月城かなと 退団 理由

こんにちは、宝塚歌劇団ファンの皆さん。

今回は、月組トップスター・月城かなとさんについてご紹介します。

月城かなとさんは、2024年7月7日に東京宝塚劇場での公演をもって宝塚歌劇団を退団することが発表されました。

彼女は、2021年8月にトップスターに就任し、わずか3年での退団となります。

その間に、多くの名作を演じてきました。

この記事では、月城かなとさんの退団がどのような理由で決まったのか、彼女がトップスターとしてどのような活躍をしたのか、そして退団後にどのような活動をするのかについて、徹底解析します。

月城かなとさんの魅力に迫りますので、ぜひ最後までお読みください。




月城かなと退団いつ?理由は?

まずは、月城かなとさんが退団を決意した理由について見ていきましょう。

月城かなとさんは、2023年9月26日に大阪市内で行われた退団会見で、次のように語っています。

「トップスターに就任というお話をいただいた時、歴代の月組トップスターのお名前をあらためて拝見し、自分だけのことではなく、月組の伝統を引き継ぐ役割をいただいたのだと感じました。

そのうえで、どのタイミングで次代に繋ぐのがベストかと考え、大劇場公演5作での退団を決意しました。

早い段階で自分のゴールを決めたことで、頼もしいメンバーがそろっている今の月組のメンバーが経験を積んで成長し、最高の状態で次に繋げられるように、前向きに進むことができたと思います。

そして、宝塚歌劇110周年という節目の年に月組が新しく、さらに愛される組に進化すると信じています。」

この発言から分かるように、月城かなとさんは自分自身のキャリアや目標だけでなく、月組全体や後輩たちのことも考えて退団を決めたことがわかります。

彼女はトップスターとして責任感や使命感を持ち、月組をより良くしていくことを目指してきました。

また、彼女はトップ就任時から5作で退団することを決めていたそうです。

これは珍しいことではありません。実際に過去にも5作で退団したトップスターは何人もいます。

例えば、

  • 花組:真琴つばさ(2016年~2019年)
  • 雪組:望海風斗(2018年~2021年)
  • 星組:紅ゆずる(2019年~2022年)

などが挙げられます。

これらのトップスターも、自分の役割を果たしたと感じた時期に退団を決めたのでしょう。

月城かなとさんは、トップスターとしての自分の役割を5作で終えることにしたのです。

それは彼女なりの決断であり、尊重すべきことだと思います。

月城かなと退団いつ?トップスターとしての軌跡は?

次に、月城かなとさんがトップスターとしてどのような軌跡を残したのかについて見ていきましょう。

月城かなとさんは、2021年8月にトップスターに就任しました。

そのお披露目公演は、ミュージカル・ロマン『今夜、ロマンス劇場で』でした。

この作品は、映画監督の牧野健司(月城)と女優の桜井美咲(海乃)が繰り広げる恋愛物語です。

月城さんは、クールでプライドが高い牧野健司を演じました。

彼女は、牧野健司の内面に秘められた情熱や優しさを見事に表現しました。

また、歌唱力も抜群で、美しい歌声で観客を魅了しました。

その後、2022年1月にはミュージカル・ロマン『Rain on Neptune』に出演しました。

この作品は、惑星ネプチューンにあるシャトー・ド・カロー♦(月城)が主催するパーティーを舞台にした物語です。

月城さんは、シャトー・ド・カロー♦という謎めいたキャラクターを演じました。

彼女は、シャトー・ド・カロー♦の正体や目的を隠しながらも、魅力的で洗練された雰囲気を醸し出しました。

また、ダンスも華麗で、観客を圧倒しました。

2022年7月~8月にはミュージカル・ロマン『グレート・ギャツビー』に出演しました。

この作品は、F・スコット・フィッツジェラルドの小説を原作とした物語です。

月城さんは、主人公のジェイ・ギャツビー(月城)を演じました。

彼女は、ギャツビーの苦悩や愛を深く表現しました。

特に背中で語る演技は見事で、演出家の小池修一郎さんからも絶賛されました。

この作品はコロナ禍で中止になった公演の再演だったため、感慨深いものがありました。

2023年2月~3月にはミュージカル・ロマン『応天の門』に出演しました。

この作品は、平安時代末期から鎌倉時代初期にかけて活躍した菅原道真(月城)を描いた物語です。

月城さんは、菅原道真の生涯や思想を見事に表現しました。

彼女は、菅原道真の知性や気品だけでなく、情熱や悲哀も感じさせる演技を見せました。

また、歌唱力も抜群で、美しい

歌声で観客を魅了しました。

2023年6月にはミュージカル・ロマン『DEATH TAKES A HOLIDAY』に出演しました。

この作品は、死神が人間の姿になって恋をするという物語です。

月城さんは、死神であるニコライ・サーキ(月城)を演じました。

彼女は、死神の冷たさや孤独さだけでなく、人間の感情に触れて変化していく様子を見事に表現しました。

また、ダンスも優雅で、観客を魅了しました。

2023年8月~9月にはミュージカル・ロマン『フリューゲル -君がくれた翼-』に出演しました。

この作品は、空飛ぶ自転車を作る夢を追うヨナス・ハインリッヒ(月城)とその仲間たちの物語です。

月城さんは、ヨナス・ハインリッヒという明るく元気なキャラクターを演じました。

彼女は、ヨナス・ハインリッヒの夢や友情を熱く表現しました。

また、歌唱力も抜群で、楽しく爽やかな歌声で観客を魅了しました。

これらの作品は、月城かなとさんがトップスターとして演じたものですが、それ以外にも彼女は多くの作品に出演してきました。

彼女は、どんな役でも自分のものにして見せる実力派の女優です。

彼女の演技は、観客や批評家からも高い評価を得ています。




月城かなと退団いつ?退団後の展望は?

最後に、月城かなとさんが退団後にどのような活動をするのかについて見ていきましょう。

月城かなとさんは、退団会見で次のように語っています。

「退団後はまだ何も決まっていませんが、芸能界で活動することは考えています。

宝塚歌劇団で培った経験や技術を生かして、さまざまなジャンルに挑戦したいと思っています。

特に舞台や映画に興味があります。

また、歌やダンスも続けたいです。宝塚歌劇団で学んだことを忘れずに、自分らしく頑張りたいです」

この発言から分かるように、月城かなとさんは退団後も芸能界で活躍することを目指しています。

彼女は宝塚歌劇団で多くのことを学びましたが、それだけでは満足せず、さらなる成長を求めています。

実際に過去にも宝塚歌劇団を退団したトップスターは、芸能界で活躍することが多いです。

例えば、

  • 花組:真琴つばさ(舞台や映画に出演)
  • 雪組:望海風斗(舞台やドラマに出演)
  • 星組:紅ゆずる(舞台やドラマに出演)

などが挙げられます。

これらのトップスターも、宝塚歌劇団で培った経験や技術を生かして、芸能界で活躍しています。

月城かなとさんも、退団後は舞台や映画などに出演することが予想されます。

彼女は、宝塚歌劇団で様々な役を演じてきたため、幅広い役柄に対応できると思われます。

また、彼女は歌唱力やダンス力も高く、音楽関係の仕事にも向いていると思われます。

月城かなとさんは、退団後も自分の夢や目標を追い続けることでしょう。彼女の活躍に期待しましょう。

月城かなと退団いつ?宝塚歌劇団トップスターの軌跡と今後は?まとめ

今回は、月城かなとさんについてご紹介しました。月城かなとさんは、

  • 2024年7月7日に東京宝塚劇場での公演をもって宝塚歌劇団を退団することが発表された
  • 退団の理由は、自分の役割を果たしたと感じたからであり、月組全体や後輩たちのことも考えたからだった
  • トップスターとして多くの名作を演じてきた
  • 退団後は芸能界で活動することを考えており、舞台や映画などに出演することが予想される

ということが分かりました。月城かなとさんは、宝塚歌劇団で多くのことを学びましたが、それだけでは満足せず、さらなる成長を求めています。

彼女は退団後も自分の夢や目標を追い続けることでしょう。

月城かなとの評判は?