピックには既に引退か?

女子フィギアスケートはソチオリンピック後に浅田真央、韓国のキム・ヨナ、カナダのコストナー等、休養、又は引退したのかフィギアスケートグランプリシリーズや、おそらく2015年3月の世界選手権にも出場しないだろう。

唯一、ソチオリンピック金メダリストのロシアのソトニコワ 自己ベスト224.39 はまだ18歳、当然、平昌オリンピックを目指しているはずだ。

そして、ロシア国内の女子フィギアスケート代表は熾烈。

ソトニコワは2014年のグランプリシリーズ・ロシア大会を欠場。

●ソトニコワがいなくても、ロシアにはグランプリファイナルでメダルを独占しそうな勢いの

●トゥクタミシェワ(17歳)自己ベスト196.60

●ポゴリラヤ(16歳)自己ベスト197.50

●ラジオノワ(15歳)自己ベスト202.01

●リプニツカヤ(16歳)自己ベスト209.72

どうですか?4年後の平昌オリンピックでも20歳前後ということでそのまた4年先の冬季オリンピックでも活躍しそうです。

女子フィギアスケートはジュニアが凄い!ロシア勢は誰もが金メダル候補

日本勢はというと

●村上佳菜子(20歳)自己ベスト202.52

●宮原知子(16歳)自己ベスト186.52

●本郷理華(18歳)自己ベスト178.00

本郷理華!名古屋の中学校や高校は?目指せフィギア世界選手権!

頑張ってはいるがポイントを見てください。

村上佳菜子の全盛期の成績がロシア勢といい勝負で新星の宮原知子と本郷理華の自己ベストは、ロシア勢の自己ベストに比べると随分、ポイントが低いのです。

日本女子フィギアスケートが強かった頃が懐かしいですね。

でも、安心してください。

ジュニア世代が実は、2014年〜2015年のシーズンで大活躍しているのです。

12月12日開催のフィギアスケートグランプリファイナル バルセロナ大会

シニアと同日にジュニアのグランプリファイナル バルセロナ大会が開催されます。

シニアと同じように、6回の大会を戦ってきてその上位6人だけが

グランプリファイナルジュニアに出場できます。

 

フィギアスケート出典:ウィキペディア

なんと、この大会にフィギアスケート女子ジュニアは3人も参加出場を獲得しました。

●樋口新葉(ひぐち わかば 13歳)ジュニアグランプリ動画

樋口新葉 2001年1月2日生まれ 身長149cm 14歳

日本スケート連盟の特別強化選手

2015 世界ジュニア選手権 3位
2015 第35回全国中学校スケート大会 優勝

2014 全日本選手権 3位
2014 ジュニアグランプリファイナル 3位
2014 全日本ジュニア選手権 優勝
2014 JGPドイツ大会 優勝
2014 JGPチェコ大会 2位
2014 アジアンオープントロフィー(Jr) 優勝
2014 チャレンジカップ(Adv.Nv.) 優勝
2014 第34回全国中学校スケート大会 3位

●永井 優香(ながい ゆうか 15歳)ジュニアグランプリ動画

●中塩 美悠(なかしお みゆ 18歳)ジュニアグランプリ動画

過去のグランプリファイナルジュニアのメダル記録

フィギアスケート女子出典:ウィキペディア

日本は2009年の村上佳菜子が優勝してからは5年間、メダルを取得していません。

しかし、今回の2014年グランプリファイナルジュニアには、なんとロシア勢と同じ3人がグランプリファイナルジュニアに出場します。

ロシア対日本です。他の国からはベスト6人に入れませんでした。

日本では、まだ13歳ですが樋口新葉に期待がかかります。

樋口新葉はトリプルアクセルでロシアに挑む女子フィギアスケート

ロシア勢は、ジュニア世代にも将来有望な3選手がいて平昌オリンピックではロシア代表を選ぶのに熾烈な戦いがあります。

日本も、シニアの宮原知子(16歳)、本郷理華(18歳)に加えて樋口新葉(13歳)、永井 優香(15歳)、中塩 美悠(18歳)と平昌オリンピックに向けて若手有望株が登場してきました。

11月24日の全日本ジュニア選手で13歳の樋口新葉が優勝で2015年3月開催の世界ジュニア選手権2015の世界ジュニア選手権2015の出場が決定。

その他、12月12日開催のフィギアスケートグランプリファイナル・ジュニアの結果で2015年3月開催の世界ジュニア選手権2015の出場者が決定します。

ロシアの表彰台独占を阻止して欲しいです。

女子フィギアスケートはジュニアが凄い!新田谷凜

新田谷 凜 にたや りん1997年8月8日生まれ 18歳 身長155cm

2015 ガルデナスプリングトロフィー 優勝
2015 第70回国民体育大会冬季大会(少年)3位
2015 第64回インターハイ 3位

出身は兵庫県西宮市ですが名古屋在住の長久保コーチを師事してスケート転校です。

東港中学校から愛知みずほ大学瑞穂高等学校

長久保コーチで邦和スポーツランドに所属

新田谷 凜

このパターンは女子特別強化選手の本郷理華と男子の特別強化選手の山本草太と同じパターンです。

この3人は全員、長久保コーチで東港中学校で邦和スポーツランドに所属してます。

フィギアスケートは名古屋が強い!山田満知子・長久保祐コーチが凄い│

東港中学校から邦和スポーツランドへは、歩いてもいけるので便利ですね。東港中学校というのは、名古屋市立の公立中学校です。

30年前の名古屋の東港中学校は港区の港北中、港南中と合わせてあまり良い学校ではないです。ガラが悪い。不良が多い。

しかし、今では超有名なスケート選手が何人も在籍したら東港中学校は代わったことでしょう。

女子フィギアスケートはジュニアが凄い!三原舞依

三原舞依

1999年8月22日生まれ 15歳 身長150cm

今年、飛躍が期待される三原舞依 強化選手B

2015 アジアンオープントロフィー 優勝
2015 ガルデナスプリングトロフィー(Jr) 優勝
2015 第35回全国中学校スケート大会 3位
2015 第70回国民体育大会冬季大会(少年) 優勝

2015年に入ってから急成長しています。平昌オリンピック代表は熾烈な争いになりそうです。

2015年 グランプリジュニアシリーズ第1戦が

ISUジュニアグランプリ スロバキア大会で開幕
開催期間:2015年8月19日~22日

フィギアスケート女子ジュニア 出場選手は新田谷凜、三原舞依です。 大注目です。