錦織圭 テニス

錦織圭の出場しているATPワールドツアー!

3月に開催されるマイアミオープンは別名で春の祭典と呼ばれています。

ATPテニスワールドツアーでグランドスラムの次に大きな大会がマスターズ1000で9大会あります。

1000というのは優勝すると1000ポイントが入る大会。

錦織圭が2015年に優勝したメンフィス大会は250です。

錦織圭の春の祭典はパリバマイアミオープン!マスターズ1000

マスターズ1000の大会にはランキング上位者は強制的に全員参加しますので顔ぶれは、グランドスラムとほとんど変わりません。

予選を勝ち抜いた選手と合わせて128人が本戦に参加。

ランキング上位はシードされて1回戦は免除されます。

パリバオープン1000

マイアミオープン1000

2011年からの4年の36回の大会で優勝したのは下記の7選手だけ

ジョコビッチ 15回

ナダル 9回

フェデラー 6回

マレー 3回

ワウリンカ 1回

フェレール 1回

ツォンガ 1回

錦織圭のアメリカで大陸での3大会

この間にデビスカップへの出場が決まると

体力的にかなり、ハードです。

デビスカップ後にパリバオープン→マイアミオープンと連戦だ。

マスターズ1000なので疲れていようが、世界ランキング上位選手は

強制的に出場しないといけない

ATPテニスツアーのルールがある。

錦織圭の春の祭典は128人が1回戦から熱戦を繰り広げる

錦織圭

2015パリバオープン錦織圭のライバル、参加者の直前の大会でどのような成績を収めたかで判断してみる。

錦織圭の最大のライバルの流れは下記の図のように各地で対戦してから、パリバオープン、マイアミオープンへ集結する

BNPパリバオープン1000の終了と同時にマイアミオープン1000が開催される。

錦織圭

BNPパリバオープン1000への前哨戦で世界ランキング上位が参加する大会をチェック!

錦織圭の春の祭典はどんな大会なの?

アメリカの西海岸・カリフォルニア州インディアンウェルズで3月11〜22に開催される BNPパリバ・オープン1000と続いてアメリカのフロリダ州マイアミのキー・ビスケインで3月24〜4月5に開催されるマイアミ・オープン1000の2つのマスターズの大会を合わせて「春の祭典」と呼ばれている

マイアミ・オープン2つのマスターズ大会は春の祭典と呼ばれてテニス界における重要な2つの大会として位置づけされています。

賞金総額でも、BNPパリバ・オープン1000はマスターズ9大会の中でも最も高額な賞金です。

秋にもフランスのパリでBNPパリバ・マスターズ1000があるので、間違えそうです。

2014年の錦織圭の春の祭典の成績

2014 BNPパリバ・オープン1000

2回戦 ヒラルド 71位(コロンビア)6-1 6-3

3回戦 ハース 12位 (ドイツ)6-7 2-6

 

2014 マイアミ・オープン1000

2回戦 マセトビッチ 72位(オーストリア)6-4 6-1

3回戦 ディミトロフ 16位(ブルガリア)7-6 7-5

4回戦 フェレール 4位(スペイン)7-6 2-6 7-6

準々決勝 フェデラー 5位 (スイス)3-6 7-5 6-4

準決勝 ジョコビッチ 2位(セルビア)棄権負け

2014年もハードな大会が続きましたがBNPパリバ・オープン1000とマイアミ・オープン1000の優勝は、どちらもジョコビッチです。

錦織圭は連戦で、故障したのでしょう

ジョコビッチとのマイアミオープン準々決勝は棄権しています。

2015年の春の祭典はストレート勝ちを増やして体力温存が必須です。

春の祭典のマスターズ1000で錦織圭はどちらかで、優勝を勝ち取りたいですね。

錦織圭のマスターズ1000での優勝はまだありません。

 

マスターズ1000 9大会の優勝者 ※クリックで拡大

錦織圭

 

ジョコビッチが圧倒的に優勝していてナダルも2013年までは優勝が多かったマスターズ1000の大会で優勝するのは、とてもむずかしい。

だから優勝者には1000ポイントが与えられる。

そして世界ランキング上位はマスターズ1000にはモンテカルロ大会以外には必ず、出場しないといけない。

3月は錦織圭にとっては大事な試合が続きます

2月23〜3月1

メキシコオープン500(正式名:アビエルト・メキシコ・テルセル)

 

3月6〜8

デビスカップ 1回戦(団体戦)参加未定

 

3月11〜22

BNPパリバ・オープン1000(正式名:インディアンウェルズ・マスターズ)

 

3月24〜4月5

マイアミ・オープン1000(別名:ソニー・オープン)

デビスカップの1回戦は日本はカナダと対戦します。

デビスカップは国別の団体戦です。

2014年の優勝はスイス。準優勝はフランス日本はベスト8でチェコに0-5で敗戦しました。

錦織圭がデビスカップに出場するかは未定です。

デビスカップの出場者は2月下旬ごろ、発表されます。

デビスカップへ錦織圭が出場すると3月は毎週のように大事な大会が続きます。