星風まどか 可愛い

星風まどかが可愛いいの?魅力ある特徴で人気!

宝塚歌劇団の現在の娘役で可愛いのは花組の星風まどかさんです。

歌よし、ダンスよし、ビジュアルよしの三拍子揃った可愛すぎる娘役さんであり、演技にも余裕と深みが出てきてただいま無双状態ではないかと思っています。

女性らしさと可愛らしさ娘役の全てを持っていると思う魅力的な女役さんです。

宝塚歌劇団の娘役で可愛いのは誰?女役でかわいいランキングは?




星風まどかは可愛いの?魅力がたくさん

この投稿をInstagramで見る

 

@0305reiがシェアした投稿


星風まどかさんは、魅力がたくさん詰まった生徒さんだと思います。

音楽学校時代からの抜擢や組回り、トップ娘役さんであろうとのうわさも早くからありました。

卒業当初は、ヴァンパイア・サクセションのような、主人公の妹的な存在を務めることが多く少女的な演出が多かったので、経験を重ねながら、アナスタシアのアナスタシアからオーシャンズ11テスまでをこなせるような生徒さんとなりました。

アナスタシアでは星風まどかさんらしいかわいらしさが出ていますが、テスはそれまでのイメージを良い意味でぶち壊すような、大人っぽいメイクで、公演前から話題をさらうことに。

公演が始まってからも、今までにない大人っぽさやエキセントリックさを出して、観衆を魅了しました。

近頃では巡礼の年~リスト・フェレンツ、魂の彷徨でマリー・ダグー伯爵夫人を演じています。

リストに憧れたり、恋する夫人が多い中で、リストへの批判を書く夫人を見事に演じています。

少女から大人の女までを演じ割れられるようになったことは最大限の星風まどかさんの魅力だと感じます。

宝塚らしい奇麗さがあるというわけではありませんが、愛らしさがあります。

舞台に立つと誰よりも男役さんを立て寄り添う姿はまさに宝塚そのものだと思います。

また、ダンスも歌もうまいことは重要な魅力だと思います。

星風まどかが可愛い!特徴は?ふわふわ娘役


宝塚歌劇団のトップ娘役の中でも花組の娘役はとても由緒ある伝統のポジションです。

花、月、雪、星、宙の中でも古くから一番メインポジションとなる花組。

その由緒ある花組のトップ娘役に抜擢された星風まどかは、ほわっとした雰囲気の可愛らしい娘役さんです。

星風まどかの特徴は小顔の童顔なかわいらしさではないでしょうか?

男役さんと並んでも元々持っている童顔の可愛らしさとほわっとした雰囲気は、多くのファンを魅了しています。

またどんな役でもなりきれるオーラをもっており、ほわっとした雰囲気から想像できない位、実はとても美脚なのです。

小顔で足がすらっと細くスタイル抜群のよさにセクシーさも兼ね備えており、ギャップに驚く方も多くいると思います。

また元々の童顔が宝塚メイクに合いメイク後の華やかさは驚くほど美しい娘役さんです。

手足が長く、小顔で童顔!宝塚でスターになるべくして生まれたかの様に容姿端麗に恵まれています。

歌、ダンス、お芝居も全てが完璧!さすが花組の娘役さんです。

歴代の花組娘役さんを見てもかわいらしい娘役さんが多いように思います。

星風まどかさんはそんな伝統ある歴代の花組娘役にとてもふさわしいのではないでしょうか?

ふわっとしたかわいらしさを持った星風まどかさんはTHE花組トップ娘役といえると思います。




星風まどかの人気は?入団時から注目を集めた可愛さ

この投稿をInstagramで見る

 

@yuning2222.tkrzkがシェアした投稿


100期生として宝塚歌劇に入団した星風まどかは、ビジュアルの可愛さとキュートな声で、入団時から注目を集めました。

入団時の成績は3番で、特に歌の上手な娘役として期待されます。

配属された宙組では、大作『王家に捧ぐ歌』新人公演におけるヒロインのアイーダ役など、早い時期から大役に抜擢されました。

星風まどかは、その期待に応えるように、大舞台で存分に力を発揮することで、ファンを獲得してきました。

男性スターの桜木みなとのバウホール主演作では、2作品とも星風まどかがヒロインを務めました。

この頃から、天性のヒロインぶりを感じさせる演技力をみせ、認知度や人気は高まる一方でした。

星風まどかは、真風涼帆の宙組トップスター就任にあわせて、娘役トップスターになります。

生え抜きトップがなかなか誕生しないと言われ続けてきた宙組で初めて誕生した生え抜きの娘役トップとしても、高い注目と期待を集めます。

トップ娘役に就任後には、宙組誕生20周年のイベントもあり、得意の歌とダンスで「シトラスの風」をはじめとする宙組にゆかりのある名曲を披露しました。

大劇場公演では、漫画原作の『天は赤い河のほとり』、映画原作の『オーシャンズ11』など幅広い作品でヒロインを務めます。

タイトルロールでもある『アナスタシア』を見事に演じた後は、一時的に専科に異動。

その後、花組に異動して、現在は柚香光の相手役として活躍しています。

花組100周年記念のレビューでは、美しい歌声と華やかな立ち姿で、花組カラーに染まって新たな魅力を纏っていました。

柚香光とのコンビは、まだ短期間ながらも昔から寄り添ってきたかのような親密さとオーラをの感じさせるもので、人気はまだまだ続きそうです。

星風まどかが可愛いいの?魅力ある特徴で人気!まとめ

この投稿をInstagramで見る

 

TOCCA(@tocca_japan)がシェアした投稿


宝塚歌劇団の花組100期の星風まどかさんは芝居・ダンス・歌どれも満遍なく上手いところはもちろんですが、単純にトップ娘役らしい可愛い顔が好きです。

星風まどかさんはtoccaのモデルやGRACE CONTINENTAL(グレースコンチネンタル)のモデルももされていましたし、バッグの監修もしていました。

ブランドイメージにも合っていて素敵でした。

素顔(薄化粧)になっても微妙…ということがなく、本当に可愛いと思います。

星風まどかさんは可愛くて魅力!人気もありますが退団の時期も近いのではとお伝えしてきました。

可愛い星風まどかさんの歌劇をもっと観たいのは私だけでしょうか?

星風まどかの退団と最後の演目を大胆予想!