白上フブキ 中の人

バーチャルYouTuberとして絶大な人気を誇る白上フブキさん。

しかし、そんな彼女が過去に炎上していたことをご存知ですか?

特に、仮面ライダーへの声の起用や、パチンコ業界で使われる「三店方式」という言葉が炎上と関連しているようですが…?

一体何が起きたのか、気になる人も多いはず。

今回の記事では、白上フブキさんの炎上理由について、分かりやすくまとめました。

当時の状況やファンの反応を知りたい方は、ぜひ読み進めてみてください。




白上フブキの炎上理由まとめ

人気VTuberとして活躍する白上フブキさんですが、過去に何度か炎上騒動がありましたね。

今回は、その炎上理由についていくつか詳しく見ていきましょう。

まず、2019年12月頃に起こった配信での発言が炎上し、批判が殺到しました。

当時の状況や発言内容を振り返りつつ、なぜ問題視されたのかを解説します。

また、2020年9月には、とある企業とのコラボ企画が炎上騒動に発展しました。

企業側との認識の違いや、ファンの反応など、この件についても詳しく見ていきましょう。

これらの炎上騒動を通して、人気VTuberであるがゆえに、発言や行動に大きな責任が伴うことを改めて認識させられましたね。

炎上理由①:仮面ライダーの声優起用でのトラブル

カバー株式会社所属のVTuber白上フブキさんは、過去に『仮面ライダーギーツ』の怪人役として出演オファーがあったものの、それを断っていたことが一部で炎上騒動に発展しました。

配信内で「自分が演じることで、作品のイメージを壊してしまうのではないか」とファンに配慮し、出演を辞退したと説明しました。

しかし、一部の視聴者からは「プロ意識が足りない」「作品よりも自分を優先している」といった批判の声が上がり、炎上へと繋がりました。




炎上理由②:三店方式でのスパチャ誘導問題

VTuber白上フブキさんは、2023年2月に行ったポケモンカード開封配信で炎上しました。

その理由の一つに、三店方式でのスパチャ誘導問題が挙げられます。

通常、スパチャ(Super Chat)は視聴者が配信者へ直接送金できるYouTubeの機能ですが、白上さんはカードショップと視聴者を繋ぐ形での収益化を試みました。

具体的には、視聴者からスパチャで資金を集め、そのお金でカードショップからカードを購入、開封配信を行うという流れです。

しかし、これは金銭の授受が発生する以上、古物営業法に抵触する可能性が指摘されました。

結果として、視聴者からは「法律違反なのでは?」と疑問の声が上がり、炎上騒動へと発展したのです。

炎上理由③:ゲーム配信のラスボス戦収益化での炎上

白上フブキさんは、大人気VTuberグループ「ホロライブ」所属で、登録者数200万人を超えるトップクラスの人気を誇ります。

そんな彼女が2023年2月、ゲーム配信のラスボス戦を収益化する企画を行い、炎上しました。

これは配信限定のコンテンツではなく、アーカイブ化し収益化する予定だったため、視聴者からは「お金儲けに走っている」と批判が殺到。

さらに、普段から熱心に応援しているファンからは、ラスボス戦という特別な瞬間を共有できないことへの失望の声も上がりました。

この騒動は、ファンの応援と収益化のバランスの難しさを改めて浮き彫りにしました。

炎上理由④:動画配信における赤十字マークの無断使用

バーチャルYouTuber白上フブキさんが、過去に配信した動画内で赤十字マークを無断で使用していたことが発覚し、炎上しました。

赤十字マークは、国際的に人道支援活動を行う赤十字国際委員会が定める「ジュネーブ条約」で、許可なく使用することが禁じられています。

これは、紛争地域などで赤十字マークが悪用されることを防ぎ、人道支援活動の安全を確保するためです。

白上さんは、問題となった動画を削除し、謝罪しました。

しかし、赤十字マークの持つ重大性を理解していなかったという批判は避けられませんでした。

炎上理由⑤:常闇トワの火消しでのとばっちり

常闇トワさんは、配信での発言が原因で炎上し、その後謝罪と活動休止に追い込まれました。

問題となったのは、火消しに関する発言です。

配信中に「火消しの人って、普段から燃えてるところ見てそう」と発言し、これが「職業差別」や「偏見を助長する」と批判を集めました。

彼女のキャラクターや発言の軽率さが問題視され、大きな炎上へと発展しました。

炎上理由⑥:中国での根拠のないツイートによる勘違い

白上フブキさんが炎上した理由の一つに、中国での誤解に基づくツイートが挙げられます。

彼女は過去に「日本語が上手ですね」とリスナーに発言しましたが、一部の中国系リスナーからは「中国語を話せる前提の発言だ」と誤解され、炎上騒動に発展しました。

しかし、この発言は特定の国籍をターゲットにしたものではなく、単なるコミュニケーションの一環であったとされています。

言葉の文化や背景を理解しないまま誤解が広まってしまった結果、炎上につながってしまったと言えるでしょう。

白上フブキの問題行動と発言

大人気VTuberである白上フブキですが、過去に何度か問題行動や発言によって炎上騒動が起きているのはご存知ですか? 例えば、2019年には、配信中に特定のゲームの視聴者層を揶揄するような発言をしてしまい、批判が殺到。

謝罪に追い込まれました。

また、2020年には、Twitterでの不用意な発言が原因で、再び炎上騒動に発展しました。

影響力の大きい彼女だからこそ、言葉には注意が必要ですね。

ASUS×ホロライブ公式コラボ配信の中止

ASUS JAPANは2023年2月14日、VTuber事務所ホロライブ所属の白上フブキさんを起用したコラボ配信企画を中止すると発表しました。

配信内容に関する批判を受け、関係者間で協議を重ねた結果、コラボ配信を中止することが適切だと判断したとのことです。

当初は、ASUSのゲーミングPCブランド「ROG」シリーズと白上さんのコラボ配信が予定されていましたが、配信内容の一部に不適切な表現が含まれていたとの指摘を受けました。

この指摘を受け、ASUS JAPANは謝罪文を掲載するとともに、再発防止に努める姿勢を示しました。

アニメクレジットから名前が消えた理由

VTuber事務所「ホロライブプロダクション」所属の白上フブキさんは、一度はテレビアニメのエンドロールから名前が消えたことがありました。

それは、2020年10月から放送されたアニメ「アサルトリリィ BOUQUET」での出来事です。

白上さんは、第3話に出演したにも関わらず、当初エンドロールに名前が記載されていませんでした。

この件に関して、制作会社は「収録の都合上、クレジットの掲載が間に合わなかった」と説明し、その後、Blu-ray版で修正されました。




白上フブキのプロフィールと背景

カバー株式会社所属のVTuber、白上フブキ。

清楚な見た目と清楚とかけ離れた言動のギャップが魅力の彼女ですが、過去には炎上騒ぎも経験しています。

今回は、そんな白上フブキの知られざるプロフィールや背景について詳しく解説していきます。

一体どんな炎上だったのか、真相を知りたい方はぜひご覧ください。

白上フブキとは誰か?

白上フブキさんは、YouTubeで活動するバーチャルYouTuber(VTuber)です。

愛称は「フブちゃん」。

狐の耳としっぽがチャームポイントで、ゲーム実況を中心に、歌や雑談など幅広く活動しています。

2018年6月の活動開始以降、その可愛らしい声と親しみやすいキャラクターで人気を集め、2023年2月現在ではYouTubeチャンネル登録者数が200万人を超える人気VTuberの一人です。

過去には、配信中の発言が炎上する騒動もありましたが、真摯な対応で人気を回復させています。

白上フブキの性格や評判について

白上フブキさんは、清楚なキャラクターで人気を集める一方で、その言動が原因で炎上してしまうこともあります。

特に、2019年12月の発言は、特定の国に対する差別と受け取られ、大きな批判を浴びました。

しかし、白上さん自身は差別的な意図はなかったと謝罪し、その後は問題を起こすことなく活動しています。

炎上を乗り越え、持ち前の明るさでファンを楽しませる姿は、多くの人に好感を与えています。

白上フブキの炎上理由は_仮面ライダーの声起用や三店方式とは?まとめ

人気VTuberとして活躍する白上フブキさんですが、過去に何度か炎上騒動があったのはご存知ですか?

特に話題となったのは、スマホゲーム『仮面ライダー シティウォーズ』への声の出演決定に関する炎上です。

一部の熱狂的なファンによる誹謗中傷に発展し、対応に追われる事態となりました。

また、VTuber事務所「ホロライブ」所属タレントに禁止されているとされる「三店方式」の配信を行ったのではないかという疑惑も浮上。

後に誤解であると説明があったものの、憶測を呼ぶ結果となってしまいました。

しかし、これらの出来事を乗り越え、持ち前の明るさと真面目さで人気を取り戻した白上フブキさん。

今後の更なる活躍に期待が高まりますね!

加賀美ハヤトの中の人は誰?前世タラチオの顔バレと年齢公開