本田真凜 かわいい

女子フィギアスケートに激震です。かわいいと評判だった本田真凛がキャスターやインタビュアーに。本田真凛かわいい!フィギアスケートにキャスターにスター誕生の予感です。

本田真凛かわいい!血液型や年齢は?妹は誰?本田望結なの

この投稿をInstagramで見る

 

本田真凜(@marin_honda)がシェアした投稿


妹に芸能人、タレントの本田望結がいます。妹の本田望結さんもこちらもかわいくてバラエティではブレイク中です。かわいい妹に先を越された本田真凛でしたが本田真凛が大ブレイクの予感です。

かつて本田真凛はなんと、フィギアスケートジュニアグランプリのクロアチア大会で優勝!見事にジュニアの世界選手権で優勝しています。

名前:本田 真凜(ほんだ まりん)

生年月日:2001年8月21日(現在20歳)

出身地:京都府京都市

血液型:A型

身長:163cm

職業:フィギュアスケート選手

所属クラブ:日本航空・明治大学スケート部

本田真凛かわいい!可愛さにプラスしてフィギュアスケートの実力も

この投稿をInstagramで見る

 

本田真凜(@marin_honda)がシェアした投稿


2014年はかわいい妹のかわいいお姉さんがフィギアスケートをしている姉妹という程度で世間の注目を集めていましたが2015年のスケーティングを見るとかわいいだけではありません。

大人っぽくなって中学生ですが大人顔負けの演技に成長しています。ジュニアグランプリ大会の演技を観たツイッター上ではかわいい、エレガント、素敵、華麗、大人っぽいなどなど、絶賛されていました。

本田真凛おそるべし。

フィギアスケートジュニアグランプリクロアチア大会の結果はなんと、2014年にダイブレイクした、樋口新葉を2位に抑えての優勝です。世界選手権でもロシアを抑えての優勝でしたよね。

かわいいルックスで実力まで兼ね備えて日本女子フィギアスケートの平昌オリンピックへの選手選考は超熾烈な争いでした。

2015年 シニアグランプリに出場で期待されている平昌オリンピック候補が浅田真央、宮原知子、本郷理華、永井優香、中塩美悠、今井遥

今回、ジュニアグランプリで頭角をあらわしたのが白岩優奈、本田真凛。2015年 世界選手権 準優勝の宮原知子は頭ひとつリード。浅田真央は順当に選出されそう。

あと一人は熾烈な争いです。2014年時点では樋口新葉が将来も考えて当確かと思いましたが本田真凛がここにきて選出されそうな予感。スケーティングがキレイです。かわいいです。

ロシア勢が、かわいい選手が揃っているので本田真凛のジュニアの世界選手権で日本人で最高の成績!なんと優勝して注目はいっそう、高まりましたよね。

本田真凛かわいい!韓国で人気なの?彼氏は誰?

この投稿をInstagramで見る

 

本田真凜(@marin_honda)がシェアした投稿


2022年になって本田真凜は引退するのか?最近はテレビのインタビュアーでデビューしたり活躍しています。そして韓国では人気爆発なんです!かわいさでファンをつくりそうです。

本田真凜のつきあっている男性が話題になりました。周囲ではそっと見守ってもしいということであまりニュースにはなっていません。誰かというと・・フィギュアスケート男子の宇野昌磨さんです。

最近とくにきれいになったのは宇野昌磨さんのせいかな?

宇野昌磨のスケートグランプリファイナルJr男子の結果と動画

本田真凜のフィギアスケート世界選手権ジュニア2016

ショートプログラムで同率首位の本田真凛可愛さに実力も備わって日本のエースとして成長しています。

本田真凛と比較されるようになったのは浅田真央果たして本田真凛と浅田真央はどっちが凄いのか?二人の共通の凄いところは

ふたりともノービス時代(小学校)で、既にアクセルを除くトリプルアクセルを本田真凛と浅田真央は修得していました。

日本のエースとして君臨して、時期、平昌オリンピックを最後に引退する浅田真央とカレンな滑りで存在感を出してきた将来性豊かな本田真凛。

フィギアスケート世界ジュニア2016 本田まりんは1位発信

ISU世界ジュニアフィギュアスケート選手権大会

世界ジュニア2016 2016年3月16〜19開催

本田まりんがやってくれました。ショートでロシアの強敵フェディチキナと自己ベストの66.11で同率首位です。フリーでも自己ベストで金を狙って欲しいですね。

本田真凛 ショートライブスコア

世界ジュニア選手権 女子フリー スコア

浅田真央はフィギアスケート世界選手権ジュニアで優勝と準優勝、さらにはジュニアなのにシニアのグランプリファイナルで優勝して周囲をあっといわせめた存在でした。

ジュニアにおいては向かうところ敵なしでしたね。

本田真凛はノービス選手権Bクラスで歴代最高点で優勝しています。2015年のジュニアグランプリシリーズではクロアチア杯で優勝ファイナルで3位でメダルを獲得しています。

浅田真央の圧倒的強さには見劣りしますがロシア勢がせっけんしている中で樋口新葉とともに善戦しています。

世界選手権ジュニア2016 フリー 滑走順

15番滑走 白岩優奈 23時20分

20番滑走 本田真凛 24時04分

21番滑走 樋口新葉 24時11分

22番滑走 フェディチキナ ロシア

23番滑走 ソツコワ ロシア

本田真凛ジュニアグランプリファイナル出場とショート&フリー結果