M1審査員 おすすめ 芸能人 有名人

漫才の頂点を決める「M-1グランプリ」は、毎年審査員の顔ぶれにも注目が集まります。

2023年の審査員は、どのような芸人や有名人が選ばれるのでしょうか?

過去の審査員と比較してみた記事です。

M1審査員2023年版|おすすめの芸人や有名人は?過去の審査員と比較してみた。




M-1審査員2023年は誰がいい?ネットの声や歴代審査員を紹介

M-1グランプリとは

  • M-1グランプリとは、毎年12月に行われるお笑いのコンテストです。
  • 2001年から2010年まで10回開催され、2015年から再開されました。
  • 2人組の漫才師が予選を勝ち抜き、決勝でネタを披露します。
  • 決勝の審査員は7人で、お笑い界の大御所や人気芸人が務めます。
  • 審査員は各芸人に10点満点で点数を付け、合計点で順位を決めます。
  • 優勝者には賞金1000万円とトロフィーが贈られます。




M-1審査員2023年は誰になる?

  • M-1審査員2023年はまだ発表されていませんが、予想や希望が多く出ています。
  • 2022年は上沼恵美子さんとオール巨人さんが辞退し、博多大吉さんと山田邦子さんが新たに加わりました。
  • 山田邦子さんは初めての審査員でしたが、低い点数を付けたり、辛口コメントをしたりして物議を醸しました。
  • 2023年も山田邦子さんが続投するのか、それとも変わるのか注目されています。
  • 他にも松本人志さんや中川礼二さんなど、毎年審査員を務める方々が出演するかどうか気になります。

M-1審査員の理想像は?

  • M-1審査員の理想像は人それぞれですが、ネット上では様々な意見が出ています。
  • 例えば、以下のようなランキングやコメントがあります。
順位 芸人名 コメント
1位 富澤たけし(サンドウィッチマン) 公平で的確な判断力と漫才愛がある
2位 博多大吉(博多華丸・大吉) ベテランならではの知識と経験が豊富
3位 バカリズム 漫才だけでなくコントや脚本も手掛ける多才な芸人
4位 有吉弘行 辛口だけど的を射たコメントが面白い
5位 中川礼二(中川家) M-1優勝経験者であり現役漫才師でもある

 

M-1グランプリ2023審査員予想 ・麒麟 川島明 ・ナイツ 塙宣之 ・スーパーマラドーナ 武智 ・ユウキロック ・NON STYLE 石田 ・松本人志 ・ハイヒール リンゴ

M-1グランプリ2023審査員予想 ・岩井勇気 ハライチ ・爆笑問題 太田光 ・アンタッチャブル 柴田英嗣 ・千鳥 大悟 ・ナイツ 塙宣之 ・松本人志 ・山田邦子

M-1グランプリ2023審査員予想 ・パンクブーブー 佐藤哲夫 ・笑い飯 哲夫 ・バカリズム ・有吉弘行 ・ナイツ 塙宣之 ・松本人志 ・ハイヒール リンゴ

M-1審査員の歴代一覧は?

  • M-1審査員の歴代一覧は以下の通りです。
年度 審査員
2001 島田紳助、松本人志、鴻上尚史、ラサール石井、春風亭小朝、青島幸男、西川きよし
2002 島田紳助、松本人志、大竹まこと、ラサール石井、島田洋七、中田カウス、立川談志
2003 島田紳助、松本人志、南原清隆、島田洋七、ラサール石井、大竹まこと、中田カウス
2004 西川きよし、南原清隆、大竹まこと、島田洋七、春風亭小朝、ラサール石井、中田カウス
2005 島田紳助、松本人志、渡辺正行、大竹まこと、島田洋七、ラサール石井、中田カウス
2006 島田紳助、松本人志、南原清隆、渡辺正行、島田洋七、大竹まこと、中田カウス
2007 島田紳助、松本人志、上沼恵美子、ラサール石井、オール巨人、大竹まこと、中田カウス
2008 島田紳助、松本人志、上沼恵美子、渡辺正行、オール巨人、大竹まこと、中田カウス
2009 島田紳助、松本人志、上沼恵美子、東国原英夫、オール巨人、渡辺正行、中田カウス
2010 島田紳助、松本人志、南原清隆、大竹一樹(TKO)、渡辺正行(TIM)、宮迫博之(雨上がり決死隊)、中田カウス
2015 中川礼二(中川家)、増田英彦(ますだおかだ)、岩尾望(フットボールアワー)、吉田敬(ブラックマヨネーズ)、徳井義実(チュートリアル)、

M1グランプリ(以下、M1)は、毎年12月に行われる日本最大級の漫才コンテストです。

M1に出場する芸人たちは、一発屋やブレイクのきっかけを掴むチャンスとして、熱い戦いを繰り広げます。

しかし、彼らを評価するM1審査員もまた、注目される存在です。

M1審査員は、芸人や有名人から選ばれることが多く、その選考基準や評価方法についても、毎年話題になります。

そこで、この記事では、M1審査員について詳しく解説します。

まずは、M1とM1審査員の概要をおさらいしましょう。

次に、来年2023年に開催されるM1審査員の予想メンバーやおすすめメンバーを紹介します。

最後に、M1審査員の過去のメンバーと比較してみて、その変遷や傾向を分析します。

M1とはどんな大会なのか?

M1は、2001年から始まった漫才コンテストです。M1の特徴は、以下の3点にあります。

  • 出場資格が広い:M1に出場できるのは、漫才を専門とする芸人だけではありません。コントやピン芸人など、ジャンルや形態に関係なく、漫才を披露できる芸人なら誰でも参加できます。また、年齢や経験年数にも制限がありません。そのため、M1には、若手からベテランまで、さまざまな芸人が出場します。
  • 予選が厳しい:M1に出場するためには、予選を勝ち抜かなければなりません。予選は、全国各地で行われる地区予選と、東京で行われる準々決勝・準決勝からなります。地区予選では、約3000組の芸人が参加し、そのうち約100組が準々決勝に進出します。準々決勝では、約100組の芸人が参加し、そのうち約20組が準決勝に進出します。準決勝では、約20組の芸人が参加し、そのうち8組が決勝に進出します。つまり、M1に出場するためには、約3000組の芸人の中から8組に絞られるという難関を突破しなければなりません。
  • 賞金が高い:M1の優勝者には、1000万円の賞金が贈られます。これは、日本のお笑い界で最も高額な賞金です。また、M1の優勝者は、メディアやイベントへの露出が増えることも期待できます。そのため、M1は、芸人にとって憧れの舞台となっています。

M1審査員の役割と基準は?

M1審査員は、M1の決勝戦で漫才を披露する8組の芸人を評価する人たちです。

M1審査員は、毎年5人から7人ほど選ばれます。M1審査員の選ばれ方や基準は、以下のようになっています。

  • 主催者が選ぶ:M1審査員は、主催者である吉本興業とテレビ朝日が共同で選びます。主催者は、毎年その年の流行やトレンドを反映させるように審査員を選んでいます。
  • 芸人や有名人が多い:M1審査員は、芸人や有名人から選ばれることが多いです。芸人から選ばれる場合は、漫才やお笑いに詳しいことや、審査員としてのキャラクターが重視されます。有名人から選ばれる場合は、お笑い好きであることや、視聴者と同じ目線で評価できることが重視されます。また、芸人や有名人以外にも、お笑い評論家や漫画家など、お笑いに関係する専門家やクリエイターが審査員に選ばれることもあります。
  • M1審査員は、これらの要素を総合的に評価し、各組に10点満点の点数をつけます。点数が高い順に順位が決まります。ただし、同点の場合は、審査員の多数決で順位が決まります。また、審査員は、自分の評価理由や感想をコメントすることもできます。以上が、M1とM1審査員の概要です。次に、来年2023年に開催されるM1審査員の予想メンバーやおすすめメンバーを紹介します。
  • 漫才の面白さを評価する:M1審査員は、漫才の面白さを評価することが主な役割です。面白さを評価する際には、以下のような要素が考慮されます。
  • 笑いの量と質:M1審査員は、漫才でどれだけ笑わせられたかや、笑いの種類やレベルがどうかを判断します。笑いの量と質は、漫才の最も重要な指標です。
  • オリジナリティと新鮮さ:M1審査員は、漫才でどれだけ独自の発想や視点を見せたかや、今までにない斬新なネタや表現を使ったかを判断します。オリジナリティと新鮮さは、漫才の魅力を高める要素です。
  • 技術と完成度:M1審査員は、漫才でどれだけ上手に話したかや、ボケとツッコミのタイミングやバランスがどうかを判断します。技術と完成度は、漫才のプロフェッショナルさを示す要素です。

M1審査員2023年版の予想メンバーは?

M1審査員2023年版の予想メンバーは、まだ発表されていませんが、以下のような人たちが候補になる可能性が高いと思われます。

現役芸人から選ばれる可能性が高いのは?

  • ナイツ:ナイツは、2022年にM1で優勝した芸人です。M1の優勝者は、翌年の審査員に選ばれることが多いです。ナイツは、漫才の技術やオリジナリティが高く評価されています。また、審査員としてのコメントも面白いと期待できます。
  • 千鳥:千鳥は、2021年にM1で準優勝した芸人です。千鳥は、M1で3回決勝に進出しており、そのうち2回は準優勝しています。千鳥は、漫才だけでなく、コントやバラエティでも活躍しており、幅広い視野を持っています。また、審査員としてのキャラクターも強烈で、視聴者の注目を集めるでしょう。
  • 霜降り明星:霜降り明星は、2018年にM1で優勝した芸人です。霜降り明星は、若手ながらも漫才のセンスや完成度が高く、多くのファンを持っています。霜降り明星は、2020年にも審査員を務めましたが、そのときのコメントや評価が話題になりました。霜降り明星は、若手芸人の代表として、新しい風を吹き込むことができるでしょう。

有名人や芸能人から選ばれる可能性が高いのは?

  • 石原さとみ:石原さとみは、女優やモデルとして活躍している有名人です。石原さとみは、お笑い好きで知られており、自身も漫才を披露したことがあります。石原さとみは、美しさだけでなく、知性やユーモアも兼ね備えており、審査員としての魅力が高いです。
  • 松本人志:松本人志は、ダウンタウンのボケ担当として有名な芸人です。松本人志は、お笑い界の重鎮として尊敬されており、漫才やコントのプロデュースや監督も行っています。松本人志は、過去に何度も審査員を務めており、その都度その都度その都度その都度その都度その都度その都度その都度その都度その都度その都度その都度その都度その都度その都度その都度
  • 厳しい評価や辛辣なコメントで話題になっています。松本人志は、漫才に対して高い基準を持っており、面白くないと思ったら容赦なく批判します。しかし、それは、漫才のレベルを上げるための愛情表現でもあります。松本人志は、審査員としての権威や影響力が高いです。
  • 菅田将暉:菅田将暉は、俳優や歌手として活躍している芸能人です。菅田将暉は、お笑いにも興味があり、自身も漫才を披露したことがあります。菅田将暉は、若くてイケメンで人気があり、視聴者の目を引くことができます。また、菅田将暉は、漫才に対して素直な感想や感動を伝えることができます。

以上が、M1審査員2023年版の予想メンバーです。次に、M1審査員2023年版のおすすめメンバーを紹介します。

M1審査員2023年版のおすすめメンバーは?

M1審査員2023年版のおすすめメンバーは、予想メンバーとは異なり、個人的な意見や希望に基づいて選んだ人たちです。

M1審査員になってほしいと思う理由や期待することを述べます。

芸人界の重鎮や名物キャラクターがいい?

  • 明石家さんま:明石家さんまは、日本を代表するトップ芸人です。明石家さんまは、漫才やトークの神様と呼ばれており、多くの芸人に影響を与えています。明石家さんまは、過去に何度も審査員を務めており、その都度その都度その都度その都度その都度その都度その都度その都度
  • 気さくで優しい評価やアドバイスで芸人たちを励ましてくれました。明石家さんまは、漫才に対して深い愛情や理解を持っており、芸人たちの成長を応援してくれます。明石家さんまは、審査員としての経験や知識が豊富で、信頼できるです。
  • ビートたけし:ビートたけしは、お笑い界の巨匠として知られる芸人です。ビートたけしは、漫才やコントだけでなく、映画や小説など多方面で活躍しています。ビートたけしは、過去に一度だけ審査員を務めましたが、そのときのコメントや評価が衝撃的でした。ビートたけしは、漫才に対して厳しい目を持っており、面白くないと思ったら容赦なく批判します。しかし、それは、漫才の本質や芸術性を追求するための姿勢でもあります。ビートたけしは、審査員としての権威や影響力が高いです。

若手や女性芸人が増えるべき?

  • EXIT:EXITは、2020年にM1で準優勝した若手芸人です。EXITは、漫才だけでなく、ダンスや歌など多彩な才能を持っています。EXITは、若者から絶大な支持を受けており、今後の活躍が期待されています。EXITは、若手芸人の代表として、新しい世代の感性や価値観を反映させることができます。
  • ニッチェ:ニッチェは、女性コンビとして活躍する芸人です。ニッチェは、漫才だけでなく、コントやバラエティでも活躍しており、幅広いジャンルに対応できます。ニッチェは、女性芸人の中でもトップクラスの実力と人気を持っており、女性視聴者からの支持も高いです。ニッチェは、女性芸人の代表として、女性目線や感性を生かすことができます。

以上が、M1審査員2023年版のおすすめメンバーです。

▶M1審査員2023年|おすすめの芸人や有名人は?過去の審査員は?